あっとすしでほっとして

雨が降らなくても梅雨入りする?目安の時期はいつ頃?

   


 
梅雨とは、連日雨がジトジト降って、どこもジメジメと蒸し暑いというイメージがあると思います。そんな梅雨が始まることを「梅雨入り」と言います。でも、梅雨になっても全く雨が降らないのはよくあること。それでは、梅雨入りとはどんな意味なのでしょうか?
 

スポンサードリンク

雨降らないのになぜ梅雨入り?

梅雨入りしたなと思ったら、連日全く雨が降らないなんてことが、近年よくあります。雨が降るから梅雨なのに「雨が降らなくても梅雨なの?」と疑問になりませんか?
 

雨と梅雨入りの関係は?

一般的には、春の終わり頃から秋にかけてシトシト雨が降る季節を「梅雨とイメージ」すると思います。または、6月頃雨が降るから「この時期を梅雨」と考えられていると思います。
 

梅雨入りは何が基準で決まるの?

梅雨入りには二つの基準が関わってきます。簡単に言うと「気象的な意味で前線の動き」として見る合と、「暦から見た場合」として梅雨入りが捉えられます。
 
それでは、この二つの意味をもう少し詳しく説明します。
 
 

梅雨入りとはどんな意味で使われる?

春の季節から雨の降りやすい時期に変わり夏になります。この「雨の降りやすい時期が始まる事を梅雨入り」と言いますが、この時期に雨をもたらす「5月頃から前線が停滞する事」も梅雨入りと言います。
 

5月頃から前線が停滞する事とは?

普段は低気圧と高気圧がぶつかる境目に前線が出来て雨が降ります。でも、北から来る「冷たくて乾いた気団」と、南から来る「暖かくて湿った気団」がぶつかると、長い周期で冷たい空気と温かい空気が、ゆっくり南から北へ移動します。
 
丁度、春~夏に変わる時期になると、北の冷たい空気と南の冷えた空気が、日本の上空でぶつかって雨を降らす前線が発生します。これを「梅雨前線」と言い、梅雨前線が日本列島上上空に停滞し始めることを「梅雨入り/入梅」といいます。
 

雨の降りやすい時期の梅雨入りとは?

雑節に「入梅」という言葉があります。この入梅とは「現在の6月11日頃」の事で、旧暦上の「芒種の最初の壬の日」を指していました。
 
つまり、梅雨前線が日本付近に停滞することと、旧暦の芒種の最初の壬の日を「梅雨入り」といいます。それでは、現在の梅雨入りはいつ頃なのでしょうか?引き続き説明します。
 

スポンサードリンク

梅雨入りの目安の時期はいつ頃?

これまでの説明で、雨の有無と梅雨入りは関係ないということが分りましたが、それでも梅雨入りしそうな日の目安はあります。
 

平年の梅雨入りはいつ頃?

その年と地域によって異なるので、首都のある関東地方で説明します。平年の梅雨入りは6月上旬となります。因みに、早い年は5月下旬頃、遅い年で6月中旬頃梅雨入りしています。
 

昔は梅雨入りはどんな役目があったの?

雑節の基準は全て農業に沿っていました。そこに旧暦を当てはめて生活してきました。梅雨入りは田植えが終わる頃と大体重なります。暖かい南では田植えも梅雨入りも早く、北に行くと田植えも梅雨入りも遅くなります。
 
 

最後に一言

それでは、現代の梅雨入りは、「梅雨前線」が住んでいる地域の上空に停滞し始める事なので、5月頃から天気予報を確認して「梅雨前線」の動きをチェックしてくださいね。
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 夏の行事