あっとすしでほっとして

3月の日本の年中行事 風習や食べ物や縁起物の意味

   

 
年中行事とは、毎年決められた時期に行われる行事のことです。
元々、日本では宮中での行事を指していましたが、
今では全国・世界的な事も含んで呼ぶようになりました。
分かりやすく言えば、毎年決まっているイベントということになります。
 
雛祭りを始め、3月の日本の年中行事と、
3月を表す食べ物・季節の言葉などを紹介します。
 
 

スポンサードリンク

 

3月の日本の年中行事 季節と風習

3月は弥生(やよい)と言い、雛祭り(ひなまつり)がある、桃の節句の月です。
他の呼び方は、花月(かげつ)・嘉月(かげつ)・花見月(はなみづき)・
夢見月(ゆめみつき)・桜月(さくらづき)・暮春(ぼしゅん)等の別名があります。
 
 
雛祭りの始まりは、
3月3日に雛人形を飾って、”雛祭り”が始まったのは江戸時代に入ってからです。
この風習の由来は、3月上巳の節句といい、
3月上旬*巳の日(みのひ)に野や浜で遊ぶという風習がありました。
現在の3月はまだ寒いですが、旧暦3月の話なので、
新暦つまり現在に表すと4月中旬のはなしになります。
 
4月なら、潮干狩りが出来るくらい暖かい日がありますから、
なんで雛祭りに貝が出てくるのか、ということが理解できます。
 
 
※巳の日とは
12日ごとに巡ってくる、十二支の1日のことです。
巳の日に弁財天の使いの白蛇 = 巳(へびの事)に願い事をすれば、
蛇がその願いを弁財天に届けてくれるといわれているので、
お金や・財に関わるのに縁起の良い日といわれています。
 
※弁財天(べんざいてん)とは
仏教の守護神の一つであり、七福神の一人でもあります。
ヒンズー教の女神であるサラスヴァティーから由来しています。
日本の神仏習合によって神道に加わり、弁才天という元の名前から弁財天になりました。
”才”という発音が”財”に通じていることから、呼称が変わったとされています。
つまり、才能や財にまつわる神様ということです。
 
弁財天(べんざいてん)
71  3月  弁財天
 
 
 
雛祭りの元の流し雛(ながしびな)とは、
雛流しともいいますが、草や紙で作った祓い人形を、
自分の穢れを移して川や海に流して、自分の身を清めるという風習のことです。
現在もこの風習を行っている地方が残っています。
 
この時の人形が草や紙から変化して、白い布で作った幼児の人形になり、
男女一対の立ち雛に変わり、徐々に衣装を着せられるよになり、
そして、宮廷で着ているような綺麗な服を着た雛人形になりました。
  
現在伝わっている座った雛人形は、
徳川家康の孫で、天皇家へ嫁いだ東福門和子が自分の子供の為に作った、
というのが始まりで、段飾りは江戸時代終盤になってからです。
     
この、巳の節句は奇数が重なる3月3日に固定されるようになり、
この節句の年中行事を”雛祭り”と呼んで、女の子の成長を祝う日になりました。
 
 
 
春分の日
3月20日~21日に、昼と夜の時間が同じになります。
天文学上、昼と夜の時間が同じになる日を固定することはできないので、
いずれかの日と言っています。
 
祝日に指定されるようになったのは、
1948年に”制定された自然をたたえ、生物をいつくしむ”という日でした。
その後、昼と夜の時間が等しくなる春分日に変わりました。
 
 
春の彼岸
春の節分の一つで、仏教に関わる行事に結びつくと考えられています。
また、春分と秋分は太陽が、真東から上り、真西に沈む日なので、
西に沈む太陽の遥か先にある極楽浄土への礼拝することが始まりです。
 
現在は、仏壇や仏具、お墓の掃除、お供え物をするなど仏事の一つで、
春分と秋分の日の前後3日づつを挟んで、7日間を指します。
春は牡丹の花から”牡丹餅”、秋は萩の花から”おはぎ”といいます。
 
 
 
 

スポンサードリンク

3月の年中行事に関わる食材・料理

― 3月に関わる食べ物 ―
・蛤(はまぐり)
その一対以外に合わさる貝がないことや、水が汚れると綺麗な所へ移動することから、
女性の純潔と貞操を象徴しています。
 
古い呼び名は、”うむぎ”と呼ばれ、うむぎ = 産喜の当て字から、
出産の安全を託すとも言われています。
 
・栄螺(さざえ)
三三栄の当て字から、3月3日の雛祭りが、益々栄えるという意味で用いられます。
 
・菱餅(ひしもち)
菱は水草のことで、その種子は硬い殻と鋭いとげにおおわれているので、
魔除けの物とされています。
三色の色は、赤が魔除け・白が清浄・緑がヨモギの健康を意味しています。
 
・あられ
元はご飯のおこげを洗って作ったため、倹約を教えるためだといわれていました。
現在は、洗ったお米を炒って作ります。
 
 
3月に関わる料理
・牡丹餅(ぼたんもち)
春は牡丹の花にちなんで作ったお菓子なので、牡丹餅と呼びます。
因みに秋には萩の花にちなんでつくるのでおはぎと呼びます。
ただし、呼び名の由来は諸説があり、地方によって呼び方も変わります。
 
― もち米を用いたのが”ぼたもち”、うるち米を用いたのが”おはぎ”
― 餡(小豆餡)を用いたものが”ぼたもち”、きな粉を用いたものが”おはぎ”
― ぼたぼたした食感だから”ぼたもち”
― こし餡を”ぼたもち”、つぶ餡が”おはぎ”
― 小さいものをおはぎ、それより大きいものをぼたもち
 
 
・蛤のお吸い物
雛祭りのメニューの定番です。
旬の食材であり、女の子の純潔や貞操を表す食材です。
 
・ちらし寿司
雛祭りや3月の年中行事に直接関係する料理ではありませんが、
豪華な食材と、えび(長生き)、れんこん(見通しがきく)など
縁起の良い食材が使われているところから定着しました。
 
71  3月 牡丹餅 (1)
 
 
 

3月の年中行事に関わる縁起物の意味


・犬筥(いぬばこ)
雛人形と一緒に、色々な小さな道具類を”雛道具”と呼びますが、
その中に、犬をかたどった小箱があります。
これは”犬筥(いぬばこ)”という張り子で、雌雄で一対となります。
  
元々犬とは、昔から人間を厄災から守ると信じられていたため、
神社の入口にある狛犬のように、魔除けや厄除けを象徴するようになりました。
次第に子供を守るという役割から、雛祭りにも登場するようになりました。
また、犬は沢山子供を産むところから、安産の象徴にもなっています。
  
犬筥(いぬばこ)には、御伽犬(おとぎいぬ)・宿直犬(とのいいぬ)・
狗筥・犬筐(いぬばこ)など、いくつかの別名もあります。
  
  
・緋毛氈(ひもうせん)
雛段の敷物で、赤は祝いと魔除けの効果のある色です。
毛氈とはフェルトとも呼ばれ、奈良時代に大陸から伝わり、
現在は正倉院(東大寺)に日本最古のものとして納められています。
  
ひな人形の下に”緋毛氈 = 赤いフェルト”を敷いて飾ります。
  
  
  

3月の日本の年中行事のまとめ

3月の一番の年中行事は雛祭り・春分の日・彼岸があります。
昼と夜の時間の差が殆どなくなって、春が訪れます。
  
新暦では3月ですが、旧暦では4月を指すことを思えば、
蛤やさざえなど、貝が採ることも納得できますね。
  
  
また3月からは、縁起物や年中行事の他に、
春の季節に関わる花や植物など沢山出てきます。
新芽と共に活力が沸いてきて、生活が忙しくなるでしょう!
  
  

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 年中行事