あっとすしでほっとして

初詣のときの神社と寺の作法とおみくじは結ぶ持ち帰る?

   

初詣はどこに行こうか探すと、神社とお寺が出てきますが、
この理由は神仏習合といって、江戸時代まで同一視されていたからです。
でも、今回は初詣のときの神社とお寺の違いではありません。
 
 
同じ初詣なのに、神社とお寺では参拝の仕方が変わります。
それでは、どのように参拝すれば良いのか、
神社とお寺の作法やおみくじの作法などを紹介します。
 

スポンサードリンク

 
 

初詣のときの神社の作法

神社へお参りと聞くと、「二礼二拍一礼・お賽銭・鈴を鳴らす」、
そんな程度のイメージしかない人が多いと思います。
 
それでは、敷地に入るところから作法を紹介します。
 
 
1、鳥居と参道
どこの神社でも、必ず入り口には鳥居があります。
基本的には、
軽く一礼してから鳥居をくぐりますが、これを”一揖(いちゆう)”と言います。
それと、大きな神社にはいくつか鳥居がありますが、一番外側の”一の鳥居”をくぐります。
 
次に参道の端を進んで、”二の鳥居・三の鳥居”と順にくぐっていきます。
参道の中央は神様の通り道で正中と呼ばれ、私たちは歩いてはいけないことになっています。
 
 
2、手水舎
参拝する前に、本来は身を清めてから神様に会いに行くものですが、
代わりに手水舎(てみずや)という水場が参道の横にあるので、ここで清めます。
 
この手水舎には、用意されている柄杓を使って手を清める手順になります。
 
― 先ず、右手で柄杓を持って水を汲んで、左手を清めます。
― 次に、左手に柄杓を持ちかえて、右手を清めます。
― また右手に柄杓を持ちかえて、左の手の平にためた水で口をすすぎます。
― 口をすすぎ終わったら、水をもう1度左手に流して清めます。
― 最後に、柄杓を立てて柄の部分に水を流し、元の位置に戻します。
 
注意:この時、次の人のためにも、柄杓に直接口を付けてないで下さい。
 
 
3、参拝
本殿に進んで神様に参拝します。
 
― 先ず、一揖(いちゆう)します。(浅く礼をすることです)
― 鈴があれば力強く鳴らして神様に自分が来たこと知らせる、という意味があります。
― お賽銭を入れます。このとき、投げつけるように入れずに静かに入れましょう。
  (神様にものを投げつけていることになってしまいますから)
― 二礼二拍手一礼(にれい・にはく・いちれい)を行います。
  別な呼び方を二拝二拍手一拝(にはい・にはくしゅ・いっぱい))
 
 
二礼二拍手一礼の動作は、神様に向かって
・2回深いお辞儀 (背をまっすぐに伸ばして、腰を90度折る)
・2回手を打ちます (両手を伸ばして、肩幅くらいに手を開いて拍手)
・体の前で両手を合わせて、祈ります。  
・1回深いお辞儀
 
また、より丁寧な作法として、
”一揖二礼二拍手一礼一揖”という方法もあります。
一揖(いちゆう)とは、浅いお辞儀のことで、
二礼二拍手一礼の前後に、浅いお辞儀を加えた動作ということです
 
 
※因みに、出雲大社・伊勢神宮・宇佐八幡宮では、四拍手が正式とされているので、
 
一揖(いちゆう)、
二拝(にはい)、
四拍手(しはくしゅ)、
一拝(いっぱい)、
一揖(いちゆう)、
 
という作法になります。
 
 
 
その他、疑問に思われやすいことを補足で
拍手をうつのは神様を呼ぶためではありません。
自分が素手なので下心がない、ということを神様に示すためです。
 
 
お賽銭の金額が気になるという人がいますが、一切気にする必要はありません。
また、ご縁があるように¥5を賽銭(さいせん)したり、
縁遠くなるから¥10はダメ、などはどれも迷信です。
 
お賽銭に縁起というものは関係しないので、
気持ちを込めるという事の方が遥かに大切です。
 
 
鳥居をくぐる前にはお辞儀がしなければいけないのか?
と気にする人がいますが、基本的にはお辞儀をするというだけで、
お正月など多くの参拝者がいる時には、長々とお辞儀をして周りに迷惑をかけるより、
他の人のためなのだから、浅い1礼で済ませても構わないといわれています。
帰りも同様に、鳥居を出てから浅い一礼で大丈夫です。
 
 
参道は神様の通り道なので、真ん中を歩いてはいけないと言われています。
でも初詣など、参拝者が大勢集まるようなとき、
沢山の人がは歩けるように参道の端も真ん中も歩いて構いません。
なぜなら、神様はすでに正殿にいるからです。
 
ただし、基本的に外宮は左側通行、内宮は右側通行と決まっていることをお忘れなく。
 
 
 
 

スポンサードリンク

初詣のときの寺の作法

お寺の参拝方法は、神社に比べるとわかり易いと思います。
また、お寺によって多少作法が異なるとか、宗派によって多少作法が異なるなど、
細かい部分は省いて、一般的な作法と思って参考にしてください。
 
 
1、山門
ここで、本堂に向かって拝礼(45°くらいの礼)をします。
 
2、手水舎
手水舎がるなら、手を洗い、口を濯ぎます。
基本的な作法は神社と同じです。
 
― 左手を清めてから右手を清める、
― 右手の柄杓から左手に水を注いで、口をすすぎます。
 
注意:この時、次の人のためにも、柄杓に直接口を付けてないで下さい。
 
 
3、本堂
― 本堂の賽銭箱の前で礼をして、鐘があれば鐘をつきます。
  鐘がない場合はつけないので、仕方ありません。
― 蝋燭(ろうそく)と線香をあげます。ない場合は飛ばしてください。
― 賽銭を投じてから、御本尊へ合掌して祈り、礼をして退出します。
― 来たとき同様、山門から出るときには本堂に向かって礼をします。
  
  
  
補足になりますが、手水舎で手を洗ったあと本尊に向かいますが、
その前に、線香の煙を浴びて身を清めます。
清めるとは、煙を手ですくって、頭上に持っていって浴びる動作のことです。
 
流れをまとめると、
山門で一礼 
手水舎で手を洗う
煙で身を清める
本尊で礼 → 鐘をつく → 線香や蝋燭をあげる → 賽銭を投じる → 合掌 → 礼
山門で一礼 

 
  
 

初詣のときのおみくじの作法は結ぶ?持ち帰る?

初詣で引いたおみくじは結果に関わらず、木に結んで帰るという人や、
凶や大凶は結んで、吉などは持ち帰るなど、色々所説があります。
 
 
簡単にまとめると、木に結ぼうが持ち帰ろうが決まりはありません。
好きな方でどうぞ!
 
ただし、木に結んで帰る場合、
悪いおみくじは利き手では無い方の片手だけで結んで下さい
悪い結果だけど、難しいことをやり遂げたということで、
良い結果に転換するということです。
 
 
持ち帰る場合は、
「引いた”おみくじ”を充分に読み返し、自分自身の行動に照らし合わせる」
という理由から、吉でも凶でも持ち帰って見直すということです。
また、持ち帰ったおみくじは神棚に上げておく、もしくはお財布や名刺入れておきます。
 
処分したいときには、
そのまま可燃物のゴミとして処分して構いません。
お守りやお札と違って、神様からの言葉を記しただけの紙ですから問題ないです。
 
ただ、どうしても気になるという人は、
おみくじを引いた神社で”お焚き上げして欲しい”旨を伝えて、
引き取ってもらうといいでしょう。
 
→ おみくじの起源や有効期間などについて
 
 
 

初詣のときの作法のまとめ

昔は”お寺・仏教 = 神社・神道”というまったく同じ神仏として崇められていました。
仏に仕えようが神様に仕えようが、行為も結果も結局は同じことと見られていたからです。

→ 初詣で神社とお寺の違いについて  
 
 
厳密には神社とお寺は違うということは理解していますが、
それぞれ作法の違いは曖昧だった人が多かったと思います。
 
でも、一番大切なのは
作法にこだわるより、心を込めてお参りすることや、
他の参拝者の迷惑にならないように参拝することでしょう。
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 冬の行事 ,