あっとすしでほっとして

二百十日はどんな事をする日?風と台風の伝統行事と雑記

   


  
二百十日(にひゃくとおか)とは雑節の一つで、立春から210日目の日の事です。そこで。何故この日が生活の目安身なったのか、どんな行事が行われてきたのかなど、二百十日とはどんな日なのでしょうか?
 

スポンサードリンク

二百十日とはどんな意味?

冒頭でもご紹介した通り、二百十日とは雑節の一つで、旧暦の立春から数えて210日目に当たる日の事で、新暦にすると9月1日頃になります。
 

何故この日が目安になったの?

この日は、厄日や荒れる日といわれていて、二百十日前後は台風が来やすい時期だからです。
 
またこの時期は稲から穂が出始めるので、風や雨などの災害から田を守るためにお祭りやお祓いなどを行ってきました
 

農家の厄日の一つ?

二百二十日日も同じく、天候が悪くなる、台風の被害が多い、など農家にとっての厄日といわれています。
 
 

二百十日と風と台風と起源!

農家にとって天候が自分達の生活に直接響いてくるので、常に気を配っていないといけません。そういう意味では、二百十日前後や二百二十日は要注意の日でした。
 

二百十日の起源はいつ頃?

二百十日が暦に記されるようになったのは、1656年に発刊された伊勢暦(いせこよみ)に記載され、それから一般的に広まったと言われています。
 

風祭とはどんな事?

個に日には、台風をい含めて、風が良く吹きます。そこから関東・東海・中部地方付近では、風祭り以外も、風日待ち、風祈祷、風防ぎ、荒れ日などと呼んで神事が行われてきました。
 
これらの行事の多くは、台風による被害を防ぐことを目的としていて、210日や220日を目安に、それ以外の日にも行われているんですよ。
 

スポンサードリンク

二百十日にはどんな行事がある?

この210日を過ぎると、村や家ごとで畑仕事を休んで祝っていたと言われています。それ以外にも、日本各地では風を鎮める神事が行われています。
 
例えば、次のような古くから伝わる台風などの被害を鎮める、お祭りや神社の行事があります。
奈良県の龍田大社の年中行事「風鎮大祭」
兵庫県の伊和神社で行われる「風鎮祭(油万灯)」
熊本県阿蘇神社の「風祭」

他にも、風の日が多い日本海側では、
富山県の「おわら風の盆」
新潟県の弥彦神社の「風神祭」

4月中旬には、
愛知県豊川市の菟足神社では、今昔こんじゃく物語や宇治拾遺うじしゅうい物語にまつわる「風祭り」など、全国各地で風にまつわる行事が行われています。
 
 

最期に一言

農業、海の漁師など、全て天候が関わっています。台風の多い210日や220日は、そんな荒天による災害を減らす、備えるための生活の目安なんですね。
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 秋の行事