あっとすしでほっとして

土用の丑の日にはどうして鰻を食べる?夏の鰻の始まりと由来!

   


 
土用の丑の日はウナギを食べる日!と世間では知られていますが、どうして旬の時期から最も外れている、夏の鰻を食べるのでしょうか?そんな、土用の丑の日にウナギを食べるようになった始まりと、いつ頃から夏にウナギを食べていたのか紹介しますね。
 

スポンサードリンク

土用の丑の日に食べる鰻にはどんな意味があるの?

毎年決まった日に決まった食材を食べるという習慣がありますよね。大抵はお正月やひな祭りのように、年中行事のときに食べることが多いと思います。それでは、土用の丑の日とウナギにはどんな関係があるのでしょうか?
  

夏のウナギは美味しい?

「土用の丑の日にウナギを食べると夏負けしない」といわれているのは有名な話ですが、旬の時期という意味では、1年で最も味が良くない季節になります。
 

何時頃から夏にウナギを食べるようになったの?

夏にウナギを食べるという話は、時代を遡って万葉集の頃(759年頃完成)で、すでにウナギは栄養価が高い食材ということで知られていて、次のような内容が記載されています。
 
大友家持(おおとものやかもち)が詠んだ歌に、夏の鰻が登場します。友人である石麿に夏負けしないように、鰻を食べてもっと体力をつけるように詠まれています。
「石麿にわれ物申す夏痩せに良しといふ物そ鰻取り食え」
 
そこから、夏に栄養のある鰻を食べて夏の暑さを乗り切る体力をつける、健康に気を遣おうと受け取れます。
   

土用の丑の日とウナギの関係は?

先ほどの万葉集の話のように、夏にウナギを食べることと、土用の丑の日のウナギは関係ありません。ましてや、旬から最も離れている時期です。
 
ここでようやく話がつながってきます。旬の時期ではない夏のウナギを売るために、宣伝して広まったのが土用の丑の日の鰻といわれています。でも、土用の丑の日の鰻には諸説があるのをご存知でしょうか?
 
 

スポンサードリンク

土用の丑の日に鰻を食べる由来と始まりは?

土用の丑の日の鰻は、「丑鰻」や「土用鰻」とも呼ばれています。因みに「土用」とは、各季節の終わりの一定期間のことなので年に4回訪れますが、一般的には夏の土用と認識されています。
 

土用の丑の日のウナギはいつ頃始まったの?

土用の丑の日にウナギを食べる習慣は、江戸時代中期頃に始まったといわれています。諸説がありますが、いずれも発祥について決定的な確証はありません。
 

平賀源内が提案した宣伝した説

江戸で鰻やを営んでいる太田南畝(おおたなんぽ)が、夏に売れない鰻を売れるようにする案は無いかと、友人である平賀源内に相談したところ、「土用の丑の日にうなぎ食すれば夏負けすることなし」と書いた看板を出すよう提案され、その通りにしたところ売れるようになりました。

そこで、他のうなぎ屋も追従して同じように鰻をすすめるようになり、その習慣が全国各地に広まったと考えられています。
  

春木屋善兵衛が丑の日に焼いた鰻だけ質が良かった

「江戸買物独案内(1824年)」という風物誌に、「丑の日 かばやき元祖所」と、土用の丑の日はうなぎを食べると紹介されています。
 
その内容とは、神田和泉橋通りの鰻屋「春木屋善兵衛」が、夏に大量の鰻の注文を大名から受けました。夏の土用の子の日、丑の日、虎の日の3日間に渡って焼き貯めたところ、丑の日に焼いたウナギだけ色が良くて味が落ちていなかったといわれています。
 

「う」のつく食べ物だから?

丑の日に、丑・うしの「う」がつく食べ物を食べると、夏負けしないという風習があったといわれています。
 
今は廃れていますが、うなぎ、梅干し、うどん、うまなどを食べていたといわれています。それなら、ういろうやウェハースにバニラアイス付きなんて「う」のつく食べ物を食べる習慣を復活させてみてはいかがでしょうか?
 
ところで、肝心の「夏の土用の丑の日」とはいつなのでしょうか?
 
 

土用の丑の日とはいつ?

さて、土用の丑の日に「う」のつく食べ物を食べる、鰻を食べる、他に何を食べても構いませんが、肝心なのは、土用の丑の日とはいつのことなのでしょうか?
 
夏の土用は「立秋の前日~18日前の日」の期間になります。

他の季節にも土用がありますが、詳しい土用や丑の日についてはまた別な機会にご紹介しますね。この土用期間中に訪れる、干支の最初の「丑の日」のことです。12日に1回訪れるので、毎年丑の日が異なります。干支カレンダーを確認すれば簡単に見つかりますよ。
  
  

最後に一言

土用の丑の日にウナギを食べるのには深い意味はありませんが、栄養価の高い食べ物と考えれば、鰻を食べるのは間違ってはいけません。勿論、鰻以外にも、夏に理想的な栄養価の高い食べ物はありますよ。
  
でも、折角江戸時代から続く鰻を食べる日があるなら、昔からの習慣に乗っ取って、土用の丑の日にはウナギを食べてみてはいかがでしょうか。
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 夏の行事