あっとすしでほっとして

菖蒲湯はどうして端午の節句に入るの?菖蒲とはどんな植物?

   


 
端午の節句と言えば、子供の日が頭に浮かぶと思います。でも、この日にはショウブ湯に浸かりショウブ酒を飲む日という別な習慣が昔からあります。そんなショウブとはどんな植物で、端午の節句とはどんな関係があるのかなどついて紹介しますね。
 
 

スポンサードリンク

なぜ端午の節句には菖蒲湯に入るの?

5月5日といえば、ゴールデンウィークの最終日という認識が定着していると思います。また、同じくらいこどもの日としても世間では知られていますが、端午の節句はどうでしょうか?
 
「ゴールデンウィーク」「こどもの日」「端午の節句」と並べてみると、3つの習慣のうち、端午の節句が最も古い習慣なんですが、今日は端午の節句だ!とはあまり言わないですよね。どんな日のことなのでしょうか?
 

こどもの日と端午の節句は違う?

こどもの日は、近代に入ってから制定された祝日の一つのことです。そして端午の節句は紀元前の中国発祥していて、日本には遅くても奈良時代にはショウブを用いた行事が行われていたと伝わっています。
 
節供とは、中国から日本に伝わった暦の一種で、年中行事を行うための節目の日のこと。奇数月で月と同じ日で、その一つが5月5日の「端午の節句」となります。
 

ショウブ湯の始まりは?

菖蒲湯の習慣が文字として登場するのは、中国の六朝時代の湖南省・湖北省を中心に記した「荊楚歳時記・けいそさいじき」という資料の一節、「沐蘭節」に登場します。
 
中国の端午の節句には、蘭(らん)の葉を湯船に浮かべた「蘭湯(らんとう)」に入って邪気を払うといわれています。日本に伝わると、蘭の代わりに菖蒲(ショウブ)をお湯に入れて入るようになり、現在に伝わっている「菖蒲湯」になったんです。
 

なぜショウブ湯に浸かるの?

ショウブ湯に入って邪気を払うという習慣が伝わっています。そしてもう一つ、蛇婿入り(へびむこいり)という、昔話の一説が次のとおり伝わっています。
 
「人間の男性に化けた蛇が、娘の下に通って子を成します。菖蒲湯に入って蛇の子を堕ろすことで連れていかれずに済みました」
 
ここまでご紹介した通り、菖蒲は邪気を払うためで、後から語呂が良いところから「尚武= 菖蒲(しょうぶ)」という、男の子の勇ましさとは関係ないんですよ。
 

端午の節句は女の子にも大切!?

こうしてみると、端午の節句は男の子の日というより、女性が身を清める日という見方もできますよね。それでは、他にも菖蒲(ショウブ)にまつわる話について紹介していきますね。
 
 

菖蒲湯にはどんな効果がある?

端午の節句には、ショウブ湯の他にどんなショウブにまつわる習慣があるのか紹介しますね。
 

ショウブ酒とは?

蛇婿入りの別の説によると、「人間の男性に化けた蛇が、娘の下に通うようになります。そこでショウブ酒を飲むことで蛇の子供を洗い流す」という、少し怖いお話です。
 
3月3日の桃酒、5月5日の菖蒲酒、9月9日の菊酒と、各節句の行事酒はどれも同じような理由から、身を清めるために体に入れるためだからなんです。
 

ショウブの魔除け

「食わず女房」という「食事をしないという女性と結婚したが、実は異形の大喰いだった。ということが分かると男が逃げる際、菖蒲の陰に隠れて難を逃れた。」という話が伝わっています。
 
 

端午の節供のショウブ湯の入り方とショウブの使い方の一例

こんな話があるところから、菖蒲(ショウブ)が魔除けとして用いられて、女の子の身の決済につながる日としても考えられていることが伺えます。この日のショウブの使い方と、ショウブ湯の入り方をまとめますね。

●ショウブの香りで邪気を払う/魔除けになる
 
●ショウブ酒は、体を清めて邪気を払うために出す
 
●ショウブ湯には女性が先に入る(地域によって異なる場合がある)
 
●ショウブの葉を頭に巻いてお風呂に入ると頭痛が解消する/頭痛にならない
 
 

スポンサードリンク

菖蒲とはどんな種類の植物?

因みに、菖蒲(しょうぶ)とはどんな植物かご存知でしょうか?紛らわしいことに、”ショウブ”とつく植物が二つあるんです。
 
●アヤメ科のハナショウブ ※画像をクリックすると販売サイトへ
 ↓

 
●サトイモ科のショウブ 
写真の穂のようなのが花!そして苗から育てることができます♪
※画像をクリックすると販売サイトへ
 ↓

 
乾燥菖蒲というものもあります♪
※画像をクリックすると販売サイトへ
 ↓ 

 

ショウブ湯に使うショウブとは?

5月5日に用いる菖蒲とは、サトイモ科/ショウブ科の植物のことですが、植物の分類体系によって「サトイモ科」と「ショウブ科」に説が別れていますが、ここでは兎に角、「菖蒲」という植物があるということにしておきますね。。
 
特徴は、小さな黄緑色をした花が密集して咲いていて、花でなく葉っぱに強い香りがあります。また根っこは、薬として用いられて、胃や腸に効果があるといわれているんです。
 

ショウブ違いに気を付けて!

菖蒲湯に使う「ショウブ」には、アヤメ独特の大きな花は付きません。水芭蕉の花のように細長い茎のような先端部分が花なんです。
 
同じ漢字なので勘違いされやすいのですが、もし写真のような花がついていたら、全く別な植物になります。魔除けや邪気を払う効果は無いので気を付けてくださいね♪
●大きな花がついているのは・・・アヤメ= 菖蒲
●花がついていないのが・・・ショウブ= 菖蒲
 
 

最後に一言

端午の節句といえば男の子の日と思う人が多いかもしれませんが、実は女の子にも大切な日なんですね。男の子にはお飾りとお参りを、女の子にはショウブ湯を用意してみてはいかがでしょうか?
 
それでは、素敵な5月5日の子供の日をお過ごしください。
  
  

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 春の行事