あっとすしでほっとして

サラダ油は何が原料のどんな油?ドレッシングと生野菜の歴史!

   


 
世の中には、オリーブ油、ごま油、菜種油など様々な油がありますよね。その一つにサラダ油がありますが、この油はいつ何から作られた油なのか紹介しますね。また、このサラダ油を使ってドレッシングと生野菜が浸透した食の歴史について紹介しますね。
 

スポンサードリンク

サラダ油は何からできている?原料は何?

まず最初に、サラダ油という種類の油はございません。調合された油の事です。それではどんな油が調合されているのかというと次の通りです。
 

サラダ油の主要原材料は?

「菜種油」「トウモロコシ」「ひまわりの種油」「ゴマ」「紅花」「大豆」「グレープシード」「米」「綿実」などを調合したものです。
 
原材料は「食用精製加工油脂、乳化剤、酸化防止剤」などと明記されています。つまり、純粋な植物から採取された油以外が含まれています。
 

他の油と何が違うの?

一種類の植物から採取した油だけを使用した物が、他の油です。例えば、オリーブ油ならオリーブからのみ、コーン油ならトウモロコシから採れた油のみとなります。
 

サラダ油の定義

・日本農林規格の基準を満たした原材料を使用、指定の工場で作られたもの
 
・2種類以上の植物油を混合して作ったもの
 
・低温でも白くなったり、固まらないもの
 
 

サラダ油はいつから作られるようになった?

食用油は、割と近年になってから日本に登場します。それまでは、「煮る/茹でる」「直火で焼く」しかなかったので、油を使って炒めたり、生野菜と和えたりする必要が無かったからです。
 

サラダ油の始まり

サラダ油の発売は大正末期、1924年に日清製油から発売されたのが始まりですが、良質な食物油の登場はまだ先のことになります。
 

サラダ油の食用方法は何だった?

様々な西洋文化が日本に入ってきました。このときに「生野菜」を食べる習慣が日本に伝わり、「ドレッシング」も一緒に伝わりました。これを機に、日本でも食用油を作るようになったのが始まりです。
 

生野菜のサラダの前はどうやって食べていたの?

昔の日本は和え物(茹でる)や煮物だけで、生で食べる習慣はありませんでしたが、明治に入った頃から日本でも徐々に食べ始めます。因みに、トマトサラダは、1872年「西洋料理指南」という本に登場します。
 
 

スポンサードリンク

サラダ油を使った手作りドレッシングとサラダの始まり!

昔の日本は、生野菜を食べる習慣はありませんでした。じゃあどうやって食べていたの?というと、「煮る、茹でる、漬ける」という方法で調理して食べていました。
 

ドレッシングの始まり

1954年頃の日本では5cmx2mmの薄切りに・・・と丁寧に解説されています。、最後に生野菜に「ソース」、または「ピネグレッとソース」を回しかけると言っていたんです。その後、1970年頃になると、ようやく「ドレッシング」という呼び名が一般的になります。
 

ドレッシングの分量の基本は?

1950年代頃から日本の料理本では、ドレッシングは「油2+ 酢1+ 塩0.1+ 胡椒少々」と言われてきました。これは今でもドレッシングの目安になっています。
 

ドレッシングの応用

サラダ油の代わりに、オリーブ油、コーン油、大豆油、綿実油などを使う、香りには柑橘類の搾り汁、オリーブオイルを使って応用するといわれていました。
 
海外では、オリーブ油、コーン油を使うのが主流だったのに対して、日本ではサラダ油が主流だったことが伺えます。それだけ日本の料理では油を使わなかったことがうかがえます。
 
買ってくるドレッシングも美味しいですが、たまには自宅でドレッシング作りに凝ってみてはいかがでしょうか?
 

野菜はいつ頃から日本に広まったの?

野菜自体は昔から栽培されてきましたが、衛生上管理されるようになるのは戦後GHQが関与するようになってからです。1964年、東京オリンピックの頃、海外の食文化が過程に広がります。
 
 

 最期に一言

健康を考えると、オリーブオイルや胡麻油の方が体に良いという意見がありますが、そんな油も摂り過ぎれば不健康の元。近代に入ってから考案された油として、私達の食生活を支えてくれてきました。油とは上手に付き合ってくださいね。
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 生活情報