あっとすしでほっとして

花粉が食べられたら栄養のバランスは良い?植物と生物の進化!

   


 
アレルギーの人にはイヤな花粉。でも、その花粉の栄養成分は、とってもバランスがとれていますが、人間の食事と比べるとどうなのでしょうか?そんな、植物と花粉の始まりと、昆虫の役割、そして、栄養成分について説明します。
 

スポンサードリンク

花粉が食べられるなら栄養成分は?

花粉の役割は、学校で習うとおり、おしべがめしべに受粉して種を作って植物を増やすことです。そして、その花粉を運ぶのは生物か風になりますが、ただ運ぶだけでなく、生物にもメリットが無いと行けません。
 

生物が花粉を運ぶ代わりに・・・?

例えば、花の花粉の場合、蜜や花粉を生物のエサにします。つまり、花粉には二通りの役割があります。受粉するための花粉と、エサにするための花粉や蜜です。
 

花粉の栄養成分は?

花の種類によって多少前後しますが、一般的な成分は次の通りです。

水分・・・9~20%
 
タンパク質・・・19~28%
 
糖質・・・18~23%
 
脂質・・・1.2~16%
 
その他・・・1.6~10%(ビタミンやミネラルなど)
 

人間の食べ物と比較するとどうなるの?

例えば、花粉と秋刀魚+ご飯を比較すると、成分内容はほぼ同じような比率になります。

秋刀魚の成分
水分約50%、タンパク質約25%、脂質約20%、その他約5% + お米の炭水化物
 
花粉の成分
水分約10%、タンパク質約25%、脂質約20%、炭水化物約20%、その他約25%
こうして見ると、花粉を運ぶ生物も人間も同じような栄養を摂取していることが分かりますよね。
 
 

花粉にはどんな役割があるの?

花粉には2種類の目的、「運んでもらう花粉」「生物が食べる花粉」があると説明しました。そして、この花粉は受粉させて子孫を残すという役割があります。
 

花粉を運ぶ生物とは?

鳥や昆虫など、花粉を運ぶ生物を「日本語で送粉者」「英語でポリネーター」といいます。このポリネーターが、他の花の蜜を吸う、他の花粉を食べるとき、体に付着した花粉を残して受粉します。
 

風が運ぶ花粉とは?

生物をおびき寄せて運んでもらわずに、散布して受粉させる植物があります。例えば、杉や松などの針葉樹が良い例ですよね。そう、花粉症の元になるのは、主にこうした花粉を散布する植物が原因となっています。
 

スポンサードリンク

花粉と植物の始まりは?

太古の昔、植物がまだ水中にあった頃は、水を通して精子と卵子が合わさって、子孫を残してきたと考えられています。
 

陸上に進出したての植物は?

コケやシダ類が良い例で、これらの植物は、「受精/胞子」で繁殖します。ちょっと意外かもしれませんが花粉ではありません。
 

何故花粉が発生したの?

水中と違って、陸地は乾燥しています。その乾いた空気でも繁殖できるように、風や生き物に運んでもらえるように進化したと考えられています。
 

いつ頃花粉が登場するの?

大体、白亜紀頃には現在の様な被子植物が広り、更に様々な花や花粉が増えたと考えられています。
 
 

最後に一言

鑑賞するための花の花粉、アレルギーの元の花粉など様々な花粉がありますが、それを運ぶ生物も私たちと同じような栄養を摂っています。これからはちょっと目線を変えて、ギャ花粉だ!とは言わず、バランス食品だ!なんて見てみてはいかがでしょうか?
 
 
参考:花粉問題対策事業者協議会(JAPOC)
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 生活情報