あっとすしでほっとして

お召し上がりですか?は正しい接客用語?使い方と類義語は?

   


 
ファーストフードやカフェで注文するとき、「お召し上がりですか?」「お持ち帰りですか?」と言われる事があります。何となく質問の意図は分かりますが、「あれっ?」と思う人も少なくありません。そんな「お召し上がり」の接客用語について説明します。
 

スポンサードリンク

お召し上がりの使い方と意味は?

早速ですが、店内で食べると言う意味を「お召し上がりですか?」という言い方は、過った使い方です。ご存知かもしれませんが、大変失礼な言い方か、言葉足らず、のどちらかになります。
 

「お召し上がり」の意味は?

「召し上がる」という言葉の質問で、辞書には次のように説明されています。


〇オンライン辞書

「飲む、食べる」の尊敬語。
例)ご飯を”召し上が”れ。
 
〇国語大辞典・小学館
「食う」「飲む」の尊敬語。
例)飲酒も温めて来たそうだ。サア直に召し上がりませんか?
 
「召し上がる= 食べる・飲む」
 

失礼な言い方/言葉足らずとは?

召し上がるとは食べるの尊敬語なので、「お店に食べに来ている= お店に召し上がりに来ている」となります。だから、これとこれを食べたいという人に対して「えっ、食べるんですか?」なんて言ったら大変な事ですよね。または、「店内で」が抜けて「お召し上がりですか?」という言い方となります。
 
 

お召し上がりの接客用語とは?

年上、上司、取引相手、お客様などに対して、食べますか?とは言わずに、召し上がりますか?と言います。逆に、家族や親しい友人などにこの言葉を使うと、他人行儀で失礼な事になってしまいます。
 

「お召し上がりですか?」の使い方は?

飲食を目的でお店に来ているので、幾つか例を出して説明しますね。ちょっと乱暴な会話例ですが、どちらも「当店で食べて行きますか?」という使い方となります。

― 店前
 
客らしき人:店内を見てウロウロしている。
 
― 店員が店内からメニューを持って出てくる。
 
店員:「お召し上がり上がりですか?」
 
客らしき人:「あ、いえ。メニューを見ていただけです」
― 店内
 
客らしき人:注文をしないで店内の席に着く。
 
― 店員が客らしき人にたずねる。
 
店員:「お召し上がりですか?」
 
客らしき人:「ちょっと休憩しているだけ」
 
店員:「当店の席はお客様のみとなっております~」
 

業界用語と短縮後?

接客で使う言葉の暗黙のお約束は、客が「明確に」「少ない言葉で」「誰にでも」理解できる事です。これを英語だと次のように言います。(国や地域によって言い方は色々ありますが、一つの例です)

「For Here? To Go?」
 
「ここで食べますか? 持ち帰って食べますか?」という意味で言っているのですが、受け答えが一言で済みますよね。まさかいちいち文法通りに、「Do you eat ~, or Would you like to take ~」なんて長々と言っていたら、聞いている方も答える方もイライラしてしまいます。
「For Here?= 店内ですか?/お召し上がりですか?」
 
「To Go?= お持ち帰りですか」
 
この様な言い方は、お店と注文する側が一言で受け答えできます。また、時代と共に言葉の意味も使い方も変化する者です。今は、可笑しな使い方と思われても、100年後は一般的な言い方と言う事が考えられます。
 
 

スポンサードリンク

お召し上がりの類義語は

もし、お店で食べるのか?持ち帰るのか?という時には、食べるのが前提として「店内で(食べま)すか?」「お持ち帰り(で食べますか)ですか?」となり、(食べる)の部分が「召し上がりに」置き換えられます。
 
他にも、次の様な言葉を置き換えて使うことができます。「お召し上がり」=

「頂く」
 
「お食べになる/お飲みになる」
 
「食べます/飲みます」
 
という言い方があります。状況や相手によって使い方を変える必要がありますが、食べる/飲むを基本に、置き換えて使って下さいね。
 
 

最後に一言

それでは、お店で「お召し上がりですか?」と聞かれても驚かず、持ち帰りか店内か答えて下さいね。
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 生活情報