あっとすしでほっとして

夏越の祓と茅の輪くぐりの潜り方とは?6月晦日の年中行事

   


 
夏越の祓や夏越など呼び名はいくつかありますが、1000年以上昔から6月30日に行われる伝統行事があります。この日には神社の入り口付近に茅の輪を設置して、輪をくぐることでみそぎを行い、饅頭や団子を食べる習慣があるなど、そんな夏越について紹介しますね。
 

スポンサードリンク

夏越の祓とはどんな行事?

「夏越の祓」とは、旧暦6月晦日(みそか)に神社で行われる神事のことで、この日には、心身の穢れを祓って災厄を避けるために、禊祓え(みそぎはらえ)を行います。
 
また、ナゴシノハラニエ、ナギシノセック、ワゴシマツリなどと地方によって呼び名がありますが、どれも同じ、6月の晦日(6月の最後の日)に心身を清める行事のことです。
 

夏越し(ナゴシ)大祓(おおはらい)とは?

正月前に、1年間に体に溜まった穢れを払う、大祓えという神事が行われます。そして「夏越し= ナゴシ」とは、1年の中間にあたる6月の晦日に、半年間溜まった穢れを祓う行事のことで、祓いの神事の事です。
 

どんな神事/行事を行うの?

「夏越しの祓い」は、神社で二種類の儀式を執り行います。
●神社の境内に設けられた「茅の輪くぐり」
●人型の紙に「氏名と年齢を書き込んで、体を撫でて神社に納める」
 

なぜ夏越が行われるの?

丁度、1年の半分、旧暦12月晦日の大祓いの反対の時期で、正月~6月と7月~12月と分けると、1年を2分した時期としてみることができます。また、旧暦では6月から夏が始まり、暑さと湿気が厳しくなるので、体調が崩れやすくなるのと、食べ物が傷みやすくなる時期なので、この日を境に生活を切り替えていたという説があります。
●身を清めてお盆を迎えるのが「夏越の大祓」
●年の終わりに清めて正月を迎えるのが「年越しの大祓」
 

他にはどんなことが行うの?

この日には牛馬を水辺に連れて行って水浴びをさせたり、人間も水浴びをして健康祈願をする日といわれています。また、団子や饅頭を食べる習慣もあったんです。
 
 

スポンサードリンク

夏越の祓と茅の輪くぐりとは?

茅の輪くぐりといわれても、ピンとこないのではないでしょうか?「夏越」自体既にあまり使われなくなった言葉に加えて、なぜ茅の輪?茅の輪とはどんな物だっけ?という人の方が多いのではないでしょうか?
 

茅の輪とはどんなもの?

茅の輪とは、カヤやワラを束ねて作った大きな輪っかの事です。この日のために作る茅の輪の大きさは、鳥居の内側全部を囲えるくらいで、縦横約2~3mにもなる輪っかになるんですよ。
 
そして、この輪っかをくぐることを「茅の輪くぐり」と言って、夏越の祓いの儀式の日には、神社に入る人全員が茅の輪をくぐる事ができるんです。
 

どうして茅の輪をくぐるの?

この茅の輪は鳥居の下や拝殿前に設置されていて、この輪っかを潜ることで疫病や様々な災厄を逃れることができるといわれています。
 

茅の輪のくぐり方は?

神社の儀式なので、茅の輪のくぐり方にはちゃんと作法があるんですよ。そうはいっても、そんなに仕来りとか作法は気にしないで、気軽に楽しみながらくぐるのがおすすめのポイント!とっても簡単なのでササッと手短に紹介しますね。
 

茅の輪をくぐる手順
1、左回りにくぐる
 
2、右回りにくぐる
 
3、左回りにくぐる
 
4、8の字を描くように3回繰り返し潜る
 
※真っすぐ潜れば良いというわけではないので、覚えておいてくださいね。

 

茅の輪くぐりは昔から行われてきたの?

大祓の儀式は、701年の飛鳥時代に宮中の年中行事として正式に始まりました。茅の輪くぐりに関して諸説がありますが、一条兼良(いちじょうかねら、1402年~1481年)の「公事根源」に、茅の輪をくぐる歌が記載されています。
 
また、江戸時代にはどんな感じだったのか、「風俗問状 ふうぞくといじょう」に次のように記載されています。「厄除けとして子供たちが茅の輪をくぐり、この行事が終わると、茅の輪は海に流していた」と紹介されています。つまり、昔から茅の輪には魔除けや災厄を払い落す効力が合ったことが伺えます。
 

魔除けや厄除けとしての茅の輪

一部神社では、茅の輪くぐりだけでなく、小さな茅の輪を授与したり、小さい茅の輪を作って軒下に吊るしたりする習慣があるんですよ。
 
 

夏越には何を食べる?

夏越は儀式なので、どんな行事食があるのか気になるところではないでしょうか?この日には主に「饅頭」か「団子」を食べますが、他にもあるので簡単に紹介しておきますね。
 
●家族で饅頭を作って食べる
 
●団子を作って茨の葉に包んだ「水無月団子」
 
●外郎(ういろう)に小豆を乗せた「みなづき」
 
●豆とアラレ餅を炒ったもの
 
●夏越饅頭と呼ばれる、「祇園饅頭」「酒饅頭」「薄皮饅頭」など
 
 

最後に一言

夏前の古い年中行事ですが、これから暑くなる夏を乗り切れるように、神社で行われるイベントと思って参加してみてはいかがでしょうか?勿論、帰る前にこの日の行事食、団子や饅頭を食べることもお忘れなく!
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 夏の行事