あっとすしでほっとして

西宇和みかんの品種ごとの旬の時期はいつ頃?産地はどの辺り?

   

 
369 西宇和みかんの品種ごとの旬の時期はいつ頃?Top
 
西宇和みかんとはブランド名のことで、例えば「西宇和ポンカン」など、西宇和で作られている様々な品種のみかんのことです。
この、各みかんの品種がいつ頃出回るのか、またいつ頃からみかん栽培が行われてきたのかなど、西宇和みかんについて紹介しますね。
 
 

スポンサードリンク

西宇和みかんの品種ごとのとれる時期は?

一言で”西宇和みかん”といっても、ザッと並べただけで、これだけの種類があるんです。また、採れる時期もみかんの味も違うので、1種類食べて「西宇和みかんの味は分かった!」とは言えません!
  
9月下旬頃~6月頃まで、様々な種類のみかんが順番にとれるので、味や見た目の違いを比べながら楽しんでくださいね。
 

温州みかん(うんしゅうみかん) 9月下旬~2月上旬

中国の温州に因んで命名されたといわれていますが、九州の八代海付近が原産。1794年江戸時代末期に、西宇和でこの品種の栽培が始まった古い種類のみかんなんです。
 

不知火(しらぬい・デコポン) 11月~3月

冬の間は室内、旬の時期は3月~4月になります。不知火が品種名、通称デコポン。熊本県で一定水準をクリアした不知火を”デコポン”と呼びます。
 

紅まどんな 12月~1月

愛媛県で2000年以降に作られたみかんで、愛媛果試第28号というのが品種名。見た目は温州ミカンと同じなの、素人目には差がちょっとわかりづらいかも・・・。
 

天草 12月~1月

清美をベースに、1995年頃登録された*タンゴール。
 

伊予柑  12月~3月

1886年に山口県で発見された品種で、愛媛県松山市周辺で栽培が始まったといわれています。
 

ポンカン  1月~2月

インド原産のみかんで、1900年頃日本に伝わったといわれています。
 

甘平(かんぺい) 2月~3月

愛媛県で開発されたみかんで、温州みかんと同じマンダリン(ミカン類)の一種です。
 

はるみ 2月~3月

はるかと似た名称ですが、清美とポンカンを合わせて作られたみかんです。
 

はるか 2月~3月

福岡県で日向夏・ヒュウガナツと別の種類が自然配合下のが発見された品種。
 

せとか 2月~3月

清見をベースに長崎で作られた*タンゴールで、高級ミカンとして贈り物に好まれています。
 

清見  3月~5月

静岡県で、外国産のオレンジと温州みかんをかけ合わせて作られてのがこのみかん。1950年頃、日本で最初に作られた*タンゴール。
 

ニューサマーオレンジ  4月~5月

正式名称・日向夏(ヒュウガナツ)という、宮崎県原産のみかんの一種で、別名を小夏(こなつ)、土佐夏(とさなつ)、ニューサマーオレンジと呼ばれています。グレープフルーツやレモンに近い味。
 

カラマンダリン  4月~5月

通称・カラ/カラオレンジと呼ばれる、1915年に作られた*タンゴール。みかんは冬にとれますが、温かい地域で春から初夏にかけて捕れる種類。
 

河内晩柑(かわちばんかん) 4月~6月(一部の地域では夏頃まで)

1900年頃熊本県で発見された品種で、ザボン(文旦・ブンタン)の一種。和製のグレープフルーツといわれることがありますが、グレープフルーツとは別種類となります。
  
※タンゴールとは、みかん(マンダリン)とオレンジを合わせた種類のこと。伊予柑や清見が代表的です。
 
 

スポンサードリンク

西宇和みかんの歴史と栽培の始まりは?

●愛媛みかんの始まり

愛媛県の特産といえば「伊予柑」が有名ですよね。そして愛媛県全体でみかん作りが盛んにおこなわれてきましたが、栽培が始まったのは1794年の江戸時代後半。日本のみかんの代表ともいえる、温州みかんの木を宇和島に1本植えたのが始まりといわれています。
 

●西宇和でみかんの始まり

西宇和でみかんが作りが始まったのは、1895年(明治28年)に西予市に植えたのが始まりといわれています。
 
戦争中は食料生産向上のためにサツマイモを作っていましたが、みかんが植えられてから、ずっとミカンづくりが行われ続けているんですよ。
 
 

西宇和みかんを作っている産地について!

●西宇和はどの辺?

西宇和と地図で検索するとすぐに見つかりますが、四国の愛媛県西部の伊方町付近が表示されると思います。この伊方町のある半島全土が「西宇和郡」となります。
 

●昔の西宇和と西宇和みかん

明治頃までは、その隣の八幡浜市や西予市周辺と、この半島を「西宇和」と呼んでいたんです。だから、八幡浜市や西予市周辺で作られるみかんを「西宇和みかん」と呼んでいるんです。
 

●現在の西宇和

豊後水道の最も狭い箇所が、佐田岬のある西宇和郡の半島と佐賀県となります。
 

その他の現地情報→ 西宇和への行き方や観光情報
 

 
 

最後に一言

西宇和を食べに行く機会のある人は、秋から初夏にかかけて旬のみかんを現地で食べてみてはいかがでしょうか。
 
遊びに行くチャンスが無い!という人でも、お店でみかんを見かけたら「どこの?」「何の品種?」と見てみてください。西宇和産があるかもしれませんよ。勿論、オンラインショップで検索してみるのも一つの手です。
 
それでは、機会があったら西宇和みかんの食べ比べを楽しんでくださいね。
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 食べ物に関して