あっとすしでほっとして

若水汲みはいつどんな事をする習慣?正月の年中行事

   


 
近年耳にしなくなった若水汲みという、古来日本に定着していた習慣があるのをご存知でしょうか?この習慣はお正月行事の一つですが、どのような事をどうやって行うのか、現代では忘れかけている若水汲みについて紹介しますね。
 

スポンサードリンク

若水汲みとはどんな習慣?

この「若水汲み(わかみずくみ)」とは、元は宮中における習慣でした。元旦の朝、井戸から汲んだ一年で最初のお水をお供えしていました。これをワカミズ、またはハツミズ、アサミズといいます。
 

お供えした後の若水はどうするの?

この特別なお水で茶を沸かしたり、食事に使ったりしていました。
 

若水汲みは庶民の家では?

宮中と変わらず、1月1日のこと、元旦・元日に水を汲みますが、この作業は家長か長男が行うもので、その汲んできた水のことを(わかみず)と呼びます。そして朝、この若水を沸かして入れたお茶を、朝飲んでいました。
 
残念ながら近年では、井戸から水道に変わってしまい、この習慣が廃れてきています。勿論、水道で同じことをしても構いませんが・・・。
 

元旦だけの習慣?他には?

元旦が現在のに一年の始まりとなる前、立春が1年の始まりという考えがありました。だから、更に昔は「立春の早朝」に、井戸から汲む事を若水と呼んでいました。また、この頃から、水を汲むのは家や長男以外にも、男の仕事、年男の仕事で、女性は水に触れさせませんでした。
 
それでは、元旦のいつ頃、何故、水を汲んだのでしょうか?
 
 

若水汲みは元旦に最初に行う習慣?

この習慣は、元旦の朝、最初に行います。早朝その家の井戸に塩と昆布をお供えして水を汲んだり、汲んできた水をお供えしました。それでは、何故そんなに朝から水を大切にしたのか疑問が出てくるのではないでしょうか?
 

若水は何故大切だったの?

1年で一番最初に汲む水には「邪気を払う」、または「若返る効力がある」と信じられていたからです。また「若水=福」を汲むと考えられていたからです。
 

若水を使うことは何て言うの?

そんな、有難い若水は、「供え物」「食事に用いる」「口をすすぐ」「お茶を入れる」、そんな事を「若水迎・わかみずむかえ」と呼んできました。
 

スポンサードリンク

若水汲みはどんなやり方がある?

宮中でも庶民でも、共通するのは「井戸の水」を汲むことです。だから、ほぼ全国的に、この若水汲という習慣は定着していますが、やり方や作法が少し異なります。
 

どこでどんなやり方がある?参考例!

「水の汲み方」「水を汲むときの唱え方」がありますが、地域によってその作法は様々です。参考例を挙げますね。

・岩手県
正月の奇数日にしめ縄を張った手桶と柄杓で汲む
 
・秋田県
明け方鏡餅を入れた若水桶を持って、人に会わないように井戸へ行き、餅を千切って供えて唱える。「年初めの年男、若水汲むとて白銀汲んだ」
 
・福島県
水を汲むとき、「何故汲む、米汲む、黄金さらさら、さらっと汲む」
 
・島根県
「水は汲まずに福を汲む」
 
・岡山県
「福を汲む、徳を汲む、幸いを汲む」
 
 
 

最後に一言

元旦の朝、最初に汲む水を供え、清い水を取り込むことで福を取り込んだり、若返るというのが「若水汲み」の習慣となります。
 
それでは、最初に出す水道水だとしても、1年で最初の穢れの無いお水です。試しに行ってみてはいかがでしょうか。
 
参考:日本の年中行事
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 冬の行事