あっとすしでほっとして

土用の丑の日を簡単に説明するとどんな日?雑節の歴史と習慣

   


 
7月下旬になると、土用の丑の日という言葉をよく耳にすると思います。この言葉を聞くと、うなぎを食べる日とイメージすると思いますが、残念ながら全く関係ありません。それでは、この土用の丑の日とは、いつどんな日なのか紹介します。
 

スポンサードリンク

土用の丑の日を簡単に説明!土用とは?丑の日とは?

土用の丑の日はウナギ!といったものの、この土用の丑の日とはいつ、どんな日か質問されると困る!なんてことありませんか?
 

土用の丑の日はどんな日?

「土用」という期間と「丑の日」という日が合わさった日のことです。
土用とは雑節の一つで、「立春、立夏、立秋、立冬の日から18日前までの期間を土用」と言います。つまり、1年の四季と共に4回訪れる期間を指しているんです。
 

土用の入りと土用の明け

土用の最初の日を「土用の入り」といい、立春、立夏、立秋、立冬の日の前日を「土用の明け」と言います。
  

土用三郎

土用入りして3日目のことを「土用三郎」といいます。この日の天気が晴れたらその年は豊作、曇ったり悪天候になると不作といわれてきました。
 

丑の日とは?

この日は、12干支を用いた昔の12日ごとの日付の一つのことです。子(ね)の日から始まって、2番目の丑(うし)の日のことです。
 
つまり、「土用期間に訪れる丑の日」のことを「土用の丑の日」といいます。
 
 

土用の丑の日の歴史と始まりは?

土用という習慣の始まりは、「古代中国の五行説」と「陰陽道」が合わさった考え方で、これを「陰陽五行説」といいます。
 
これが、中国や日本の政治にも大きく関わってくる、方位や占いの元になっています。だから、アジアの歴史上非常大きな影響がある考え方なんです。
 

土用とは重要な期間のこと

「土用」という言葉は、木・火・土・金・水の五種類を元にした五行説に基づいています。
この五行説を分かりやすく紹介すると、自然や人の関わる全ての事象が、この5種類のどれかに関わってくるという考え方のことです。、例えば、季節では四季の終わりに来る重要な期間です。
木・・・春
火・・・夏
土・・・中心
金・・・秋
水・・・冬
 
「土」はどこにも属していない代わりに、全ての季節に深く関わる尊い期間なのです。
 

土は方角の中心

陰陽道では物事を行うのに、方位が重要視されていました。そこで、五行説と陰陽道を合わせると次のようになります。
木・・・東
火・・・南
土・・・中心
金・・・西
水・・・北
 
つまり、全ての方位の中心で、最も尊重されたのが「土」なんです。
 

丑の日は特別な日?

干支の各日には、それぞれ理由があると思いますが、丑の日だけに特別なことがあるわけではありません。でも、日本では昔から丑の日には様々ないわれがあるんです。
●寒中の丑の日に丑神をまつると運命がわかる
●夏の丑の日に、牛に水浴びさせて休ませる
●夏の丑の日、丑湯といって入浴すると一年中病気にならない
 
 

スポンサードリンク

土用の丑の日はいつ?

土用とは、古代中国から伝わった習慣で1年に4回訪れる期間、ということは分かりましたが、毎年同じ時期に訪れる土用の期間、毎年異なった日に訪れる丑の日をどうやって調べたら良いのでしょうか?
 

土用期間はいつからいつまで?

●昔の土用期間
昔の土用期間とは、各季節の終わりの期間のことでした。そして、日本の暦は「二十四節気」が用いられていたので、1節気=15日、1年=360日となります。だから、これまでご紹介してきた方法とは少し違った見方となります。現在の暦になるまでは、次の季節を土用期間と定めていました。
春・・・清明~立春
夏・・・小暑~立夏
秋・・・寒露~立秋
冬・・・小寒~立冬
 
●今の土用期間
カレンダー上で、季節の変る日を目安に土用期間が決められています。
春・・・立春~18日前
夏・・・立夏~18日前
秋・・・立秋~18日前
冬・・・立冬~18日前
 

土用の丑の日を調べるには?

毎年訪れる「土用の丑の日」は、異なった日になります。だから、今年はいつなのか調べたいときはどうすれば良いのでしょうか?
 
「土用期間は立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間」
「決まった時期に訪れるのが土用の期間」
「異なった日に訪れるのが丑の日」
 
●「土用」の期間を確認
 
●丑の日を調べるには「干支カレンダー」と入力して、カレンダーで丑の日を見付けてください。
 
●土用期間内の丑の日が「土用の丑の日」ですよ。
 
※1期間中に2回丑の日が訪れる場合があります。これを1の丑と2の丑と言います。
 
 

最後に一言

夏の土用は7月下旬から8月上旬。この期間の最初の丑の日と覚えておけば分かりやすいでしょうか?
 
ただし、年によって丑の日が1回の年と2回のときがありますが、夏の土用にウナギを食べるときは1回目の丑の日ですよ。それでは、土用の丑の日は夏だけではないと覚えておいてくださいね。
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 未分類