あっとすしでほっとして

初夢は新年の何日に見る夢?良い初夢を見る方法は?

   

 
362 初夢は新年の何日に見る夢?Top
 
初夢とは新年になって最初に見る夢のことですが、夢の内容から一年の吉凶を占う風習が元で、今の縁起の良し悪しが広まりました。それでは、初夢は何日に見る夢のことで、どうすればよい初夢が見られるのでしょうか?そんな初夢について紹介しますね。
 

スポンサードリンク

初夢はいつ見る夢のこと?

初夢という言葉が使われ始めたのは、平安時代末期の「山家集・さんかしゅう」で、暦上の新年とは関係ありませんでした。
当時は、節分から立春の夜に見る夢が初夢とされていて、立春が新年の始まりと考えられていたからだといわれています。
 
その後、初夢を見る日は3つの説に分かれて広まりました。
「大晦日から元旦に見る夢」
「元旦から二日に見る夢」
「二日から三日に見る夢」
 
そして、明治以降になって最も一般的な説は、「元旦の夜から1月2日の朝に見る夢」といわれています。
 
 

良い初夢を見る方法は?

だれもでよい夢を見たいものです。それが1年の縁起に関わるなら尚更ですよね。それでは、良い初夢を見る方法を紹介します。
 

□昔から伝わる、良い初夢を見る方法

七福神が宝船に乗った絵に次の回文を書いて、枕の下に入れて眠ってください。
もし悪い夢を見たときは、この七福神と宝船の絵を川に流して縁起直しをします。
 
「ながきよの とをのねぶりの みなめざめ なみのりぶねの おとのよきかな」※このように、上から読んでも、下から読んでも同じ歌を回文といいます。
 

□一富士、二鷹、三茄子

江戸時代以降広まった、縁起の良い初夢の内容です。なぜ縁起物になるのか諸説がありますが、正論は定まっていません。

・徳川家康公が好んだ物の順番「①富士山、②鷹、③なす」 
・徳川家出身の地の高いものの順番「①富士山、②愛鷹山、③初物のなすの価格」
・「①富士山は日本一の山、②鷹と書いて”高い””賢く強い”、③なすは”ことを成す”の語呂」
 
また、4~6まで初夢の内容がありますが、諸説・俗説・地域性など数多くあります。いずれにしても、あまり世間一般的ではありませんが、一応紹介しますね。
例)「四扇、五煙草、六座頭」や「四葬礼、五火事、六座頭」など
 
 

スポンサードリンク

初夢と七福神と宝船はどんな関係がある?

先ほど、良い夢を見るには「七福神と宝船の絵」が必要なことを紹介しました。なぜ七福神が関係してくるのでしょうか?
 

□七福神と初夢の関係は?

正夢や夢占いは、神様や仏様が夢を通して吉凶の予告をしてくれると信じられてきました。特に平安時代公家社会では、新年の初夢は重視されていたため、新年最初の夜、「獏」と書いた紙を枕の下に置いて寝ると良い夢が見られるようにしていたんです。
 
その後、室町時代に入ると宝船の絵を枕元に寝るようになります。江戸時代に入る頃には、七福神と宝船の絵を枕の下において寝るという習慣が町民の間に広まりました。
 
※獏とは、日本では悪夢を食べる想像上の動物、中国では辟邪(へきじゃ)の力があるとされています。
 
※平安時代の初夢とは、節分の夜から立春の夜にかけてみる夢のこと。
 

□なぜ七福神?

七福神とは、「大黒天、えびす(蛭子・恵比寿・戎・夷)、毘沙門天、布袋、福禄寿・ふくろくじゅ、寿老人・じゅろうじん、弁財天」の七人。
この七神は、室町時代末期から江戸時代初期に、福を呼ぶ神様として集められた縁起を担いで集められた集団なんです。
 

□代表的なエビスと大黒天

「エビス」とは福を呼ぶ神様として漁業や海の守り神のことで、字は複数あって「蛭子・恵比寿・戎・夷」と書きます。因み、エビスの本社は兵庫県・西宮神社になります。
 
なぜ「海の神様が福を呼ぶ」のかというと、蛭子・エビスは生まれて3年経っても立て無かったため、海に捨てられてしまいました。その蛭子が摂津の国に漂着したところから、海の領土を守る神様といわれたという話が伝わっています。
 
また別な意味で、「辺境の人」「異国人」のような意味や、海から漂着するものを福と呼んで拾う習慣があるため、「漂着するものの神様」「海を守る神様」という由来から、「海からの幸=大漁」を司る神様として崇められて現在に至っています。
 
「大黒天」とは、インドの神様「マハーカーラ」という戦いを司る神様が日本に伝わって「大黒」という和名が付けられます。この「大黒と大国」が同じ発音なのと、大きな袋を背負っているところから、日本では大国主命と同一されるようになったといわれています。
 

□インドと日本の神様

因みに、仏教はインドで発祥して中国経由で日本に伝わっています。だからどの七福神も大半がインドから来た神様となります。
そのインドの神様と日本古来の神様が混じってしまったのが、大黒天とえびす神とも考えられているんですよ。
 
 

最後に一言

初夢は占いから縁起物に変化しましたが、その辺は関係なく、せめて新年最初くらいは良い夢を見たいものです。
 
それでは、良い夢を見られるように「七福神と宝船の絵」を用意するか、紙に「獏」を用意して枕の下に入れて寝てくださいね。
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 冬の行事