あっとすしでほっとして

お宮参りの服装は何を着る?夫婦と子供の服はどうする?

   


 
子供が出来て最初のお出かけする習慣といえるお宮参りですが、幼い子供に一度きりの服を買おうか、自分達は子供に合わせようか、何を着ようか迷うと思います。そんな、お宮参りの時の、大人の服装と子供の服装について説明します。
 

スポンサードリンク

お宮参りの服装は何を着たらいいの?

お宮参りは、初宮参りや初宮詣とも呼ばれ、子供が生まれて「男子は31日後」「女子は32日後」、または「生後1か月」の時に神社にお参りに行く習慣の事です。そんなお参りは、何のために、どんな服装で行けば良いのでしょうか?
 

何のためのお宮参り?

子供が生まれた事を報告や感謝をするために、住んでいる土地の神社や、子供が生まれた土地の神社にお参りに行きます。元は氏神(地域を治める一族のあがめる神様)、産土神(昔からその土地に祭られている神様)へ参る慣わしでしたが、現在は土地を治める一族も、土地を守る神様も曖昧になっているので、最寄の神社にお参りに行くのが一般的です。
 

お宮参りの服装は?

大事な報告と感謝として出かけるので、本来は「正装」が基本です。ところで、正装には和洋があります。これについてはどちらでも構いません。現代風にスーツでも、日本伝統の和服でもお好みでどうぞ。一方、カジュアル(平服)という人もいますが、何も問題はありません。お参り先が、氏神・産土神への報告から最寄の神社に変化したのと同様、服装もまちまちで構わないように変化しています。
 
 

お宮参りの夫婦の服装は?

正装でも平服でも構わないとなって最初に気になるのが、「夫婦で何を着ていくかの感覚の違い」がある事ではないでしょうか?
 

着て行く服を合わせる!

何を着て行くか」に男性も女性も関係ありません。だから、先ずお互い「和服正装」にしたいのか、「洋服正装」にしたいのか、「普段着」にしたいのか意見を出し合ってください。何故なら、夫婦で生まれ育った環境が異なると、近所の家のトイレにお米をもってお参りする雪隠参りや、おでこに「X」や「犬」を着てお宮参りするなど習慣が異なる場合があるからです。お互いの”当たり前”を出し合い、話し合うと良いですよ。
 

両親や義理両親も一緒にお参りするときの服装は?

一番はお子様の行事、二番は両親が子供と外出する最初の行事、三番はそれを祝う親族となります。子供は自分で切る物を選べないので、両親が決める事になります。だから、親族が一緒にお参りに行く場合は、両親の服装に合わせるか、自分達は別と割り切って好きな服装で行くと良いでしょう。流石に、孫や甥姪の為に一族揃って和服のレンタルという訳にはいかないでしょうから。
 
※注意して欲しいこと
地方や家によっては、決められた神社に行く場合があります。先程の氏神や産土神といった、決められた神様に報告するという習慣がある場合があるからです。その場合、祖父母が我が一族はここ!という意見があるか確認してから、仕来りに合わせた服装を選ぶと良いでしょう。
 

スポンサードリンク

お宮参りの子供の服装は?

子供のお参りデビューがお宮参り。記念の写真も晴れ着も、精一杯飾ってあげたいという家庭と、とりあえずお参りに行ければそれでよしという家庭などがあります。どんな服で行けば良いのでしょうか?
 

子供も正装が必要?

正式には、子供がメインだから「赤ん坊が正装する」します。その子供の服装に合わせて、付き添いの両親や親族の服装を決めます。もう一つ、「格式」を子供に合わせて決めます。正装と言っても、正装、準礼装などもあるので、お参りに行く人達は子供に合わせて決めて下さい。
 
 

最後に一言

親の都合があると思いますので、無理に和服にする必要はありませんが、子供と最初のお出かけ行事なので、記念に残るようにお出かけをしてみてはいかがでしょうか。
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 秋の行事