あっとすしでほっとして

卒業式と入学式に着る父親のスーツはダブル?シングル?

   


 
子供の入学式や卒業式に参加する時の父親の服装はスーツが主流ですが、礼服なのか、仕事着なのか、シングルなのかダブルなのか、色々ありますよね。そこで、シングルとダブルどちらが合っているのか、また注意するポイントについて解説しますね。
 

スポンサードリンク

卒業式や入学式に父親が着るスーツはダブル?

子供の入学式、卒業式は、親にとって子供との思い出の一つですよね。そんなとき、おかしな服装で恥はかきたくないものです。特に父親の場合は、スーツを着て行く人が殆どですが、様々なスーツがあります。そこで、注目死体のが「型」と「色」です。
 

ダブルのジャケットの位置付けは?

ダブルとは、ボタンが二列あるスーツの事。日本の風潮で、ダブルは正式な場で着るジャケットで、シングルは略式や仕事着というイメージが定着しています。これは日本のことで、ヨーロッパや北米ではシングルとダブルに格差は無いとされています。
 

ダブルのジャケットの利点は?

ダブルは、シングルより体が大きく見えるジャケットです。そこから、地位や立場を大きく見せたいという職種の人から偉い人が着るスーツへ、更にシングルより格式の高いジャケットというイメージが定着していったようです。
 
別な視点から、ダブルの良い点は、胴回りを隠せる、運動選手の体型でもスッキリ見せられるという利点があります。
 

ダブルのジャケットの由来は?

ボタンが二列あるのは、ちゃんと理由があります。船上で風が吹くときは前を閉じます。この時、左から吹く風のときは右側を下、右から吹く風のときは左側を下にするという、防寒が始まりだといわれています。格式とデザインは関わりません。
 

ダブルのスーツは式典で着ておかしくない?

肝心の「ダブルは式典で着られるの?」という事ですが、本来はシングルとダブルは、状況に合わせて着別ける必要はありません。でも、一部の「ダブル= 格式が高い」と考えている人達は訝しむ可能性がある、ということを念頭に置いて着て下さいね。

・恰幅の良い人には着やすい
 
・式典にダブルでも構わない
それでは、シングルの場合は?ダブルと何が違うの?と疑問がでてきませんか?
 
  

卒業式や入学式に父親が着るスーツはシングル?

現代の日本でスーツといえば、シングルのジャケットと同じ生地とデザインのパンツという出で立ちです。シングルスーツの用途はご存知の通り、仕事・礼服・私服など様々です。
 

シングルスーツの始まりは?

19世紀にコート(モーニングコート)の裾を落としたのが始まりです。イギリスで始まったこの短い上着が徐々に広まり、やがて仕事で着る服、つまりビジネススーツとして定着していきました。
 

式典ではシングルスーツで構わない?

現在の主流はシングルスーツなので、「シングルかダブルを着るか」と考えたとき、シングルの方が使い勝手が良いという利点があります。
 
子供の入学式、卒業式で着るスーツは、仕事でも式典でも着られる「幅広く使えるシングル」が、一般的に定着しています。

・式典ではシングルが主流
 
ここで考えたいのが、子供の入学式や卒業式は、シングル・ダブルよりも、色や柄の方が重要なことです。どんなことに注意すれば良いのでしょうか?
 

スポンサードリンク

卒業式や入学式で着るスーツは色と柄に注意!

子供の入学式や卒業式は、お目出度いことですよね。だから、結婚式やお葬式と同じ様に「式典」と考えそうですが、冠婚葬祭とは異なるお祝いの式典となります。
 

入学式や卒業式で黒は着ない?

礼服の基本は「黒」ですが、学校の場合はちょっと異なり、紺や濃紺となります。黒は避けられているので、気を付けて下さいね。
 

入学式や卒業式と仕事で併用できる?

ビジネスのときは、ストライプや無地、明るい色や濃い色など、生地やデザインに制約が少ないですよね。一方、学校の式典の場合は、落ち着いた色とデザインが好ましいとされているので、「無地」「紺・濃紺・濃いグレー」が基本となります。
 
因みに、結婚式やお葬式出来る礼服は「黒」と世界中で定着しています。

・ビジネススーツ
明るい色から濃い色、ストライプがあるものから無地など、黒と派手過ぎなければ、自分の好みと取り入れることが出来ます。

・礼服
基本は「黒」です。仕事のときや普段は着ません。

・幅広く使えるスーツ
無地で紺・濃紺・濃いグレーは、仕事や就職活動と入学式や卒業式など、幅広く着ることができます。
 
「ビジネス」「礼服」「幅広く使う」と分けて考えると良いですよ

 
 

最後に一言

それでは、子供の学校の入学式や卒業式では「ダブルでもシングルでも構わない」「色は紺かグレー」「柄は無地」のスーツを着用して出席してくださいね。
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 春の行事