あっとすしでほっとして

高尾山の初日の出を電車で見に行くときの時間と服装は?

   


 
標高599mの高尾山は、毎年山頂から初日の出を見ようと大勢の人が集まってきます。都心からのアクセスが良い事、都内で一番東に位置している事、舗装された道が多い事など、良い条件が揃っているからでしょう。そんな高尾山の初日の出の計画について紹介します。
 

スポンサードリンク

高尾山は大人気初日の出スポット!電車で行ける?

山歩きが好きな人にとって、高尾山はピクニックのような場所に思われていますが、冬の深夜に歩くとなると条件は一転します。そのことを念頭に、山頂から初日の出を見に行く準備と計画を立ててくださいね。
 

高尾山までのアクセスは?

車でどこかの登山口から登る場合は例外として、一般的には「京王線・高尾山口駅」から、一号路の登山道か、ケーブルカーで山にアクセスします。そこで気になるのが電車の運行時間!

・京王線の運行時間
12月31日~1月1日・・・終夜運行(20分~40分間隔)
高尾山のケーブルカーは?

ご来光を見に、深夜の高尾山山頂へのアクセスするには、ハイキングかケーブルカーの二通りの方法になります。

・ケーブルカーの運行時間
12月31日~1月1日・・・終夜運行
高尾山のご来光スポットと日の出時刻は?
 
・高尾山の日の出時刻・・・6:47頃
 
・高尾山山頂が一番人気(入山規制がある)
 
・ケーブルカー山頂駅を出たビュースポット周辺
 
・薬王院周辺から東側
 

 
 

高尾山の初日の出に行く登る時間と混雑状況は?

京王線が一晩中運行していることが分かりました。そこからケーブルカーで登れますが、行かれるのは山の中腹までとなります。
  

山の中腹でかまわないなら・・・・

日の出頃は、「ご来光」と「初詣」で最も混雑します。1時間くらい早く行く、ノンビリ1時間くらいかけて歩くといいですよ。
 

山頂でご来光を見るなら・・・

もし、山頂でご来光を見るなら入山規制される前に登ること。時間の参考目安は次の通りです。

1、高尾山の登山口に、「朝1時頃~2時頃」到着

2、1号路は終夜通行可能(2~6号路通行止め)

3、山頂まで約1時間半~2時間(3:30am頃~4:00am頃到着)

4、6:47am頃、日の出

5、7:00am頃、下山開始

 
※入山規制(薬王院~山頂)
規制時間の目安・・・3am頃~7am頃
規制区間・・・薬王院~山頂
 
山頂と登山道の混雑状況

狭い山頂に数千人集まるといわれています。日の出を見るのだか、人の頭を見るのだか分からないくらい混雑します。これは途中の薬王院やビュースポットも同じ状況です。
 
登山道も同じく、初詣とご来光を見に大渋滞となるので、初詣だけなら元旦の昼間の方が良いですよ。つまり、一晩中、高尾山全体がイモ洗い状態となります。
 

高尾山で混雑を避けて初日の出を見るなら?

早めに山頂へ行って陣取るか、「隣の城山」か「二つとなりの景信山」と、高尾山から離れれば離れるほど空きます。
 
・城山(標高約670m)
高尾山を見下ろすように東側が見られるのと、富士山もよく見えます。
 
・景信山(標高約727m)
城山よりさらに標高が高くなりますが、そこまでしなくても・・・。それなら陣馬山の方が楽かも。
 
・陣馬山(標高約850m)
高尾山の山脈の一番奥となります。車を和田峠に停めて30分~1時間歩けば山頂!東側の展望は限られています。
 

スポンサードリンク

高尾山で初日の出を見るときの服装は?

初詣や近所の展望台などから初日の出を見るのとは、状況が全く異なります。高尾山周辺の山の気温は「0℃~-5℃」くらいなので、街着ではなく山に行く準備をしてくださいね。
 

服装のイメージ
電車とハイキング中は「発汗性の良い動きやすい服装」
 
山頂では「スキー服など、風を遮り温かい服」
 
ジャケットの中は「フリースジャケット、ウールのシャツ、ヒートテックシャツなど」
 
下着は「発汗性の良い化繊、汗を吸わないスキータイツなど」
 
アクセサリーは「手袋、耳が隠れる帽子、ネックウォーマー、マフラーなど」
 
靴は「足首まで隠れる登山靴と厚手の靴下」
 
※縦走するならアイゼンがあるとベスト!霜柱が立っているか土が凍っているため。
準備する物とあった方が良い物
・ヘッドライト・・・絶対必要!無いと歩けません。
 
・ペンタイプのライト・・・おまけであると安心(大きなライトは邪魔ですよ)
 
・温かい飲み物・・・寒い日に歩いた後飲むとホッとします
 
・軽食とスナック・・・食べて体の中から温めよう
 
・エアーマットか折りたたイス・・・お尻から冷えない
 
・カメラ・・・初日の出を撮影してみませんか?
 
・その他・・・必要だと思う物を用意!荷物は少ない方が歩き易いですよ
 
 

最後に一言

初日の出を見に、山頂への登山は控えるよう看板が出ている場合ばありますが、規制が掛る前後は行き来をしても構いません。ただし、冬山を登るので、スキー場で数時間ジッとして過ごすつもりで以内と大変なことになるので、気合を入れて準備するといいですよ。それでは初日の出を楽しんできてくださいね!
  
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 旅行・観光