あっとすしでほっとして

差し迫った七五三 写真やお参り 親子の髪型や衣装どうする?

   

 
子供の一大行事の一つ七五三。
日々の生活に追われて気が付いたら差し迫ってしまった。
でも、何とか思い出だけは作りたいと思う人もいると思います。
 
 
昔と違って、信仰でお参りをしたいという人は減ったと思いますが、
せめて形だけでもお参りに行って、思い出の豪勢な写真を撮って、
家族でごはんを食べたいと思うのが、多くの親の心境なのでしょう。
 
 
ぎりぎりに迫った七五三をどうしたらいいのか?
という人達へアドバイスをご案内します。
 
 

スポンサードリンク

 

差し迫った七五三 時期はずれの写真とお参り

先ず七五三は11月15日にお参りをするものです。
元々は関東の地方行事でしたが、今や全国に広がって、
寒さや雪を避けるために期日を早めている地域もあります。
 
 
つまり、信仰的なお参りを重視しない人は、
数え年で3歳・5歳・7歳の年なら、1年中いつでも良いということになります。
 
 
でも折角の伝統行事です、形だけでもお参りをしたいという人は、
大きな神社なら大抵11月末までお祓いやお参り行事を行っていますので、
11月中にお参りに行ってください。
 
※各行事は地方や各神社によって異なるので、ご確認ください。
※例)川崎大師では七五三祝子育祈祷月間として、
 11月1日~11月30日の期間だけ、祈祷の申し込みを受け付けています。
 
 
 
一番気になるのは、いつまで七五三写真を取り扱ってくれるのか?
ではないでしょうか?
 
ズバリ率直に!
七五三用の写真を撮ってくれるスタジオでしたら、12月でも問題ありません。
バースデー七五三、その年の誕生月に撮影や、
熱くなる夏前に先撮りする人もいます。
早い人だと5月くらいに撮影だけ済ます、という人も聞いたことがあります。
 
 
極論をいいますと、お参りさえ11月中にするなら、
写真撮影は1年中いつでも構わないということです。
 
 
 
 

スポンサードリンク

差し迫ってから女の子と母親の髪型どうする?

10月・11月はどこのスタジオも非常に忙しいでしょう。
でも、受付をしない事には撮影の予約が取れませんし、
こちらの希望も伝えられません。
 
 
先ずは、受付に行って打ち合わせをして下さい。
その際、お子様には、
・どんな髪型にしたいか?
・どんな写真が欲しいか?
・台紙はどんな色がいいか?
・着物とドレスを着たとき、着物とドレスに合った髪型に変えてもらえるのか?
 
この様に色々要望を出すと、できる限り希望に沿う努力をしてくれます。
ないものを無理に言わない限りは、要望はドンドンいった方がスタジオ側も助かるのです。
 
 
ただし、スタジオによって”ウィッグや髪飾りのお貸しはありませんのでご注意下さい。”
と最初から決まっている所もありますので、確認してください。
 
 
 
髪型に関して、
ぎりぎりに差し迫ってから急に髪を伸ばせません。
ウィッグや髪飾りでかわいくするという手しかないように思えますが、
そこはプロに相談です!
 
自分一人で「あそこの髪はああして・・・」、「ここの部分はこうして・・・」
と迫った期日の中慌てても、できる限界があります。
ここはちょっとお金がかかるけど、思い切って美容院へ相談するといいでしょう。
 
 
よくある髪型の心配事は
・天然パーマがひどくて・・・という髪の毛の質
・髪の毛が少なくて細いから・・・・という髪の毛と頭全体
・短く切られすぎて、七五三までに延ばせない!というセットの問題
 
この様に自分の努力ではどうしようもないことが悩みのようですが、
そこはプロです!
 
「髪飾りは相談したらいろんなのがありますよ」
「前もって相談してくれたら、
 手元にない物は問屋さんで仕入れてくれたり、取り寄せたりしますよ」
 
と力になってくれます。
 
  
 
お母さんの髪型に関して
ぎりぎりになってからの準備ですから、出来る事にも限界があります。
先ずは”簡単に、お金をかけず”にをモットーに準備するといいでしょう。
 
一番手っ取り早いのはフォーマルスーツを着用です。
髪型は”自分で適当ににセット”で十分です。
 
何故なら、よく耳にするのは
「写真を撮るんだから、美容院で綺麗にして・・・」
と母親が綺麗にしようとしますが、主役はお子様です。
 
確かに時間にゆとりがあるなら、
一緒に綺麗になるという楽しみ方も大賛成ですが、
時間が無いときには仕方ないです。
 
実はお母さまの中には、
「結構お金取られるからねぇ~、時間がもったいないしさ」
と割り切る人も結構いるんですよ。
 
 
 
ただしお子様同様、くせっけの人は大変なようです。
産後の抜け毛が目立つ!
中途半端に伸びた毛がはねて飛び出してセットできない!
巻いておろしてても大丈夫?
 
など七五三の為でなく、私生活に直結した髪にお悩みのある方は
迷わず美容院へ行きましょう!
 
七五三はついでです、あくまでもついでです^^
旦那様に相談して喜んで協力して貰いましょう!
 
 
 
 

男の子の衣装と髪型 父親と母親の意見の違い

基本的に父親目線は母親と違う目線なので難しいと思われがちです。

例えば女の子の場合、
スカートの丈の長さが短いとか、
パンツが見えそうなのははしたないとか、
髪の毛の長さが長すぎるとか、
目に髪が入る入らない・ヘアスタイルが云々と・・・・
 
普段着のことも含めて大変なことになりそうですね。
でも、可愛くさせてあげたいという気持ちから来ているので、
一先ずは七五三に話を絞って、お子様が喜ぶ衣装と髪型を優先に、
プロの方のアドバイスを重視するといいと思います。
 
プロのアドバイスと子供の喜ぶ姿で父親は”ノックダウン”される人は多いでしょう!
 
 
 
その点、男の子の場合は簡単!
夏場の丸坊主から伸び始めの状態や短髪の場合、
どうすれば見栄えがよくなるのか?
 
・ワックスを付けるなど、立たせても問題ありません。
・坊主頭に羽織袴は勇ましく見えます。

これで十分です。
和服だから和服の髪型で・・・・と気にしなくても大丈夫です。
もし気になるようでしたら、衣装を借りるときに聞いてみるのも一つの手です。

ぎりぎりに差し迫った七五三ですから、
”簡単に、お金をかけず”にをモットーに!
  
  
  
 

差し迫った七五三のまとめ

最近の七五三は、夏前から衣装や美容院、写真屋さんの予約をしています。
10月に入ってからでも構いませんが、どうしても慌てて行う感が出てしまいます。

だから、思い切って写真は12月に入ってからでも構いません。
ただ、お参りに行きたい人は11月中でないと、
七五三としての行事が終わってしまいますのでお気を付け下さい。
 
 
ご家族でよい思い出をお残し下さい。
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 秋の行事