あっとすしでほっとして

二百十日と二百二十日はどんな行事?風の神様を祀るのは何故?

   


二百十日(にひゃくとおか)と、二百二十日に(ひゃくはつか)と呼ばれる年中行事が、それぞれ9月にあって、風に関係するお祭りや行事が行われています。二百十日や二百二十日とはどんな行事で、いつ・なぜ行い、風とどんな関係があるのか紹介しますね。
 

スポンサードリンク

二百十日と二百二十日はどんな年中行事なの?

9月にある「二百十日」と「二百二十日」はどんな年中行事なのか、またこれらの行事にはどんな違いがあるのでしょうか?
 

二百十日と二百二十日とはどんな行事?

それぞれ、「立春から210日目/220日目」のことです。毎年この時期になると、大雨と大風が吹いて稲に被害が出ていたので、この日を厄日と見ていたのです。
 
もう一つ、年中行事ではありますが、農家の人達の生活から発生した季節の目安でした。つまり「二百十日と二百二十日は雑節」となります。
 

二百十日と二百二十日との違いは?

似た呼び名の「二百十日と二百二十日は同じ習慣」で、どちらも天候による被害の出易い時期の厄日なのです。
 
因みに、旧暦の立春は毎年変わります。だから、現在のように210日目/220日目を〇月〇日と表す事は出来ません。現在は立春が2月4日頃、二百十日が9月1日頃、二百二十日が9月10日頃です。
 
 

スポンサードリンク

二百十日と二百二十日と台風の関係は?

この二百十日と二百二十日が訪れる9月頃と言えば、最も台風が日本に来る時期ですよね。自然災害とはこの台風のことです。
 

風害と厄日!

毎年「二百十日や二百二十日に台風が来る日」と言われるようになりました。実際、9月は最も台風が到来する月ですよね。
 
ところが、9月には稲に花が咲き、穂を出す時期です。そんな時期に暴風雨が来れば、稲が被害を受けるのは目に見えています。だから、農家の厄日と言われてきたのです。
 
 

二百十日と風の関係は?

そんな農家の厄日の「二百十日・二百二十日」には、二つの事が行われていました。一つはこの日には田に出ない事、もう一つが風を祀る祭りを行うことです。
 

二百十日と風祭りとは?

台風の被害を最小、または無くすために、、神社の神様や風を支配する神様に祈願する様になりました。それが、この時期に農家が行う「風祭り」や「風祈祷」などで、各家でこれらの行事を行ったり、村で祭りを行ったりしていたのです。
 

どんなお祭りがあるの?

例えば、9月にに富山県の「おわらの風の盆」、少し時期がズレますが、8月下旬に神奈川県で「風祭り正月」、9月頃には全国各地で様々な「風祭り」が行われています。
 
 

最後に一言

二百十日と二百二十日という言葉は、現代ではあまり使われなくなりました。でも、日本各地で行われている風祭りは、この行事の名残りと考えられているんです。それでは、9月頃に行われる風を祀るお祭りを見たら、二百十日なんだなと思い出してくださいね。
 
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 秋の行事