あっとすしでほっとして

大山の初日の出の時間と行き方とおすすめの服装は?初詣もできる!

   


 
東京都心や横浜の近くで初日の出が早く見られる場所、というと限られてきますよね。その中でも、ちょっと体力を使うけど、断トツに早くてお手頃なおすすめ場所が丹沢の大山!そんな大山の冬のハイキングの行き方と、初日の出の時間と、初詣について紹介します。
 

スポンサードリンク

大山の登山で初日の出を見て初詣をする方法!

丹沢の大山は春から秋はお手軽ハイキング、冬はちょっと難易度が上がるけど、天気が崩れない限りナイトハイキングで初日の出が楽しめます。しかも、新年早々、山歩き・初日の出・初詣ができるおすすめスポット!
 

大山山頂ハイキングと初日の出!

冬山登山と言っても、雪が積もっていなければ寒いだけの山です。初日の出を見るなら深夜(早朝3~4時頃)に登り始めればOK。勿論、個人のペース、年齢、体調によって時間は異なるので、自分に合った時間の計算をして下さいね。
 
・混雑状況
夏の週末でも、山頂は数十人~百人くらい。春や秋の週末は更に減り、平日となるとガランとしています。初日の出は?となると2~3000人が、狭い山頂に押し寄せるといわれています。それでも他の初詣スポットのように数万人と比べれば可愛いものですけどね。

 
・行き方
 
バス停→ 登山鉄道駅→ 徒歩
 
登山鉄道駅→ 登山鉄道で大山阿夫利神社。神社からハイキングで山頂
 
登山鉄道駅→ 全てハイキングで山頂へ
 
 
・難易度
 
・地面が凍っている&雪や霜でぬかっているので、ハイカットブーツがおすすめ
 
・小学生も歩いています。(準備は万端にして下さいね)
 
・じっと動かないでいる時間が長いので、雪山のつもりの服装が必要。
 
・その日の天候と、その年の積雪量次第で、アイゼンが必要になる可能性はゼロではありません。
 
※注意
小学生は山を歩き慣れている、緊急でも親が対応出来るなど、自己責任で行動して下さいね。
 

※山頂はこんな感じの込み具合

 

大山神社からお手軽に初日の出!

大山の登山鉄道は、平年では大晦日は終日運行しています。選択肢は「歩く」「登山電車」二通り。ただし、早朝から日の出までの間は、”大”混雑は必至、と思ってくださいね。
 
※夜の大山神社。秋の写真です。

 

大山の初詣

折角、大山までお出かけしたなら初詣をしない手はありません!初詣できる神社は2か所!
 

・大山の山中の大山阿夫利神社
「大山阿夫利神社」は、初日の出スポット、道中、帰り道など立ち寄ることが出来ます。
 
・大山の北の麓・・・日向薬師
「日向薬師」は、見晴らし台経由で下山。
日向薬師バス停から徒歩10~15分の場所。
 
おすすめは宝物殿の国指定重要文化財!
鎌倉時代~平安時代作:
「薬師如来像」「薬師三尊像」「十二神将像」
 
江戸時代作:
「阿弥陀如来像」
 
※日向薬師の宝物殿公開は1年に3回だけ
「初詣・正月3が日」
「初薬師・1月8日」
「本尊開扉大法会・4月15日」
 
折角、大山まで行ったのならついでに初詣も済ませてしまえば一石二鳥!でも、その前に初日の出は何時頃なのでしょうか?
 

スポンサードリンク

大山の初日の出の時間と行き方は?

大山は、関東で有数の日の出が早く見られる場所です。目安に他の場所も紹介しますね。

平地の日の出時刻・・・6:50am頃
 
大山山頂・・・6:45am頃
 
犬吠埼・・・6:47am頃
 

大晦日に大山へ行く方法は?

車で行くことはできますが混雑します。推奨されている電車とバスでの行き方を簡単に紹介しますね。

・小田急線→ 小田急線・伊勢原駅下車
相模大野→ 片瀬江の島行き・X乗ったらダメ
      → 小田原行き・〇これに乗ります
 
大晦日は終日運行。
ロマンスカーか各駅停車を利用します。
相模大野~伊勢原駅は30分毎。
 
・伊勢原駅→ 神奈中バス・大山ケーブル行き
バス停下車した後、約15分階段を登ると「大山ケーブルカー」の乗り場に着きます。
 

大山で初日の出を見るときの服装は?

街中の冬の服装と、初日の出といっても冬のハイキングの服装は同じでないのはご存知の通り。頭から足まで、どんな服を用意したらいいか紹介しますね。
 

 
― 頭 ―
耳が隠れる帽子
ネックウォーマー/マフラーなど
 
― 上半身 ―
化繊の下着
発汗性の良いシャツ/長Tシャツ
フリースなど内ジャケット
ジャケット(ダウンジャケット/スキージャケット)
 
― 下半身 ―
化繊の下着
スキーなどのタイツ
発汗性の良いパンツ
風を遮るパンツ/スキーパンツ(ご来光待ちに役立つ)
 
― 足元 ―
ウールなど厚手で温かい靴下
滑らない靴(ハイカットがおすすめ)
 
― アクセサリーズ ―
ヘッドライト
手袋2つ(歩くときは薄手、ご来光待ちは厚手)
予備のライト
スナックと飲み物
 
※おすすめは?
「ストーブ」があれば、お湯を作ってお茶やラーメンも楽しめますよ。新年早々、山で鍋なんてオススメ!
筆者の体験:切った野菜とソーセージの辛いラーメン鍋で心身が温まりましたよ。
 

 
 

最後に一言

大晦日とお正月の天気次第ではありますが、是非お出かけして、新年早々イベントを楽しんできて下さいね!

その他→ 「大山の観光情報
  
  

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 冬の行事