あっとすしでほっとして

4月こと座流星群が見られる期間と方角は?準備する物は?

   


 
4月の天体イベントといえば、4月こと座流星群が発生!春の夜はちょっと肌寒い気温で、虫がいないこの時期は、快適に夜空を見上げる事が出来ますよ。そんな、4月こと座流星群が見られる期間と発生する方角、またおすすめの準備する物について紹介しますね。
 

スポンサードリンク

4月こと座流星群はいつからいつまで見られる?

毎年4月の中旬には、「4月こと座流星群」という天体ショーが発生します。以前は「こと座流星群」でしたが、国際的に「4月こと座流星群」と統一されています。
 

流星群の発生期間と見頃の違いとは?

流星群とは、「一日で終わらずに、一定期間発生し続ける」という特徴があります。そして、世間で「流星群の見頃」と紹介されるのは、最も多く流れ星が発生する日の事で「極大日」といいます。因みに最も多く発生すると思われる時刻のことを「極大時刻」といいます。
 
目安は極大日の「1週間前頃から」、一定の星座の方向を中心に流れ星が発生しますが、流星群ごと異なるのでお忘れなく。そして、極大日の後数日で流星群が終了します。

4月こと座流星群はいつが極大日?
期間:4月16日頃~25日頃
 
極大日:4月22日~23日の夜
 
極大時刻:朝2~3am頃
流星群は、ある一定の方向で発生するものです。それでは、どの方向を見たら良いのでしょうか?
 
 

4月こと座流星群はどの方角で見られる?

基本的にこの流星群は、「こと座」がある方向を中心に流れ星が発生します。でも、例外はあるもので、全天で見ることが出来ます。
 

夜空のどこを見たらいいの?
見る方向・・・空全体を見渡す
 

こと座はどの辺りにある星座?

割と北極星に近いので、1年中見ることが出来ます。「はくちょう座」「りゅう座」「ヘルクレス座」の隣に位置しています。

こと座の目安・・・夏の大三角「ベガ」の位置
 

4月こと座流星群とはどんな流星群?

折角なので、もう少し詳しく、この流星群のことを紹介しておきますね。

日本名:4月こと座流星群
  
学名:April Lyrids
 
発生数:約20個/1時間
 
母天体:C/1861G1 Thatcher
 
歴史:
紀元前687年に中国で記録が残っている古い流星群の一つです。一時期は1時間に約500個以上(15分/約160個)観測されたといわれていますが、近年は規模が小さくなって、1時間に約20個となります。
 

スポンサードリンク

4月の流星群観察にはどんな準備が必要?

しぶんぎ座やこぐま座流星群のように、真冬の極寒の中を寝っ転がって眺めるわけではありません。だから、油断しがちですが、4月の夜はまだまだ寒くて冷え込みます。油断せずに準備を整えてくださいね。

おすすめの準備する物は?
・エアーマット(敷物がわり)・・・底冷え対策&快適度アップ
 
・手袋・帽子・・・肌を出さないよう、防寒対策
 
・温かい内着と外着・・・フリースジャケットやセーター&防寒具
 
・スナック&軽食・・・食べて、体の中から熱を発生!
 
・暖かい飲み物・・・魔法瓶に詰めて持参するといいですよ
 
・タイツとロングソックス・・・足元から寒さを防ぎましょう!
 
▽ 天体観測の準備ならアウトドア用品がおすすめ! ▽


 

花見とセットの天体観測!

この時期ならではの楽しみ方で、「宵の口は花見」「深夜は流星群」のセットを楽しむことが出来ます。この流星群の機会を逃すと、次はGW明けの5月に発生する「みずがめ座流星群」になるので、花見&流星は難しいですよ。
 

4月こと座流星群を見るときの注意事項!
・公園など火気厳禁の場所では火を使わないでくださいね
 
・天気のチェック、晴れますように!
 
・月の時間のチェック、月が出てない時刻か、低い位置の時刻が狙い目!
  
 

最後に一言

ちょっと小規模な「4月こと座流星群」ですが、虫がいない、極寒ではない、花見と合わせて見る事が出来ます。楽しみやすい条件が整った流星群なので、機会がありましたら是非、夜空を眺めにお出かけ下さいね。
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 春の行事