あっとすしでほっとして

どうして端午の節句にはちまきと柏餅を食べるの?行事食の習慣

   


 
5月5日の端午の節句には、縁起物として柏餅や粽(ちまき)を食べる習慣があります。また一般的に男子のいる家では、鯉のぼりをあげて鎧兜と五月人形を飾ります。でも、なぜこの日には柏餅や粽は縁起が良い食べ物なのか紹介しますね。
 
 

スポンサードリンク

端午の節句のちまきにはどんな意味がある?

粽(ちまき)の始まりは、古代中国の頃にさかのぼります。粽(ちまき)を食べたことがない、という人がいるかもしれません。
  

粽(ちまき)とはどんな食べ物?

「茅(ち)+巻」と書きます。もち米や上新粉を練り、棒状に細長く丸めて、茅(かや)というイネ科やカヤツリグサ科草の草を巻いて蒸した餅のことです。その後、包むものが変化して、現在はササの葉に包んで作っています。
 

端午の節句に粽を食べるようになったのは・・・?

この日に粽を食べるようになった由来は、中国・楚の国にいた「屈原(くつげん)」という人物が関わってくるので、どんな話なのか紹介しますね。
 
人望の厚かった屈原が失脚して、5月5日に汨羅(べきら)という場所で水中に投身自殺をします。民衆は悲しんで、供養のために粽を川に流しました。
 
その後、漢の時代になると話が加わります。屈原の霊が村に現れて「川に投げ入れてもらう粽が、手元に届く前に蛟龍(こうりゅう)に盗まれてしまうので、楝(おうち)の葉で米を包んで五色の糸で縛って投げ入れて欲しい」と頼まれて作られたのが、現在の粽の始まりといわれています。
 
※楝(おうち)とは?
センダン科・センダン属、センダン(栴檀)という植物の一種。別名でオウチ(楝)やアミノキなどとも呼ばれる。
 

日本の端午の節句の粽の始まり

日本の粽とは、もち米/上新粉を練って三角錐や三角形にして、チガヤ、笹、マコモ、ヨシなどの葉で巻いて、蒸したしたり、茹でたりした食べ物のことです。チマキの他に、ササマキやツノマキなどとも呼ぶ地域があります。
 
そして粽とは、魔除けの食べ物言われていて、「ススキで包んだ粽を床の間にかけておくと、男の子が外出しているときに守ってくれる」といわれているんです。
 
 

スポンサードリンク

端午の節句の柏餅にはどんな意味があるの?

今度は、端午の節句の縁起物の食べ物といわれている「柏餅」について紹介しますね。
 

柏餅の始まりは?

端午の節句に柏餅を作るのは、江戸時代に入ってからなので割と新しい習慣なんです。関東周辺の、江戸を中心に上新粉を練って餅を作り、その中に餡を入れて柏でくるんだ柏餅を端午の節句には食べていました。
 
今では東も西も関係なく、どちらも広く全国に知れ渡っています。どちらもお好みを、もしくは両方を食べて構わないですよ。
●東日本・・・柏餅
●西日本・・・粽
 

なぜカシワで包んだ餅は縁起物?

この植物の葉は、一族繁栄の象徴として縁起の良いといわれてきました。冬になっても葉が枯れて落ちないで、そのまま春になると芽が出てくるところから、「家系が絶えず長く続く」といわれているからです。
 
西日本では、カシワの葉の他にサンキライの葉(別名:サルトリイバラ・マンジュッパ・ボタモチバラ)を使う地域もあります。因みに、柏餅にはブナ科のカシワの葉っぱを使いますが、「柏」とは本来はヒノキ科のコノテガシワのことなんです。
 
 

端午の節句のちまきと柏餅は贈り物?どんな習慣がある?

お祝いのときには、様々な行試食やお祝いの食べ物を食べることがありますが、端午の節句ではどうだったのでしょか?
 

初節句のお返しとして

初節句のご祝儀のお返しとして、粽や柏餅を配っていました。例えば、江戸時代後期に発行された「絵本江戸風俗往来」には、「男子のある家は柏餅・粽の贈答~。反礼は柏餅・粽・酒・勝魚節(かつおぶし)等なり。ま祝宴を開き縁辺朋友の招請あり」と記されています。
 
ただし、初節句のお返しとあるので、それ以外の端午の節句には、粽や柏餅を作ったり、買ってきたりして、自分達で縁起を担いで食べるだけでも構いません。
 
 

最後に一言

粽も柏餅も、魔除けや邪気払いの効果がある縁起物の食べ物として、端午の節句には食べてきましたんですね。それでは、端午の節句には粽と柏餅をメニューに追加して、食事を楽しんでくださいね。

※参照:「日本国語大辞典・小学館」「日本の年中行事事典」
 
 

 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 春の行事