あっとすしでほっとして

留守神は神無月でも神社にいる?10月のお参りは効果がある?

   


 
10月の神無月には、神様が出雲の大社に出向くまたは里帰りするので、神様がいなくなる月、神が無い月といわれています。でも、中には出かけない神様もいて、そんな居残る神様を留守神と呼びます。そんな留守神と10月のお参りについて説明します。
 

スポンサードリンク

神無月でも留守神は出かけない?

留守神という、あまり耳にしたことがない神様がいます。神無月に全ての神様が出雲へ出かけると言われていますが、留守神はその土地に居残っています。
 

神無月には神社に神様はいない?

神社に祭られている神様、例えば、伊勢神宮の天照大御神(あまてらすおおみかみ)や、出雲国の主神の大国主命(おおくにぬしのみこと)は代表的ですが、建御雷命(たけみかずちのみこと)や伊邪那岐命(いざなぎのみこと)など、神社ごとで異なる御祭神を祀っています。
 
他にも、多数の神様を神社事で祀っていますが、10月にはこれらの神様が揃って出雲に集まると言われています。それでは、一体どんな神様が残っているのでしょうか?
 

出雲に行かない留守神とは?

秋のお祭りで祀られる神様、収穫に関わる神様など、神無月に祭られる神様は出雲へは行きません。居残る神様を分類すると、「生活に関わる身近な神様」「神社に祀られる一部の神様」がいます。

・身近な神様とは?
かまどの神様、荒神様、屋敷の神様、山の神様、田の神様、
 
・社殿にいる神様とは?
恵比寿神(エビス様)、荒神様の一種の御竈様(オカマ様)
 
 

恵比寿と御竃様とは?留守神は何をしている?

それでは、居残る留守神様は、なせ出雲へ出かけないのでしょうか?また、留守神は神無月に何をしているのでしょうか?
 

なぜ出雲へ行かない?

エビス様(恵比寿様)は、大漁の神様ですが、同時に食べるのが好きだと言われています。出かけるよりも留守番をして食べている方が好きだから。と言われています。
 
オカマ様(御竈様)は、地域によって二つの説があります。一方は、足が悪いから出雲へ行く事が出来ないため居残るという説。もう一方は、出雲に出かけるという地域もあります。
 
身近な神様は、収穫を祝い山に帰って行きます。それが田の神様や山の神様です。また、樹木や家にまつわる荒神様も秋に祀られるので、出雲には行きません。
 

神無月には留守神は何をしている?

神無月の1日に神様たちは出雲へ出発、月末に戻ってきます。その間、次のようなことを行って留守神様を祀ります。

「団子作り」は、神無月の1日になると、36人いるオカマ様子供の人数分作ると言われています。
 
「エビス講」はえびす神やかまど神を祀る行事で、現在の神無月の10月20日か、旧暦の神無月の11月20日に、五穀豊穣、大漁、商売繁盛などの祈願を行います。
 
「ルスイギョウ」という、荒神様/留守神様へ食べ物を供えます。この時にはうどんやぼた餅などを備えると言われていますが、家庭や地域ごと異なります。
 

スポンサードリンク

神無月と神在月のお参りに効果はある?

神無月には神様がいないのだから、10月に神社へお参りする意味がないのでは?と思われるかもしれませんが、そんな事はありません。また、出雲では神様だらけだから効果が高いのでしょうか?

・普段のお参りと御祭神!
神社によって御祭神が異なりますが、神社へお参りに行こう、勉学にご利益がある、縁結びの神社へ行こうと考えるのであって、天照大神にお参りに行こうという人は少ないと思います。この時期は、留守神様が居残ってくれているので、もぬけの殻ではありません。
  
・神様は物理的に神社にいる訳ではない?
普段、神社の中に鎮座して働いている訳ではありません。また、祈願して(願いを祈る)努力するのであって、お願い事を叶えてくれるわけでも、願望を届けてくれるわけではありません。神社へ行って参拝する行為に意味があります。
 
 

最後に一言

神無月でも留守神様が残っています。留守神様には色々いらしゃいますが、10月に参拝したからと言って意味がないわけではありません。
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - お祭り