あっとすしでほっとして

虎が雨とはいつどんな雨が降る事?曽我兄弟と5月28日の話!

   


旧暦の5月には「虎が雨」という季語があります。何だか強そうな雨をイメージするかもしれませんが、一体どんな雨なのでしょうか?また、この日には曽我兄弟という人物が深く関係しています、そんな虎の雨と曽我兄弟について紹介しますね。
 

スポンサードリンク

虎が雨とはどんな雨?

雨の降り方の事でも、雨の種類のことでもありません。虎が雨とは5月28日に降る雨の事です。もう少し正確に説明すると、旧暦5月28日に降る雨の事を指していて、別名を「虎の涙」「虎の涙雨」「曽我の雨」と呼びます。
 
現在ではあまり使われない言葉ですが、江戸時代までは、毎年5月28日になると雨が降ると全国各地で信じられていて、一般的に使われていた言葉でした。
 

どうして虎の雨と呼ぶの?

曽我兄弟の仇討に由来しています。曽我兄弟って誰?というのは後にしておいて、先ずは「なぜ虎の日」と呼ぶのかを説明します。

・曽我十郎の愛人・虎御前が、5月28日に十郎と別れたという説。
 
・5月28日に、曽我十郎が仇討ちを遂げるが、討ち死にしたのを虎御前が悲しんで涙を流したという説。
 
・5月28日に、曽我十郎の仇討を助ける為に、虎御前が雨を天に祈ったという説
 
この様に諸説はありますが、いずれにしても、曽我兄弟の仇討と虎御前が関係しているからです。だから、春の雨でも、梅雨の雨でもなく、ピンポイントで5月28日の雨の事を指しているのです。因みに、辞書には次の様に記載されています。
曽我兄弟が仇敵の工藤祐経(くどうすねつけ)を討って、父の仇を報じたが、兄十郎は討ち死にする。
 
その十郎の愛人、遊女虎御前がこれを悲しんで無く涙が雨になって降ると伝えられる。
日本大国語辞典・小学館
 
 

スポンサードリンク

虎が雨の曽我兄弟とはどんな人物

5月28日に仇討をする曽我兄弟ですが、一体どのような人物のなのでしょうか?またいつ頃の時代の話なのか説明しますね。
 

曽我兄弟の仇討はいつ頃の話?

鎌倉時代になります。仇討自体は「1193年5月28日、源頼朝が富士の裾野で狩りを行った時」ときの事件ですが、曽我兄弟の恨みは1176年10月に遡ります。その後、曽我物語としてこの話が残され、江戸時代には能、歌舞伎、浮世絵などに取り上げられるようになりました。
 

曽我兄弟はどうして敵討ちをしたの?

歴史上、日本三大仇討と言われるほど有名な仇討なのですが、どんな話かというと・・・

工藤祐経と伊東祐親が領地を争い、
狩りの最中、工藤は伊藤の命を狙います。
 
しかし、矢は伊東祐親ではなく、
伊藤の息子・河津祐泰に当たって死んでしまいます。
 
未亡人となった祐泰の妻が曽我家に嫁ぎ、
この時の連れ子が曽我兄弟となります。
 
その後、工藤祐経は源頼朝の側近として一族が繁栄。
 
一方、曽我家には実子が生まれ、
兄弟は厳しい生活を送ります。
 
やがて、元服した兄は曾我十郎祐成と名乗り、
弟の箱王丸は箱根社に預けられました。
 
約20年後、源頼朝が富士の裾野での狩りを行ったとき、
酔って寝た工藤祐経を討ちます。
 
しかし、二人は追手の十数名を斬るが、
兄・十郎は討たれ、弟は頼朝の屋敷に押し入り捕まります。
 
翌日、源頼朝の前で、弟が仇討の説明をした後、斬首となります。
この時に、兄・十郎の死を知った、愛人の虎御前の涙が5月28日に雨を降らせていると、広く知られれるようになったのです。
 
 

最後に一言

現在の太陽暦によると、旧暦5月28日は6月28日頃となります。だから、「虎が雨・とらがあめ」という言葉は夏の季語なのです。それでは、5月28日または、6月28日に雨が降ったら「今日は虎が雨だ」と使ってみて下さいね。
 
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 春の行事