あっとすしでほっとして

夏バテの予防と対策方法とダウンした時の回復方法!熱中症も要注意!

   


 
夏になると暑さで食力も活力も低下しやすくなりますが、そんなとき真っ先に気を付けたのが夏バテ!また、食欲不振や快適でない睡眠は夏バテの原因、熱中症も夏バテの原因の一つなんです。そこで夏バテの予防と夏バテになったときの対策について紹介しますね。
 

スポンサードリンク

夏バテの予防と対策は何をすればいい?

夏バテの大きな原因は生活習慣が大きく影響しています。逆に考えれば、生活習慣で予防できるんです。
 

〇夏バテは何が原因で起こる?

暑さによる食欲不振、睡眠不足から活力が低下します。また、体の温度調節機能のバランスが崩れたときにも同じ症状が起こります。いずれも自律神経の機能が正常で無くなると、睡眠不足、食欲不振になって体がだるくなってしまいます。詳しくは「夏バテの症状とは」をご参照ください。
 

〇夏バテの予防方法は?

一つの事に気を付けているから安心ではなく、総合して対策をしていることが大切だという事を気を付けてくださいね。

●バランスの良い食事を、規則正しく摂る
 
●エアコンを使っても構わないので、快適な環境で十分な睡眠
 
●細目に水分を補給する
 
●冷たい飲み物をとりすぎない
 
●胃腸に負担をかけない
 
●暑い外から涼しい室内へ入るとき上着で調節
 
●できるだけ、暑い外と涼しい室内を何度も出入りしない
 
お茶で水分とビタミンを補給!

夏バテになったら?回復方法は?

どんなに気を付けていても、夏バテになるときがあります。そんなときには無理をしないで体を休めてください。そうはいっても「ゆっくりしている暇がないんだ!」というのが現代の日本人なので、出来ることから始めてくださいね。
 
症状が軽くて分からない時が殆どですが、積もり積もって最後にドカーンとダウンしてしまいます。だからアレ、疲れたな、だるいなと思ったときが対策のときですよ!

●快適で十分な睡眠がとれる環境作りを行う
 
●生活環境は、「室温27~28℃」「湿度を下げる」を目安に
 
●スポーツドリンクやミネラル補給
 
●水分補給
 
●栄養価の高い食事を摂る。例えばうなぎや肉類など
 
●緑黄色野菜など、各種ビタミン、ミネラルを多く含んだ食材を意識して食べる
 
●1日3食決まった時間に食べる
 
●体温よりやや高めのお湯、38℃くらいのお湯に浸かって、血行を良くしてリラックス!
 

スポンサードリンク

熱中症から夏バテになる原因とは?

熱中症対策は、日頃から気を付けていると思いますが、つい油断はしてしまうものです。そして、この熱中症から夏バテに発展する、という事に注意を払い忘れがちなものです。
 
夏バテの予防と対策でご紹介したとおり、水分補給とミネラルの摂取が重要になるのはこのためです。
 

〇脱水症状には2種類ある!

熱中症の原因となる脱水症状は、「水分不足」「体内塩分/ミネラルの低下」の2種類があります。
 
水分補給・・・水、お茶など、汗をかいたら水分とる!
塩分/ミネラル・・・汗と一緒に塩分が失われるので、失った分を補給!
 

〇なぜスポーツドリンクが良い?

体が水分を吸収しやすいというのが一つの理由、塩分やミネラルを含んでいるので、汗をかいた後の補給に適しているからというのがもう一つの理由です。
 

〇食べるものでおすすめは?

夏野菜は水分を多く含んでいる、体を冷やす作用があると言われています。緑黄色野菜だけでなく、夏の淡色野菜もしっかり摂るといいですよ。
 
たかが軽い熱中症などとは言わないで、汗をかいたら補給を忘れずに!
 
 

最期に一言

夏バテは病気ではありませんが、様々な体の異常が原因で起こる複合症状と考えると分かり易いと思います。
 
ここで覚えておきたいのは、普段から規則正しい生活の3食の食事、バランスの良い食事、しっかりとした睡眠が大切という事です。
 
全てを達成するのは、忙しい私達には贅沢なことかもしれませんが、是非そんな理想的な生活習慣を目指したいものですね。
 

 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 生活情報