あっとすしでほっとして

関東の大雪はどれくらいの降雪量?過去の記録は?

   


全国的に、雪が降ると言う場合と大雪になると言いう場合がありますが、感覚的に北海道と大阪付近や北陸と都心など、地域によって大雪の感覚が異なります。そこで、関東地方ではどれくらいの雪が降ったら「大雪」と言われ、何を基準に決まるのか説明します。
 

スポンサードリンク

関東で大雪の基準は?どれくらいの降雪量?

冬に天気予報で沢山の雪が降ることを伝えるとき、「大雪」という言葉が使われ、その後「〇〇cm」積もる可能性が伝えられます。東京周辺では、次の積雪量を基準に大雪と呼びます。

東京都・12時間の積雪量・・・5cm~
 

他の地域での大雪の基準は?

雪の多い地域、都会でも東京と離れた地域などを抜粋しました。次の通り、各県や府では基準がことなります。

福岡県・24時間の積雪量・・・平地5cm~、山岳地10cm~
 
新潟県・地域によって異なる・・・6時間/15cm~、12時間/30cm~など
 
大阪府・24時間の積雪量・・・平地/5cm~、山地20cm~
 
栃木県・12時間の積雪量・・・平地/5cm~、山地15cm~
 
長野県・12時間の積雪量・・・地域によって異なる/10cm~、20cm~、25cm~
 
こうして並べて見ると、同じ関東地方や、隣の甲信越地方でも、これだけ大雪の基準が異なる事がわかります。でも、ここに更に「注意報」「警報」の違いが加わってきます。それぞれ、同じ大雪でもどれだけ違いがあるのでしょうか?
  
 
  

関東の大雪と雪の違いは?

豪雪地域では、雪が降ると地面に積もるのが当たり前です。一方、東京や大阪では、雪が降るときがある地面に積雪しない、というのが一般的な感覚です。東京都で、雪とは「降雪のこと、または~5cmの積雪」、大雪とは「雪が5cm~の積雪のこと」という違いがあります。
 

大雪注意報と警報の違いは?

先ず、大雪注意報と警報とは、雪が降ることで生活に支障が出る事が予想されるときに発令されることです。気象庁では次のように説明しています。

・大雪注意報
降雪や積雪による住家等の被害や交通障害など、大雪により災害が発生するおそれがあると、予想したときに発表します。

・大雪警報
降雪や積雪による住家等の被害や交通障害など、大雪により重大な災害が発生するおそれがあると、予想したときに発表します。

 
最初に説明した「大雪」とは、「大雪注意報を基準」としました。そして、東京都に限らず各道府県では「大雪警報の基準」も異なります。各県の大雪警報の違いは、次の通りとなります。
東京都・12時間の積雪量・・・10cm~
 
福岡県・24時間の積雪量・・・平地20cm~、山岳地50cm~
 
新潟県・地域によって異なる・・・6時間/35cm~、12時間/60cm~など
 
大阪府・24時間の積雪量・・・平地/20cm~、山地40cm~
 
栃木県・12時間の積雪量・・・平地/15cm~、山地30cm~
 
長野県・12時間の積雪量・・・地域によって異なる/20cm~、30cm~、40cm~
 
ここまで説明してきたのは、大雪の基準となる注意報と警報の違いでした。それでは、過去の記録ではどれくらいの大雪が観測されたのでしょか?
 
 

スポンサードリンク

関東の大雪の記録はどれくらい?

稀に首都圏をマヒさせる大雪が積もることがあります。雪国なら笑われる程度の積雪量ですが・・・。過去にどれくらいの大雪が東京に降ったのでしょうか?
 

東京の大雪の記録は?

戦後から15cm~以上積雪した日を紹介します。雪国では一晩に1m~積もる事もあるのに対して、次のデータを見ると、東京では大雪が少ないと言う事が分かります。

1947年・・・17cm/2月15日
1951年・・・33cm/2月15日
1953年・・・18cm/2月22日
1954年・・・30cm/1月25日
1967年・・・21cm/2月21日
1968年・・・23cm/2月16日
1969年・・・30cm/3月12日
1975年・・・15cm/2月21日
1978年・・・21cm/1月3日
1984年・・・22cm/1月19日
1986年・・・18cm/2月19日
1992年・・・17cm/2月1日
1994年・・・23cm/2月12日
1998年・・・16cm/1月15日
2014年・・・27cm/2月8日
2014年・・・27cm/2月15日
※参考:気象庁
 

日本国内の1日に降った大雪の記録は?

因みに、日本全国の大雪の記録は次の通りとなります。東京都と比べると、格段に降雪量が異なるのが分かりますよね。

1位・滋賀県/伊吹山・・・1182cm/1927年2月14日
 
2位・青森県/酸ケ湯・・・566cm/2013年2月26日
 
3位・新潟県/守門・・・463cm/1981年2月9日
 
4位・山形県/肘折・・・445cm/2018年2月13日
 
5位・新潟県/津南・・・416cm/2006年2月5日
 
 
 

最後に一言

天気予報で「雪」と言えば、関東では雪が舞うだけか、僅かしか積もらない事。「大雪」と言えば、5cm以上積もるのを指します。それでは、天気予報で「雪/大雪」情報が流れた時の参考にして頂ければ幸いです。
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 生活情報