あっとすしでほっとして

クリスマスの前日のイブとはどんな意味?他の日にも使える?

   


 
イブという言葉がありますよね。最も多く耳にするのが、12月24日のクリスマスイブではないでしょうか。でも、この「イブ」とは一体、いつの事を指すのでしょうか?また、他の日にもイブという言葉が使えないか、ご紹介しますね。
 

スポンサードリンク

クリスマスイブはいつ?

クリスマスイブはいつ?誰でも知っていそうな質問ですよね。はい、ご存知の通り12月24日の事です。正確には「12月24日の夕方~夜」の事を指しています。
 

クリスマスのメインはいつ?

クリスマスのメインは「12月25日の夜」、家族で過ごすというのが世間一般の認識です。でも、実際に日本では、24日の夜の方が盛り上がるのではないでしょうか。
 

イブとはどんな意味?

日本のクリスマスで盛り上がる12月24日の夜、つまりイブとは前夜祭の事です。語源は「evening」から「even→ eve」になりました。つまり、前日の夕方頃の事ですね。アダムとイブの人達ではありませんよ。
 
でも、イブという言葉はクリスマスだけに使われているのでしょうか?
 

ニューイヤーズもイブという?

英語圏で、クリスマスイブと同じくらい一般的に使われているイブに、「ニューイヤーズイブ」という言い方があります。
 

ニューイヤーズイブとは?

簡単に言えば「大晦日」のことです。例えば、「ニューイヤーズイブ何している?」と聞かれれば、日本では「紅白見て、除夜の鐘聞いて、ぼちぼち初詣に出かける」となるでしょう。
 

ニューイヤーズイブは海外では?

英語圏では特に何もありません。強いていうなら旅行に出かけて、滞在先で盛り上がるとか、地域や近所の人達と楽しむとか、それぞれ異なりますが、「ニューイヤーズイブどうする?ライブ行く?」のようなノリもありますよ。
 
つまり、「新年の前日の夕方~夜」のことという意味になります。そう考えると他にも応用が出来そうですよね。
 

スポンサードリンク

他にも使えるイブとは?

ここまで、代表的なクリスマスとニューイヤーを紹介してきましたが、他にも「イブ」が使えるのではないでしょうか?
 

例えばどんなイブがある?

誕生日の前日の夜、学校の文化祭や体育祭の前日の夕方以降、入学式・卒業式の前日の夜など、様々なイベントの前日の夜を指して「イブ」と使う事が出来ます。
 
つまり、クリスマスだけでなく、様々なイベント日の前日を指して使う事が出来る、という事です。
 
 

最後に一言

たまたま、海外の一大イベントのクリスマスが入ってきて、その前日をイブと認識されただけで、ちょっと見方を変えれば応用して使う事が出来ます。
 
それでは、これからは記念日やイベントの前日の夜には、「イブ」を活用してお楽しみください。 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 生活情報 ,