あっとすしでほっとして

土浦全国花火競技大会で混雑を避けるおすすめ行き方!

   


 
花火大会は夏だけではありません!秋にも大きな花火大会があります。毎年10月中旬頃に土浦全国花火競技大会が見れます!ところが、全国でも有数の歴史ある花火大会なのでどうしても混雑は避けられません。そこで少しでも混雑を避けて行く方法を紹介しますね。
  

スポンサードリンク

土浦全国花火競技大会の交通事情と混雑を避ける目安!

土浦の花火大会は、知名度、規模、歴史、どれをとっても大きな花火大会なので、来場者数は、50万人とも、75万人とも言われるほど大混雑します。
 

混雑を避けるにはどうしたらいい?

こればかりは限られています。

・混雑する時間を避ける
 
・行き来する時間をずらす
 
・空いている場所を探す
 

混雑時間する時間は?

土浦駅発・シャトルバスの運行開始時間「3pm~」
花火大会の時間「6pm~8:30pm」

混雑する時間帯→ 3pm~花火開始頃/ 花火終了~約1時間
 

行きと帰りの時間の目安は?

大体の時間帯の目安を紹介しますね。ご紹介しる時間を目安にスケジュールを組んでくださいね!

1、土浦駅到着:
出来れば→ 12時半頃
遅くても→ 1時頃~2時半頃
 
2、会場へ移動、「1pmに桟敷席が開場」
徒歩:12pm頃出発・約30分→ 1pm~2pm頃に入場
シャトルバス:1pm前に出発・約10分→ 1pm~2pm頃に入場
 
3、場所取り
花火大会の入場開始時間→ 「1pm」から入場することが出来ます。
再入場→ 桟敷席券があれば可能です
座席指定→ ないので、早く行って場所をとる必要があります
 
4、花火大会の時間
開始→ 6pm
終了→ 8:30pm
 
5、帰り
帰路・駅・道路・駐車場が最も混むのは「8:30pmから約1時間」
早めに行動→ 8pmには移動を開始。道中遠目に花火を楽しむ
遅めに行動→ 花火が終わって最低30分ノンビリ、9pm以降移動開始
 

※対策は?

・行きの対策
混雑を避けて、いい席で見るなら「昼過ぎには到着」というのが行きの目安!入場開始の前に到着しているよに!強者はかなり早い時間から並んでいるそうなので、1番を競う必要はありません。
 
・ラッシュ時間の対策
最も混む時間帯は「花火大会の終了~約30分」、車は帰宅ラッシュで大渋滞!電車は駅構内の入場規制で大行列!電車内は混雑(都内の通勤ラッシュ程では無いけど・・・)!駅・駐車場へ向かう道は大混雑!その時間を前後30分~1時間ずらすと言いですよ。
 
・帰りの対策・その1
渋滞を避けたい!東京までラッシュを避けたい!そんなときは、隣駅の「荒川沖駅」周辺に駐車して、1駅だけ電車に乗車、徒歩かシャトルバスで会場へ!
 
・帰りの対策・その2
「つくば駅・つくばセンター」を利用する!レンタル自転車は、利用時間を過ぎてしまうので注意してくださいね。

関東鉄道・・・つくばセンター~土浦駅西口・約15分
 
バス本数・・・日中、3~4本/1時間
 
最終バス・・・10pm過ぎ頃
 
利用バス停・・・田中二丁目、田中三丁目、田中二丁目北
※バス時刻表はこちら「関東鉄道」のHPを参照して下さい。また、運航会社の都合により、運休、時刻表の変更とうがあるかもしれません。お出かけ前にはご確認くださいね。
 
・宿泊する!
近くの宿で宿泊すれば、終電の心配も、渋滞のストレスも、交通規制も、全く関係ありません!残念なのは、翌日休めるという人か、直接出勤出来る人だけ!時間にゆとりがある人は検討してみてはいかが?
 

簡単に時間の流れを確認すると・・・
・1pmには開場に到着!
 
・席確保をしたら夕方までノンビリ!
 
・帰りは、終了より「30分早い」「30分遅らす」!
 
・渋滞/ラッシュを避けるなら隣駅「荒川沖駅」周辺に駐車
 
 

土浦全国花火競技大会へおすすめの行き方!

行き方は人それぞれなので、お好みの方法で向かってください。勿論、道路は渋滞するし駅は混雑します。混雑に備えて、少しでも楽に行き来できるように工夫してください!
 
電車での行き方
・駅から会場→ 約30分/2.5km
 
・シャトルバス→ 約10分
運行時間:3pm~7pm/7pm~9:45pm
片道料金:¥240/大人、¥120/子供
注意事項:土浦駅発のバス、「最終発券・6:30pm」「最終発・7pm」
 
・車での行き方と駐車場情報
駐車場到着目安: 1pm頃到着→ 会場へ移動
東京方面から・常磐自動車道・桜土浦I.C.→ 国道6号バイパス
水戸方面から・常磐自動車道・土浦北I.C.→ 国道6号バイパス
 
花火大会専用駐車場
数十か所の駐車場がありますが、1ヵ所の駐車台数が少な目です。交通規制と駐車場情報は「こちら」をご参照くださいね。
 

スポンサードリンク

土浦全国花火競技大会とは?見所は?

この花火大会は、毎年10月上旬の土曜日に開催されています。平年を参考にすると10月5日前後に一番近い土曜日です。例えば、4日の土曜日、7日の土曜に開催開催されてきました。
 

土浦全国花火競技大会はいつ頃から始まったの?

1920年代後半に神龍寺では、霞ヶ浦海軍航空隊の殉職者の慰霊、関東大震災の後の経済活性として、私財を使って花火大会を行ったのが始まりです。
 
その後、徐々に地域の人達の協力が募り、大きなイベントに成長していきました。一時、戦争で中断していましたが、1946年から再開して現在に至ります。
 

土浦全国花火競技大会の見所は?

打ち上げ花火には色々なタイプがありますよね。例えば、1発上がって大きく夜空に広がるタイプや、小さいけど色が変わるタイプなど。
 
土浦全国花火競技大会の花火・・・「スターマイン」
 
スターマインとは連続花火の事!各地の花火大会のフィナーレを飾るのに盛り上がる、あの連続花火の事です。
 
土浦全国花火競技大会の見所・・・「花火師が花火を競う」
 

競う内容っと優勝者の賞は?

3つの花火部門と最優秀賞があります。全国の花火師が腕を競って参加するので見もの!因みに、内閣総理大臣賞は、土浦の他では、大曲花火大会だけなんですよ!

スターマインの部・・・経済産業大臣賞
10号玉の部・・・中小企業庁長官賞
創造花火の部・・・茨城県知事賞
最優秀の花火師・・・内閣総理大臣賞
 

周辺地図と開催場所

 
主催者:
土浦全国花火競技大会実行委員会 事務局
土浦市役所商工観光課内 
TEL:029-826-1111
 

最後に一言

花火師が競う花火大会で日本一を競うと言われているのは、秋田県の大曲と茨木県の土浦だけ!ちょっと涼しくなった10月のイベントとして、約2万発の花火競技大会を楽しんでみてはいかがでしょうか?
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 花火