あっとすしでほっとして

正月飾りの年木と新木と幸木とはどんな木?何故木を飾る?

   


様々な種類のお正月飾り、玄関や門には門松や注連縄飾りを、室内には鏡餅を、人によっては車に注連縄飾りを飾る人もいます。その一つに「年木」「新木」「幸木」と呼ばれる、あまり聞き慣れないお飾りがあります。それぞれどの様な物なのか説明します。
 

スポンサードリンク

正月飾りの年木とは?

お正月に年神をお迎えする為に用意される、お正月用の薪の事です。または、門松の根元に添えたり、戸口に立てたりするお正月飾りの一種の事です。
 
この様な木のことを「年木(としぎ)」といいます。別名を「節木(せちき)」ともいいます。
 

年木を採る日には決まりがある?

地域によって異なる場合がありますが、多くの土地で年木を採る日が定められています。大体12月13日というのが古くからのしきたりで、共通するのは正月に囲炉裏で焚く薪ということです。
 

年木にはどんな意味でがあるの?

神様に捧げる薪として扱われます。魔除けや神聖なものでもあります。これらは、「年神への供物の薪」であり、「年神様の依り代(門松同様)」という考えが元になってます。
 
「樫の木などを伐ってきて」
「門口へ年木を注連縄で括り付ける/年木を単独で立てる」
「門口、神前や仏前等に供える」
 

国語辞典では・・・年木/歳木
 
1、新春を迎える用意に、冬のうちに伐っておく柴や薪。節木(せちぎ)、年薪(としたきぎ)。
 
2、元旦を祝い、年神をまつるための飾り木。また、正月初めに、門松のかげに、庇のないものをとり、末に葉をのこし、門によせかけて置く木。主に椎や榎を用い、魔除けの呪物とされる。鬼木、御新木
 
 

正月飾りの幸木とは?

全国的には珍しいのですが、九州や四国方面で多く見られる習慣で、「幸木(さいわいぎ)」と読みます。
 
「年木」と同じく正月のお飾りの一種で、「年神への供物を吊るす木」や、「お正月用の食べ物として屋内に吊るしおく木」の事です。
 

吊るした食べ物はどうするの?

魚や野菜を吊るしておいて、お正月中に食べます。食べきれない場合は、二十日正月までに食べきります。6月1日の稲代作りのときに食べる、という地域もあります。

吊るす魚は?・・・かつお、鰯、鯵、鯛、ブリなどを12本吊す
 
吊るす木は?・・・樫、椎、杉、松、タブノキなどを用いる
 

幸木の補足!

この幸木は、同じ木を毎年使いますが、家長が代替わりしたり、不幸があったりすると、新しい物に取り替えます。また、一部の地域では、門松の根元に添える年木を幸木と呼ぶときもあります。
 

スポンサードリンク

お飾りの新木とは?

文字では「新しい木」と書きますが、1月15日の小正月に飾る物の一つで「新木(にゅうぎ)」といいます。年木の一種と考えられいて、「小正月に門口に立てて、二十日正月に下げる」というお飾りです。
 
この木は、その年で初山仕事になる1月正月4日に、山から伐ってきた木を使い、別名を御新木(おにぎ)とも呼にます。
 

新木と門入道とは?

また、関東周辺では、木の表面を削って顔を書いた門入道(かどにゅうどう)という木のお供えをする風習があります。この門入道とは、神奈川県丹沢の一部の山域で行われていて、山の神様を祀る行事の一つです
 
 

最後に一言

お正月と小正月には、昔から「年木」「新木」「幸木」と呼ばれる、お飾りになる木を用意していました。
 
年木は12月中旬にからお正月に用意する木。
幸木はお正月から二十日正月まで食べ物を吊るす木。
新木は小正月から二十日正月の間、お供えする木。
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 冬の行事