あっとすしでほっとして

浅草の河津桜スポット今戸神社!見頃の時期と行き方は?

   


早咲きの桜として楽しめるのが河津桜!東京都内でも何ヵ所か見られる場所があって、浅草の今戸神社もその一つです。スカイツリーの一部と河津桜を見て、浅草もぶらっと見て回れる、そんな今戸神社を紹介します。
 

スポンサードリンク

東京の河津桜スポット浅草とスカイツリー!

隅田川沿いの、隅田公園から少し住宅街に入った場所に今戸神社があります。最初に申し上げておきますね。河津桜は敷地内に数本ありますが、伊豆の様に何十本も咲き乱れている、なんてことはありません。神社は明治神宮の様な広大な敷地というわけではありません。
 
それでもオススメなのは、冒頭でもご紹介した通り、スカイツリーを遠目に見にお出かけして、近所の神社へ詣でて、隅田公園や浅草周辺を散策するのに最適な場所なのです。
 

今戸神社は浅草のどの辺り?

正確には、浅草の少し北に位置しています。浅草駅近くにある吾妻橋から、川沿いに上流に向かうと桜橋という橋があります。橋の目の前にある陸上競技場の反対側から、1本住宅街に入った「今戸」という町中に位置しています。吾妻橋から直線で約1.5kmになります。
 

浅草の河津桜の見頃は?

東京で満開になるのは「大体2月中旬~下旬の間」付近で、正確には、その年の天候次第となりますが、本場の伊豆より少し後、というイメージとなります。
 
 

河津桜が見られる今戸神社とは?

この神社は「縁結びのご利益」があるとされる神社なので、縁結び活動を行っています。また、御祭神は4神、それと起源は、次の通りとなります。

・應神天皇(おうじんてんのう)・・・第15代・応神天皇の事
 
・伊弉諾尊(いざなぎのみこと)/伊弉冉尊(いざなみのみこと)
 
・福禄寿(ふくろくじゅ)・・・子宝、財産、健康を司る、七福神
 
・起源は1063年・・・奥羽討伐に赴く藤原家が祈願した時が創建。
 
この神社は、福禄寿という七福神の一人がいて、昔は七福神巡りという巡礼で訪れる神社の一つでした。この「七福神巡り」とは、七柱の神様のいる神社を廻って縁起を呼び込むという風習で、七柱の神様とは「恵比寿、大黒天、毘沙門天、弁財天、福禄寿、寿老人、布袋」となります。
 
 

スポンサードリンク

浅草の今戸神社のアクセス方法は?

電車、バス、自家用車、徒歩、のいずれかの手段で行くことになります

・最もシンプルな行き方・・・「徒歩」
 
・専用駐車場・・・「自家用車」も可ですが、混雑して止められないこともあるかもしれません。
 
・電車&徒歩・・・JR・東京メトロ・都営浅草駅から徒歩15分(約1.5km)
 
・都営バス・・・浅草七丁目下車 徒歩5分/ リバーサイドスポーツセンター前下車 徒歩1分
 
・台東区 北めぐりんバス・・・リバーサイドスポーツセンター前下車 徒歩1分
 
場所・・・今戸神社
 
住所・・・東京都台東区今戸1丁目5-22

 

最後に一言

2月中旬頃、ちょっと河津桜でも見に行こう、ついでに浅草周辺も散策して、スカイツリーでも眺めてこようというときは、隅田川のお散歩は楽しんでみてはいかがでしょうか。
 
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 旅行・観光