あっとすしでほっとして

カルピス誕生の歴史と作った人とは?なぜ海外では商品名が違う?

   


カルピスは日本を代表する乳酸菌の入った飲み物ですよね。遥か昔からある様な気がするし、割と近年に創られた気もする飲み物ではないでしょうか?いつ、誰が、どんな経緯で作ったのか、その歴史と人物の紹介と、海外ではなぜ商品名が違うか紹介します。
 

スポンサードリンク

カルピスの誕生するまでの歴史は?

ずっと昔から日本にある飲み物なのか?横文字だけに海外で作られた商品なのか?カルピスの始まりが良く分らないと思います。

発売・・・1919年7月7日
 
誕生・・・日本
 
そう、カルピスは日本で作られた飲み物なのです。でも、元々は、モンゴルの飲み物を作ろうとしたのが始まりなんですよ。いつ、どこで製造が始まったのでしょうか?
1905年(明治38年)
三島さんが中国に渡る。滞在中、馬の補給の為、モンゴルに行くが隊長を崩して寝込む。この時、やや発行したドロッとした乳製品を飲み見つけて、体調が回復した。
 
1916年(大正5年)
日本に帰国後、事業に失敗するが、モンゴルで飲んだ乳製品を作ろうと乳酸菌の研究を、東京で始めた。
 
この年、試作品となる、牛乳を2、3日発酵させて、モンゴルで飲んだようなクリーム状にした試作品を完成させる。そこに砂糖を加えて飲みやすくした。
 
これが、カルピスの前身「醍醐味」という商品として販売された。評判は良く滑り出しは良かったものの、当時、牛乳は高級だったのと、牛乳が不足していた事が原因で生産中止になってしまう。因みに、モンゴルではこれを「ジョウヒ」と呼んでいる。
 
1917年(大正6年)
カルピス社の前身となるラクトー株式会社が設立され、乳酸菌を使った食品の研究が進められて「乳酸入りキャラメル」が作られた。しかし、暑い日には溶けるという欠点があったので生産中止。事業は失敗に終わってしまいます。
 
カルピスの誕生!
次に、「醍醐味」を作った時、発酵させて取り除いていた汁に着目した。「脱脂乳」のこと。この脱脂乳に砂糖を加え、2、3日発酵させたところ美味しかった。これを改良していき、「カルシウム」と「香料」を加えて「加熱殺菌」させた。これが「カルピス」の誕生です!
 
1919年(大正8)7月7日
この日、遂にカルピスが販売されます。初めは、関東周辺で販売開始!売上が順調で初年度の売り上げは10万円といわれています。現在に換算すると約3000倍として約3億円の売り上げということになります。
 
翌年は、売り上げが倍増していきました。上々のスタートどころではなく大成功ですよね。事業の失敗と研究に約10年掛っているので簡単な道のりではありませんが、これが大ヒット商品カルピスの始まりです。
 
 

カルピスを作ったのはどんな人?

カルピスが日本製だという事は知っていても、フルネームまで知っている人は多くないと思います。また、どんな家の出の人なのかもあまり知られていないのではないでしょうか?

カルピス創業者・・・三島雲海・みしまうんかい(1878~1974)
 
三島雲海の出生は?
大阪府豊島群本願寺の住職の子供として生まれ、現在の龍谷大学を卒業して英語教師になります。
 
教師から貿易商へ!中国へ渡る!
25歳の時に中国へ渡り、現地で日本の商品を売る雑貨貿易商になります。現地滞在中、日本軍から馬を調達する指示を受けて、モンゴルへ赴き体調を崩します。この時が乳酸菌との出会いです。しかし、中国の内乱、辛亥革命・しんがいかくめい勃発で、日本に帰国して事業を起こします。
 
カルピスの大量生産開始!
先程、紹介した通り、1919年にカルピスが販売されますが、これが世界で最初に乳酸菌飲料を大量生産となります。この時、三島雲海は39歳。その後、会社は順調に成長して、43歳の時にカルピス製造株式会社に屋号を変更、69歳の時に株式上場します。
 
 

スポンサードリンク

どうしてカルピスは英語でカルピコなの?

この様な大会社となったカルピス社の、主軸商品「カルピス」は海外事業の乗り出しました。乳酸菌飲料という、健康飲料であり味が受け入れられました。
 
でもですよ、よーく英語のラベルを見ると・・・「calpico」で、最後が”S”では無くて、”co”何です。本来、固有名詞は何語になっても変わりません。例えば、人の名前、会社名等が良い例ですよね。
 

カルピスの英語の撥音が問題?

本来は英語でもカルピスであるべきなのですが、「カルピス」の撥音が「カウ・ピス」と聞こえるのです。これを直訳すると・・・
「カウ= 牛」+「ピス= 尿」→ 牛のおしっこ
 
流石に、これはまずいですよね。そこで名付けられたのが「カルピコ」!今更ですが、もし海外旅行で「カルピコ」を見かけたら、日本を代表する清涼飲料「カルピス」だと思ってくださいね。
 
 

最後に一言

とっても身近なカルピスには、こんなに長い歴史と背景があるのですね。それでは、大人になってもカルピスを楽しんで下さいね。それから、日本語以外で話す時はカルピコですよ!
 
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 生活情報