あっとすしでほっとして

七五三の子供の正式な衣装は?親の服装の合わせ方は?

   


 
七五三の服装はどうしよう?誰もが最初に悩むことだと思います。そして、スーツでも構わない?色はどうしたら良い?柄は?と考え出すときりが無くなってきます。そこで、七五三の子供の正装を紹介するので、基準にして頂ければ幸いです。
 

スポンサードリンク

七五三の子供の正式な衣装は?

現代の七五三は変化して、ラフな服でも構わないのでお参りに行く事、綺麗な衣装を着る事、お祓いをする日、そして古い習慣だから何もしないと、この様に人それぞれ分れていると思います。七五三は何をするのが目的なのでしょうか?
 

七五三とは何をする目的?

「子供の成長に合わせて行う儀式」「子供の厄年の厄払い」というのが目的でした。だから、神社に行くというのは厄払いというのが背景にあります。
 

七五三の子供の正装は?

3歳は男女とも髪を伸ばす「髪置き(かみおき)」、5歳は男子が初めて袴を履く「袴着(はかまぎ)」、7歳は女子が初めて帯を締める「帯置き(おびおき)」の儀式があります。この儀式の時の正装が次の通りです。

3歳・・・出産時の祝い着
 
5歳・・・紋付き羽織りに袴
 
7歳・・・本裁ち(ほんだち)の着物、かかえ帯
 
※本裁ちとは、通常の裁ち方=大人と同じ裁ち方ということです。
 
これが、七五三で着る正式な服装となります。そして、お参りに行くときも、これらの衣装を着てお出かけしていました。ところが現代では、普段着物を着なくなりました。こうして徐々に、七五三で切る衣装の統一性が薄れて、現代ではお参りに着て行く服装に決まりはなくなりました。一つだけ残った習慣があります。
七五三の衣装= 正装/着物
 
 

七五三の子供のレンタル衣装の活用!

「子供の正装」。実はこれが一番難しいですよね。この年齢の時の服は、どれも一回しか着ることができません。
 

一般的な七五三の認識は?

服装に決まりはありません。「子供は着心地の良い服」、もしくは「子供用のスーツ」が、「レンタルの和服衣装」というの一般的です。
 

七五三にはレンタル衣装の活用?

お参りに行くときの服装は、普段着で構わない。スーツで構わない。5歳の男子は紋付き羽織りに袴、7歳の女子は着物を着ても着なくても構わない。つまり、基準がないと言う事がお分かり頂けたと思います。
 
ただし!お参りに行くときの「礼儀としての服装」と、写真に残す「思い出の服装」は別問題となります。お参りに行くときはご家庭で決めた服装で、思い出に残したいときには、古来から伝わる5歳男子の正装と7歳女子の正装を残しておきたいものですね。
 

スポンサードリンク

七五三のときの親の服装は?

七五三の子供の正装と、お参りの服装、写真の服装の違いはお判りいただけたと思いますが、子供と一緒にいる親の服装はどうしたら良いのでしょうか?
 
子供が正装するなら「親も張り切って正装!」と考えるかもしれませんが、張り切らないでください。主役は子供です。もし、子供が正装にする場合の両親や付き添いの服装は・・・

和服・・・訪問着/色無地で格の高いもの
 
成人式の様な派手な和服や、葬儀の時の様な黒は選ばないでください。
  
 

最後の一言

現代の七五三を極端にまとめると、「私服でお参りして伝統の服装で写真を撮る」という人が多くなりました。正装する場合は「スーツでも構わない」、本来の正装とは「5歳男子が紋付き羽織りに袴、7歳が着物」となります。それでは、衣装の支度を整えて、気をつけてお参りにお出かけくださいね。
  
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 秋の行事