あっとすしでほっとして

イルミネーション 関東の隠れスポット宮ケ瀬で日帰り観光

   

 
関東圏内で子供やカップルで
観光とイルミネーションを日帰りで楽しめて、
しかも関東の穴場のようなイルミネーションの場所です。
 
 
丹沢山系の東にある宮ケ瀬ダム湖の畔で、
昼は観光や散策を、夜は湖の畔の公園でイルミネーションと、
1日楽しむことが出来ます。
  
   
そんな自然の中の、宮ケ瀬イルミネーションを紹介します。
  
 

スポンサードリンク

 

イルミネーション 関東の隠れスポット宮ケ瀬

他の有名なイルミネーションに比べると、
ちょっとこじんまりして良そうですが、

奇麗な空気と自然の中でイルミネーションを満喫できます。
懐かしい日本の雰囲気が残っている商店街と付近の散策、
そして夜はライトで飾られた、
約1か月間の期間限定のイルミネーションです!
  
 
開催期間とテーマ 
2015年 11月28日(土)~12月27日(日) 
テーマ: 光のメルヘンみんなのつどい
 
 
点灯・時間場所と住所 
場所: 宮ヶ瀬湖畔園地・水の郷周辺
時間: 5pm ― 10pm
 
〒243-0111
神奈川県愛甲郡清川村宮ヶ瀬940-4
TEL 046-288-3600 / FAX 046-288-3961
 
 
見どころ 
ライト数:60万球
・水の郷:
 大噴水”虹の妖精”では30m上がる噴水と、放射状に広がる噴水に光が灯ります。
・もみの木(クリスマスツリー)イルミネーションでは: 
 高さ約30mの自生しているもみの木、
 ジャンボクリスマスツリーに1万個のイルミネーションが灯ります。
 
 
 
 

日帰りで子供も楽しめる 昼の宮ケ瀬観光 

日中の観光
・宮ケ瀬 ダム観光放流 (6分間) 11:00~11:06 / 14:00~14:06
 ※4月~11月の期間だけです。

・水とエネルギー館 9:00~17:00 ※12月~3月は、10:00~16:00
 ダムや水資源やエネルギーに関するたくさんの情報や
 ペダルをこいでタンクに運んだ水を落下させる水の力で発電!
 取水のしくみがわかる取水ゲート操作を体験出来る施設です。
 休館日 月 / TEL: 046-281-5171

・天体ドーム  
 本格的な天体観測を、澄んだ空の中で行うことで
 町中では見れない惑星や星雲などを観測できます。
 インストラクターが同行します。
  → 予約先 / 申請用紙
       → 電話予約可 / TEL 046-288-3600
 休館日 月・祝、年末年始 
 使用料金無料
 
 
・水の郷商店街
 宮ヶ瀬バスターミナルから宮ヶ瀬ビジターセンターまで商店街が続いています。
 ちょっと懐かしい雰囲気の商店街で、
 つまみ食いと散策も、たまにはいいかもしれないですね。
 
 
・湖畔の庭園と岬の展望台
 散策しながら、
 噴水のある鐘を鳴らせる公園や、
 宮ヶ瀬を一望できる展望台から景観を楽しめます。
 
 
・工芸工房村 9:00~17:00
 体験工房(藍染め、機織り、紙すき、陶芸、木竹工など
 県立あいかわ公園工芸工房村
 TEL:046-281-2438
 
 
 

スポンサードリンク

宮ケ瀬への行き方とアドバイス

 
アクセス   
・電車とバスの場合
小田急小田原線 
本厚木駅 北口・神奈中バス5番乗り場から
厚木20系統 宮ヶ瀬行き → 終点の宮ヶ瀬バス (約50分)

・自動車の場合
 東名高速道路
 厚木IC → 国道129号線 厚木・渋谷方面に
 国道129・246号線 市立病院前交差点を左折、→
 国道412号線 半原小入口交差点を左折(看板あり、宮ヶ瀬方面へ) →
 県道514号線、やまびこ大橋交差点を右折 →
 県道64号線で宮ケ瀬へ

・中央自動車道
 相模湖IC → 国道20号線 厚木方面に
 国道20号線 相模湖駅前交差点を右折 →
 国道412号線 三ヶ木(みかげ)」交差点を右折 →
 県道513号線 関交差点を右折 →
 県道64号線へ合流、そのまま宮ケ瀬へ
 
※会場の駐車場料金は、1日900円となります。
 
 
・宮ケ瀬周辺地図


 
 
・渋滞情報
 イルミネーション期間中はいつも、相模湖からも厚木からも渋滞します。
 裏道が無いので、時間をずらして行くしかりません。
 特に宮ケ瀬の”虹の大橋”付近では渋滞しています。
   
 ただし、平日は週末に比べてやや空いているので、
 日帰りの人はいいかもしれません。
 
 
宿泊施設のすすめ
折角だから1泊してゆっくりしよう!
渋滞のなか宮ケ瀬まで行ったのだから、急いで帰るのがもったいない!
そんな人達には、宿が2つあります。
 
・旅館ふじ
・宮ケ瀬リゾート旅館みはる
 
 
 

最後に

イルミネーションのような電装は、
町中やテーマパークなどが盛んというイメージです。
 
自然を満喫できて、”商街と公園がイルミネーションパーク”
というのも珍しいでしょう。
  
 
日中は自然の中で、夜はイルミネーションをお楽しみ下さい。
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - イルミネーション ,