あっとすしでほっとして

男性が浴衣を着るときの下着と肌着はどうする?気軽な着方は?

   


 
普段は洋服しか着ない男性が夏に浴衣に挑戦するとき、浴衣と履くものと帯を最初に揃えると思います。ところが、浴衣に着替えるとき気が付くと思いますが、下着をどうしたらいいのか忘れていませんか?そんな男性の浴衣の肌着と下着について紹介しますね。
 

スポンサードリンク

男性が浴衣を着るとき下着はどうしたらいいの?

普段着のとき、女性と男性で下着事情が違うように、浴衣のときも下着事情が異なります。女性の場合は下着を身に着けないのが基本ですが、それでは男性の場合はどうしたらいいのでしょうか?
 

浴衣のときの男性の下着は?

女性と違って、男性の場合は下着を着けても問題ありません。好きな下着で構いませんが注意することはあります。
 

浴衣の下着で注意することは?

浴衣は夏に着ることが多いですよね。暑い時期に着るものの生地は薄くできています。また、夏だからこそ目で涼むために薄い色が使われることが多いので、「下着が透けない」ように気を付けてください。また、思わず足を開いてしまったとき「モロ見え」にならないようにしないといけません。好ましいのは次の通りです。
 

「派手でない」
「色が薄い」
「体にフィットしたもの」
 
  
 

昔の男性は浴衣の中は何を着ていたの?

そこで、こだわり派がちょっと気になるのが、「正しい浴衣の着方」「伝統の着方」としての下着にこだわってみたい!折角浴衣デビューするなら正統派で揃えたい!という場合があります。
 

浴衣の伝統的な下着とは?

現在のように、トランクスやブリーフなど、洋風の下着を身に着けるようになったのは、明治に入って少し経ってからです。それまでは数百年「ふんどし」でしたが、明治に入ってから和服の下に履く下着として「ステテコ」が作られました。
 

浴衣のときの肌着は?

肌着は女性同様、肌襦袢(はだじゅばん)を着ます。「襦袢」とは和風の下着のことで、女性の和服のときにはよく耳にしますが、男性も同じ呼び方をします。勿論、男性用と女性用の長襦袢と肌襦袢があって、それぞれ袖と裾に違いがあるなど、呼び方は一緒でも作りが違うので男女兼用ではありません。
 

浴衣のもとはお風呂着?

昔、お風呂に入るときには、専用の服/下着を身に着けていました。沐浴のときの衣だから「浴衣」となります。そこから徐々に変化して、現在では普段着の浴衣、正装の着物、として使い分けられています。だから、昔は下着の一種だったかもしれませんが、今は普段着の肌着として襦袢を着るのが、身だしなみの一つとして定着しています。
 
 

スポンサードリンク

男性が浴衣を着るとき肌着はどうしたらいいの?

古い着こなし方の「襦袢(じゅばん)」を着なくても、現在の着こなし方に照らし合わせると、「Tシャツ」を中に着てもおかしくはありません。
 
逆に暑い夏の日にお出かけをすると汗をかきますよね。このときにワキや背中や首筋に、ビッショリと汗が染みついていたらどうでしょか?
 
着ている方は・・・濡れた部分が不愉快に感じる
見ている方は・・・清潔感がイマイチよろしくない
 
こんなことを我慢して浴衣を着るものではありません。それなら浴衣の中に「速乾性のTシャツ」でも着た方が、はるかに見た目も着心地も快適です♪
 

●胸元をすっきり見せたいとき・・・肌襦袢(上半身だけの下着)
●胸元と足元を見せたいとき・・・長襦袢(上下がつながっている)
●手持ちの服で気軽に着たい・・・Tシャツ
 
 
 

最後に一言

今回ご紹介した「浴衣」は、お出かけするときの着方です。温泉で着る浴衣とはちがいますよ。湯上りに、薄着で少し風通しよく隙のある格好をしても構わないのが温泉。夏に涼しげな浴衣で出かける、ファッションとして着るのが今回のお話。それでは、お洒落は下着からといいますので、男性の皆様も「浴衣の下着」にこだわってみてくださいね。
 

 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 生活情報