あっとすしでほっとして

暑中見舞いのはがきを出す時期と暑中の期間はいつ?

   


暑中見舞いとは、夏の暑い時期にお互いの安否を気遣う習慣ですが、一般的にはいつ頃からハガキを書き、投函しているのでしょうか?また、暑い日はいくらでもありますが、暑中とはいつの事なのでしょうか?そんな、暑中見舞いの時期と暑中を説明します。
 

スポンサードリンク

暑中見舞いのはがきを出す時期は?

葉書に書くのは、暑中見舞いは「立秋まで」で、その後は残暑見舞いです。これは一般的に広く知られている通りですが、暑中見舞いはいつ頃から書き始めて、いつまでに投函しないといけないでしょうか?
 

暑中見舞いを書く時期と出す時期は?

立秋は8月7~8日(年により変動)なので、それまでに着くように投函します。最も多いのが、7月20日頃に葉書を書き、数日以内に投函。遅くても8月の始めに、相手に着くようにします。
 

暑中見舞いの時期とは?

相手に送るのは8月8日頃までというのは分かりましたが、ここで気になるのが、早い時期はいつ頃から出して良いか?という事ではないでしょうか?実は、暑中見舞いの期間には、はっきりとした決まりがありません。

・小暑(7月7日頃)~立秋(8月8日頃)の約30日間

・夏の土用(7月20日)~立秋(8月8日頃)の約18日間

・梅雨明け(7月20前後)~立秋(8月8日頃)

暑中見舞いの時期は、7月下旬頃~8月1週目までと考えるとと分かり易いでしょう。
 
 

暑中の時期とはいつのこと?

暑中を見舞うから、暑中見舞いと言います。それでは、この「暑中」とはどんな意味なのでしょうか?これは「二十四節気」という、旧暦の太陽太陰暦に関わってきます。
 

暑中とはどんな意味?

二十四節気とは、1年を24分割、時期を15日づつに別けます。「立春」から始まり、11番目が「小暑」、12番目が「大暑」、13番目が「立秋」となります。この「小暑と大暑の期間」を「暑中」といいます。
 
つまり、暑中とは「小暑・7月7日頃~7月22日頃」と「大暑・7月23日頃~8月7日頃」の、約1ヶ月間を指します。
 

夏の土用と梅雨明けと立秋とは?

「夏の土用」は、雑節という暦(カレンダー)に含まれない、日本人の生活から生まれた季節の目安の事です。毎年7月20日頃を指します。正に暑中見舞いの時期と重なっています。
 
「梅雨明け」は、気象庁が定める梅雨時期が終わる事なので、毎年決まった日がありませんが、関東では毎年7月23日前後となります。梅雨が明ければ気温が上がるので、暑中見舞いの良い目安になります。
 
「立秋」は、二十四節気の13番目の季節で、8月8日頃~8月23日頃までを指します。残暑見舞いは、この時期に出します。
 
 

スポンサードリンク

暑中見舞いと残暑見舞いを同時に出したらダメ?

暑中見舞いとは、1年に1度、夏の暑い時期を見舞うお手紙です。そして、その暑中見舞いの代わりが、残暑見舞いとなります。
 
一般的には、暑中見舞いを出しそびれた人が、残暑見舞いを出すという事になっていますが、どちらも出したらダメなの?と疑問に思いませんか?
 

暑中見舞いを出たことを忘れて残暑見舞いを出したら?

こんな場合があるかもしれません。丁寧に、暑中見舞いを出したのに、出した事を忘れてしまい、残暑見舞いを出してしまった。または、残暑見舞いを出そうか出すまいか、迷うなど。

・両方葉書を出しても失礼には当たりません。問題もありません。
 
・両方とも出したい人は、出して構いません。
 
ただし、一般的には夏に1回葉書を出すのが習わしなので、2度出すと世間知らずと思われる可能性があります。もし、暑中見舞いを出した事を忘れて、残暑見舞いを出してしまっても、後々、笑い話になる程度で、大問題なんて心配は無用です。
 
 

最後に一言

Eメールや、様々なオンラインでの繋がりが増えた現在、はがきでの連絡の応答が激減しました。そう考えると、逆に葉書での挨拶とは、丁寧の度合いが高いのかもしれませんね。
  
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 未分類