あっとすしでほっとして

節分で豆まきの意味と手順 後ろに投げるなど変わった習慣

      2016/01/27

立春の節分で誰もが知っていいる習慣は、
だれが何と言おうとも”豆まき”でしょう。
 
なぜ豆をまくかは子供でも知っているとおり、鬼を払うために豆を投げます。
しかし、他に投げる物はないのか?投げる手順は?他の方法で鬼を払えないの?
 
豆まきと鬼払いについてお話します。
 

スポンサードリンク

 
 

節分で豆を投げる意味

平安時代まで、節分には特別な行事はなかったようです。
しかし、この頃から節分は”厄を払う日”と認識されていました。
 
中国ではこの日に、災厄をもたらす鬼を追って、福を求めるという習慣があり、
「*桃の弓にヨモギの矢を射て」、五穀・小豆、小石などを撒いていました。
この習慣が日本に伝わってきたといわれています。
 
一方、日本の宮中では”追儺(ついな)”という行事が大晦日に行われて、
新年を準備するという意味がありました。
この正月とは、陰暦の正月をさしているので立春ころでした。
室町時代には立春の前日、つまり節分の行事として定着していきます。
 
 
はじめは”追儺”と同じように、
”桃の弓”を持った上級貴族が宮中の下士官を鬼として追っていました。
1425年頃の書物では、遂に女官・御所侍が大豆を打ったと記載されるようになります。
 
元々、厄払いをするのには米を撒くというのが日本の風習ですが、
室町時代に中国から来た豆を撒くという風習が取り入れられたと考えられています。
 
 
つまり、米・麦・かちぐり・炭なども使用されていましたが、
豆撒き(まめまき)に移り変り、
日本の大晦日の行事と、立春の行事が混同されて、
現在の豆まきという、立春の節分の習慣が定着したという訳です。
 
※桃の弓・・・桃や桃の種は鬼を払うといわれる縁起物でした。
 
 
豆撒き(まめまき)には、
・穀物は特に成長の早い豆は生命力と、
 魔除けの効力があるという古来からの信仰があります。
 
・語呂合わせで”魔目 = 豆(まめ)”を鬼の目に投げて鬼を払祓う、
 という語呂合わせからきているとか。
 
二つの理由がありますが、米や麦から豆へ投げる物が移っていきました。
 
※次は豆まきをする手順です。
 
 
 
 

スポンサードリンク

豆まきの手順について

各家庭で、豆をまく手順が決まっているかもしれません。
しかも地方によって決まり事も違うので、正式な手順という決まりはないでしょう。
 
 
そこで、参考手順の紹介です。
 
鬼の役は無し。家の中に入ろうとする鬼を追い出すイメージで行います。
 
※1粒2粒床に撒くなんてことをしても鬼は逃げないかも知れません。
 思い切って数10粒を投げつける感じで盛大に撒きます。
 これで鬼が退散するだろうというイメージ行います。
 
福は内のときは2~3粒投げます。掃除が大変なので。
 
 
1、玄関から一番遠い部屋から順番に、
  「鬼は外」と豆を外に投げます。
  「福は内」と部屋にパラパラッと撒いたら窓を閉めます。
  そして部屋の戸を閉め、次の場所へ移動。
 
2、この手順で回ると、1部屋づつ清められます。
  途中、清めた部屋の扉や窓を開けたら清めなおしです。
   
3、2Fがある家は、奥の部屋から順に行い、1Fの玄関に誘導します。
 
4、最後にトイレやお風呂の窓から追い出したあと、
  鬼を玄関に追い詰めたイメージで、玄関を開けて外に豆を撒いて追い出します。
 
5、これを、旧暦大晦日、立春の前日の夜に行います。
 
 
どうでしょうか?
家を掃除するような要領で、順番に部屋から部屋を清めていく方法は?
 
※次は、後ろ向きに豆を投げたり、変わった方法でお祓いをする紹介です。
 
 
 
 

節分の豆を後ろに投げる、相撲でお祓い

今の豆まきは、福を内に撒いて自分の年齢+1食べると体が丈夫になるといわれています。
 
この撒き方で、変わったやり方があります。
昔の撒き方は、自分の後ろに向かって撒いていたと言われています。
 
詳しい伝記は残っていませんが、
鬼を追って豆をまくのが現代の豆まきです。
恐らく昔はついてくる鬼を追い払うために、後ろに投げたのではないかと思います。
 
 
今度は、豆を投げないお祓いです。
古くから続く神社、特に平安・室町時代頃の風習を重視しているところは、
古くから伝わる作法を重視しています。
 
その方法の一つが、力士がシコを踏む事です。
神様がいて → 神様が宿る神社があって → 神主様がいます。
 
元々、相撲取りがしこ(醜・しこ・四股)を踏むということは神事の一つで、
しこを踏む行為がお祓いでした。
 
つまり、神主様が神社にいる神様にお願いするのと同様に、
神主様が力士にお願いをしてお祓いをしていたので、
”力士 = 神社”ということになります。
 
 
神社で節分のお祓いを行っているところがあります。
そこでは豆まきをする所があって盛り上がりますが、
お祓いやご利益という意味では、力士のしこの方が効果的かもしれません。
 
 
実際、相撲取りが来てしこを踏むという神社もあるんですよ。
 
  
  
  

最後に、豆まきについて

撒くものは豆だけでなく、米でも麦でも良いということです。
また個人を払ういう意味なら、相撲取りのしこでもいいんですね。
 
 
でも、相撲取りが一件づつ回ってしこを踏むわけにはいきませんから、
やはり家に来る鬼を、お飾りと豆まきで払って家を清めるのが一番良さそうです。 
  
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 冬の行事, 季節の行事 ,