あっとすしでほっとして

チンアナゴが見られる3つの水族館!11月11日のチンアナゴの日!

   


 
11月11日のチンアナゴの日という記念日をご存知でしょうか?チンアナゴはアナゴ科の一種で、砂底から細長い体を真っすぐ伸ばす姿かかわいいところから人気があります。そんなチンアナゴを見ることが出来る、3つの東京の水族館を紹介しますね。
 

スポンサードリンク

チンアナゴが見られる東京の3つの水族館!

細長い体くて小さな体をしたチンアナゴがかわいいと、一部では人気があります。そんなチンアナゴは、東京付近ではどこで見られるか紹介しますね。
 

〇すみだ水族館

東京スカイツリーの中にある「すみだ水族館」では、「ゆらゆら揺れるチンアナゴ= ゆらチン」を合言葉に11月11日にイベントが開催されます。例年では、ゆらチン検定やチンアナゴの産卵、プランクトンんを食べる姿の観察などが行われています。
 

3種類のチンアナゴが見れる!

チンアナゴ
ニシキアナゴ
ホワイトスポッテッドガーデンイール 
 

すみだ水族館の場所


 
お問い合わせ
東京スカイツリータウン・ソラマチ5F・6F
〒131-0045
東京都墨田区押上一丁目1番2号
TEL:03-5619-1821(9時~21時)
 

〇サンシャイン水族館

池袋のサンシャインビルの屋上にある「サンシャイン水族館」。朝10時~夕方6時まで楽しめます。プラネタリウムも併設されているので、1日遊んだ後、夜景も見て見てはいかがでしょうか?
 

サンシャイン水族館の場所


 
お問い合わせ
サンシャイン水族館
〒170-0013
東京都豊島区東池袋3?1 ワールドインポートマートビル
 

〇東京タワー

東京を代表する名所の一つ「東京タワー」の1階には、意外と知られていませんが、1978年にオープンした水族館があります。
 
自宅で見れる観賞魚に限って言えば、約900種類、約5万引きと恐らく日本一種類が豊富でしょう。大きな熱帯魚屋さんへ行くつもりで足を運んでみてはいかがでしょうか?
 

東京タワーの場所


 
お問い合わせ
東京タワー水族館
〒105-0011
東京都港区芝公園4‐2‐8
 
 

チンアナゴの日とはどんな日?

チンアナゴは細長くて小さい海の生き物です。砂の中に群れて生活していて、エサを食べるとき砂から垂直に体を伸ばしている姿が、「1111」と見えるところから11月11日が「チンアナゴの日」となりました。
 

チンアナゴの日の制定は?

東京スカイツリーのある、すみだ水族館が2013年に制定した記念日です。この日は、”1”が最も多く並ぶ日だから、との事です。
 

スポンサードリンク

チンアナゴとは?名前の由来は?

チンアナゴとは、一体どんな生物なのでしょうか?チンアナゴの種類と生息地について紹介しますね。
 

チンアナゴとは?

日本名: 狆穴子、珍穴子
英名: spotted garden eel
学名: Heteroconger hassi
分類: ウナギ目アナゴ科チンアナゴ属
 

日本名の由来は?

日本犬の「チン」という犬に見た目がにているからと言われています。
 

チンアナゴの生息地は?

サンゴ礁でできた砂の中で、水の流れがある場所に生息しています。つまり南の海のサンゴ礁の中と言いうことになります。
 
 

最期に一言

特別な休日ではありませんが、数字の並びがチンアナゴが並んでいるようだという、かわいい理由が背景にある記念日です。この日は、普段の生活にちょっと変化をつけるつもりでチンアナゴを見てきてはいかがでしょうか。
 
  
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 秋の行事