あっとすしでほっとして

国内線と国際線の搭乗に間に合わない時の奥の手は?

   


 
飛行機に乗るには、セキュリティーを通ったり、荷物を預けたり、荷物と自分が別々に広い空港を移動して飛行機に辿り着きます。ところが、どうしても搭乗時間に遅れてしまうときがありますが、そんなときのちょっと役立つ対処方法を紹介しますね。
 

スポンサードリンク

国際線と国内線の空港到着時間はフライトの何分前?

飛行機に乗るときは、国内線・国際線共に「チェックイン」「預け荷物を渡す」「セキュリティーで検査」「搭乗ゲートへ移動」「順番に搭乗」と広い空港を移動しないといけません。だから、航空会社は空港に到着する時刻の目安を設けています。
 
国内線・・・出発時刻の1時間前
国際線・・・出発時刻の2時間前
 

〇チェックインはどうしたらいい?

空港に到着したら最初に行うのが「搭乗手続き」「預け荷物を渡す」を行うことです。空港内に設置された、各旅行会社のチェックインカウンターでこの手続きを行うのが最初の手順となります。

搭乗約2時間前から搭乗手続き開始
 ↓
各旅行会社のチェックインカウンターへ向かう
 ↓
大きな荷物を預ける。座席位置の決定
 ↓
持ち込み荷物、パスポート、搭乗券を持ってセキュリティーへ移動
 

〇セキュリティー検査はどんな手順?

金属や危険物、禁止されている物が無いか「X線」「金属探知機」で検査します。また必要に応じて、更に詳しく検査する場合があるので、係員の指示に従ってくださいね。20~30分並ぶこともあるのでお早めにどうぞ。

ポケットや腕時計など貴金属をトレイの上に出します。
 ↓
手荷物と一緒に「X線」を通します。
 ↓
自分が金属探知機を通ります。
 
※何も問題なければ数分で通過。問題があるときはその時次第。
 
※目安は出発時間の約1時間前に通過すること。
 

〇搭乗ゲートへの移動と搭乗までの流れは?

セキュリティーを抜けると、免税店やカフェなどがあるので、搭乗時間まで時間を潰すことが出来ます。

セキュリティーから搭乗口へ移動
移動時間は空港の大きさや搭乗口の位置によって異なります。
 
バスや電車で移動する事もあります。移動時間の目安は30分。
 ↓
搭乗開始。出発時間の30分前くらいから搭乗が開始されます。

※ここで買い過ぎて大荷物になると、機内持ち込みできない場合があります。
※搭乗口で預け荷物に預ける場合は、係員に従ってください。

 

スポンサードリンク

飛行機の搭乗時間に間に合わない時の対処は?

絶対に間に合わない!ギリギリに間に合わない!そんなときはまず航空会社へ電話してくださいね。そこで事情を説明してください。
 
ギリギリの場合・・・飛び込みで乗れるように手伝ってくれる場合があります。
 
また、大きな航空会社は、事故や渋滞など止むを得ない事情に備えて、搭乗者への対処が用意されています。勿論、その時その時の事情によりけりなので、確実にこの方法がある!とはいきませんが「止むを得ない事情」と連絡します。
 
奥の手・・・「パンクルール= フラット・タイヤ・ルール」と呼ばれています。
 

搭乗時間に間に合わない時のフラッ・タイヤ・ルールとは?

不測の事態というものは誰にでもあります。例えば車のパンクが良い例です。そこから着いた呼び名が「フラットタイヤ」、日本語では「パンク」に当たります。
 

どんなルール?

フラット・タイヤ・ルール・・・無料で次の便の空いている席を手配し直してくれます
 

フラット・タイヤ・ルールにも基準がある?

公式サービスではないので、一定の基準があるわけではありません。あくまでも各社の無料サービスと思って下さいね。

国際線は対応できない場合がある
 
出発の10分前までに連絡する
 
対応してくれない航空会社もあるけど連絡する
(念のために連絡!力になってくれる場合もあります)
 
再手配された便を長時間待ち、カフェで出費があるかも・・・
(航空券の買いなおしより安くつきます)
 
 

最後に一言

国際線は出発の2時間前到着、国内線は1時間前到着は、今や世界中の空港利用者の間では当然の暗黙のルールですが、予定通りに行かないことも多々あるでしょう。余裕を持って向かって行動プラス、イザという時の対処と思って覚えておいて下さいね。
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 旅行・観光