あっとすしでほっとして

柿を食べると体を冷やしてお腹を壊す?どんな栄養がある?

   


 
昔から、「柿を食べると体を冷やす」「柿を食べるとお腹を壊す」と言われてきましたが、どうしてこの様に言われてきたのでしょうか?本当に体調を崩す果物なのか、どんな栄養が含まれているのか、そんな柿について説明しましすね。
 

スポンサードリンク

柿は体を冷やすというのは本当?

「柿を食べると体を冷やす」と言われていますが、何を根拠なのでしょうか?確かに、夏野菜のキュウリやナスは体を冷やすと言われています。他にも、レタスやキャベツなど葉物野菜も体を冷やすと言われていますが、果物の場合はどうなのでしょうか?先ずは、体を温める食材と冷やす食材を紹介しますね。
 

体を温める/冷ます食材とは?

夏野菜全般と地面の上にある野菜類は、体を冷まします。根野菜、つまり、地面の下の野菜とニラやトウガラシなどは、体を温める食材となります。
 

柿はどうして体を冷やすの?

これには、二つの説が考えられています。一つ目は、柿には利尿作用のあるカリウムが含まれているので、トイレに行く回数が増えるといわれているからです。二つ目は、柿にはタンニンが含まれています。これが鉄分の吸収を妨げて、貧血になりやすいからだと言われています。
 
ただし、1日に1個や2個食べた程度で、急にトイレの回数が増えたり、貧血になる訳ではありません。何でも食べ過ぎはよくありませんが、柿も同様で食べ過ぎた場合と考えると良いでしょう。
 
 

柿にはどんな栄養があるの?

柿の栄養の中で多く含まれているのは、「カロテン」と「ビタミンC」ですが、他にはどんな栄養が含まれていて、それぞれどんな効果が期待できるのでしょうか?
 

どんな栄養が含まれているの?

柿”100g”に含まれる栄養です。※参考:日本食品標準成分表

〇栄養概要
カロリー・・・60kcal
 
水分・・・83.1g
 
タンパク質・・・0.4g
 
脂質・・・0.2g
 
炭水化物・・・15.9g
 
食物繊維・・・1.6g
〇無機質
 
ナトリウム・・・1mg
 
カリウム・・・170mg
 
カルシウム・・・9mg
 
マグネシウム・・・6mg
 
リン・・・14mg
 
鉄・・・0.2mg
 
亜鉛・・・0.1mg
 
銅・・・0.03mg
 
マンガン・・・0.5mg
〇ビタミン類
 
・ビタミンA
β―クリプトキサンチン・・・500μg
β―カロテン・・・420μg
レチノール・・・35μg
 
・ビタミンC・・・70mg
 
・葉酸・・・18μg
 

代表的な栄養の効果は?

・β-カロテン(carotene)
ドイツ語では「carotine」と書いて「カロテン」、英語で「カロチン」と呼びますが、この成分は、カルテノイドの一種で、ビタミンAに変換される栄養素。役割は「皮膚・粘膜の健康を保つ」「細胞の増殖などに関わる」「抗酸化作用(血管の老化防止、若さを保つなど)」「免疫を活発にする作用」となります。
 
・ビタミンC
タンパク質の一種のコラーゲンを作るのに必要な栄養素で、ストレス(病気の抵抗力、気温の変化、疲労、睡眠不足、労働)への抵抗力を高めてくれます。生野菜と果物から多く摂取できますが、茹でたり火を通すとビタミンCは流れ出てしまうので注意してください。野菜も果物も生で食べると多く摂取しやすいです。成人の1日の摂取量は100mgなので、柿1個/1日の約2/3がとれる。という事になります。
 
その他にも、色々な栄養が含まれていますが、それは他の果物も同様。柿からは、主にこの2つの栄養が多く摂取できて、少しづつ食物繊維や葉酸など補足的な意味で考えるといいでしょう。
 

スポンサードリンク

柿でお腹を壊すと言われるのは何故?

もう一つ、「柿を食べるとお腹を壊す」という言葉があります。体を冷やす可能性について説明しましたが、お腹を壊すとはどんな理屈なのでしょうか?
 

柿は本当にお腹を壊す?

柿に限らず、果物は水分が多いので、食べ過ぎればお腹を下す、壊すことは十分考えられます。また、トイレに行く回数が増えるイコール、お腹の調子が悪いとも解釈できます。いずれにしても、食べ過ぎと腐っていること以外、お腹を壊すと言う事はありません。
 

便秘に注意?整腸作用がある?

先ほどご紹介した「タンニン」には、整腸作用の効果もあります。主に、お腹を下している時に摂取すると、下痢を抑えてくれます。タンニンが粘膜の分泌を抑えてくれるからなので、逆に食べ過ぎると、便秘の元にもなりかねないのでご注意を!
 
 

最後に一言

秋の味覚「柿」は美味しいですけど、食べ過ぎないようにご注意を!1日に1~2個程度を目安に食べて下さいね。
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 秋の食材