あっとすしでほっとして

関東のあやめ祭りでおすすめはどこ?6月が見頃の花!

   


 
6月が見頃の花の一つに「菖蒲・あやめ」というがあります。そして、この時期にあやめを楽しむイベント、「あやめ祭り」は梅雨時期の遊びには外せません!そこで、関東で有名なあやめ祭りの、開催時期、開催場所、見どころなどの紹介をします。
 

スポンサードリンク

あやめ祭り!佐原あやめパークの見頃は?

都心から日帰り出来る、千葉の水郷筑波国定公園内にある水郷佐原あやめパーク!そんな公園で開催される、「あやめ祭り」の見頃と見どころなどを紹介しますね。
 

水郷佐原あやめ祭りの見頃は?

「あやめ祭りの期間」は、平年では6月上旬から下旬。見頃の時期は「6月上旬~中旬」となります。ただし、その年の天候によって、花の開花時期や見頃が変動するのでご注意下さい。
 

水郷佐原あやめ祭りのみどころは?

あやめ祭りの楽しみ方は、ただ花を眺めて散策も結構ですが、子供連れで言っても、犬を連れて行っても楽しむことができます。

その1・・・約400種類、約150万本の花菖蒲(ハナショウブ)
 
その2・・・子供が遊べる滑り台やロープがある「森の遊び場」!
 
その3・・・園内舟めぐり(4~10月)・8:30?18:00(有料)
 
その4・・・犬連れで遊べる!ドッグランあり
 

水郷佐原あやめ祭りの行き方と場所は?

それでは、佐原のあやめパークの行き方、駐車場、公園の詳細などを紹介します。


休園日・・・毎週月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/28~1/4)
 
入園料・・・無料~¥800(期間によって異なる)
 
あやめ祭り期間・・・無休、入場料大人/¥800、~中学生¥400
 
場所・・・千葉県香取市扇島1837-2
 
行き方
電車・・・JR成田線・佐原駅→ バス「水郷佐原あやめパーク」→ 徒歩1分
車・・・東関東自動車道・大栄IC(16km)・佐原香取IC(14km)・潮来IC 
駐車場・・・無料/500台
 
 

茨城水郷潮来あやめ祭りの見頃は?

北関東のあやめの名所、茨城県潮来市の水郷潮来あやめ園で開催される「水郷潮来あやめ祭り」!その見頃の時期と見どころ、そして開催場所について紹介しますね。
 

水郷潮来あやめ祭りの見頃は?

1952年(昭和27年)から続く「潮来あやめ祭り」ですが、開催場所の「水郷潮来あやめ園」として開園されたのは1976年(昭和51年)。そんな潮来あやめ園のあやめのお祭りと、見頃は次の通り。

潮来あやめ祭り開催期間・・・平年では毎年5月最後の土曜日~6月最後の日曜日
 
見頃の時期・・・6月上旬~中旬
 

水郷潮来あやめ祭りの見どころは?

あやめ祭りなので、どれくらいあやめが見られるのか?また他にも楽しみ方はないのか紹介しますね。

その1・・・約500種類、約100万本の菖蒲(ショウブ)
 
その2・・・ライトアップ・18:30~22:00/ 祭り期間毎日
 
その3・・・嫁入り舟が見られる!(曜日限定)
 
その4・・・ろ舟遊覧・9:00?16:30/ 手漕ぎ船で水路を遊覧(有料)
 

水郷潮来あやめ祭りの行き方と場所は?

肝心の、水郷潮来あやめ園の行き方と、公園情報について紹介しますね。


 
開園日・・・年中無休
 
入園料・・・無料
 
場所・・・茨城県潮来市あやめ1-5
 
行き方
電車・・・JR鹿島線・潮来駅→ 徒歩3分
車・・・東関東自動車道・潮来IC→ 約10分
 

スポンサードリンク

あやめ祭りが開催される堀切菖蒲園と飯山あやめの里は?

さて、都心近くで開催されるあやめ祭りがあれば気軽に行けるのに・・・と思いませんか?そこで、都内と関東の西に位置する厚木の「あやめ祭り」を紹介しますね。
 

東京の堀切菖蒲園のあやめ祭りは?

東京23区内にもあやめ(花菖蒲)が楽しめる公園があります。その一つ、葛飾区の「堀切菖蒲園」では、6月上旬から中旬にかけて花菖蒲が見頃となります。


 
場所・・・ 東京都葛飾区堀切2-19-1
 
開園時間・・・9:00~17:00(時期によって変更する場合あり)
 
休園日・・・年末年始(12/28日~1/3)、毎週月曜(祝日の場合は翌日が休み)
 
行き方・・・京成電鉄・堀切菖蒲園駅→ 徒歩約10分
 

神奈川の飯山あやめの里のあやめ祭りは?

飯山の小鮎川・久保橋近くの休耕田付近に、約5000株のハナショウブが植えられました。毎年6月に「あつぎ飯山あやめまつり」が開催され、散策が楽しめます。


 
場所・・・神奈川県厚木市飯山1210番地付近の水田
 
行き方
・東名高速道路・厚木IC→ 約30分
・圏央道・海老名IC→ 約40分
・バス・小田急線・本厚木駅北口→ 上飯山行き/ 宮ヶ瀬行き・小鮎久保バス停→ 徒歩約5分
 
 

最後に一言

今回ご紹介した「あやめ祭り」ですが、菖蒲とかいて「あやめ」とも「しょうぶ」とも読みます。そして、この時期に開催されるのはハナショウブという植物の花を楽しみます。それでは、あやめ祭りを楽しんできて下さいね。
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 植物に関して