あっとすしでほっとして

こどもの日はどうして5月5日?端午の節句との違いは?

   


5月5日がこどもの日で祝日というのは、日本では知っていて当たり前のことですが、なぜこの日がこどもの記念日なのでしょうか?また、この日を端午の節句とも呼びますが、それぞれどの様な関係があるのか。こどもの日の始まりと端午の節句の違いを説明します。
 

スポンサードリンク

子供の日の起源は?いつから祝日になったの?

国民の休日の一つとして5月5日が子供の日として、1948年(昭和23年)に国民の祝日に関する法律で制定されました。

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、父母に感謝する日」
 

こどもの日はどうして5月5日なの?

1925年にジュネーブで6月1日が国際子供の日と制定されました。日本では遅れる事約20年、戦後少し経ってから1948年に祝日が整理されました。この祝日が制定された当時は、男女同権という考えが始まった頃でした。
 
1年に2回ある「3月にある上巳の節句・桃の節句には女児の成長を祝う日」と、「5月の端午の節句の男子の成長を祝う日」で意見が分かれました。結局、他の祝日との関係で5月に決定しました。因みに、この日の後、1週間が「全国児童福祉週間」になっている。
  
 

こどもの日と端午の節句の違いは?

昔から、旧暦で5月5日は五節句の一つ、「端午の節句」でした。元々、端午の節句は男の子の成長とは無関係の日で、宮中の大切な行事の一つでした。
 

端午の節句はいつ男子のお祝いの日になったの?

これは、割と新しい習慣で江戸時代の頃、始まった習慣と考えられています。辞書には次の様に説明があります。

江戸時代以降、男児のある家では、鯉のぼりを盾、甲冑(かっちゅう)、刀、武者人形などをかっざって将来を祝う。(一部抜粋)参照:日本国語辞典・小学館
 
端午の節句とは?

辞書には、端午の節句、あやめの節句、重五・ちょうご(端午の事)とあり、宮中の行事でした。江戸時代にはいって、江戸幕府が制定した式日にとなって武士の家庭に広まりました。この時、平民にも広まり、田植えなのど民間行事と合わさっていきました。
 
宮中の厳かな行事、武士の子供の成長のお祝い、民間の田植え行事などが合わさり、現在に至ります。端午の節句の始まりは別記事「端午の節句の始まりと本来の行事は?」をご参照ください。
 
 

スポンサードリンク

こどもの日には何するの?

子供の日には様々な事を行いますよね。例えば、鎧武者を飾ったり、鯉のぼりを飾ったり・・・、どのような習慣が元になって、何をしたらいいのか説明します。
 
宮中の行事の流れで、「邪気を払うために菖蒲(しょうぶ)」を飾り、「邪気払いで蓬(よもぎ)を軒に刺し」、古代中国で始まった端午の節句の行事食「屈原の礼を供養する為の粽(ちまき)」を食べます。
 
武家行事の流れで、「鎧武者」「出世を願った鯉のぼり」「厄除けで鐘馗」などを家に飾り、「健康に育つことを願って凧あげ」をして、「子孫が絶えないように柏で巻いた餅」を食べます。
 
薬でもある「菖蒲・しょうぶ」は、邪気を払うと言われています。「枕の下に菖蒲を敷いて寝る」「菖蒲湯に入る」「菖蒲湯を飲む」など、この日には行います。ただし、この時期は「アヤメ= 菖蒲」でもあります。同じ字を書きますが「ショウブ= 菖蒲」でないとダメですよ。
 
 

最後に一言

子供の日は、戦後になってから定められた祝日です。そして、端午の節句は宮中の別な行事、江戸時代に入ってから男子を祝う日、近年に入って子供を祝う日になったのですね。
 
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 春の行事