あっとすしでほっとして

風邪のときの食事でおかゆ以外なら何を食べたらいい?おすすめは?

   

 
330 風邪のときの食事でおかゆ以外なら何を食べたらいい?Top
 
風邪やインフルエンザになったとき、普通の食事やこってりしたものが食べられなくなりますよね。定番はお粥ですが、同じものだと飽きるし、お粥嫌いにとっては更に災難。そんなとき、おかゆ以外の食事や栄養補給の仕方のおすすめについて紹介しますね。
 
 

スポンサードリンク

 

風邪やインフルエンザの時のご飯はおかゆ以外に何を食べる?

風邪の時のお粥は、消化が良くて普通のお米よりも吸収が早いのと、さっぱりしているから食べ易いですよね。
 
だから昔から病気の時はおかゆが定番料理なんでしょうけど、お粥ばかりでもう飽き飽きだ!という人や、お粥なんて嫌いなのに・・という人もいます。
 
だから、風邪をひいたときや体調が悪くて食欲が無いときの食事は「さっぱりとしたもの」「栄養があるもの」「胃に負担がかからないもの」を用意すれば、お粥じゃなくたって構いません!
 
それでは、お粥以外ならどんな食べ物が良いのでしょうか?
 
 

◇中華粥はいかがでしょうか?

330 中華粥
 
えっ!?またお粥ですか!と言いたくなると思いますが、中華粥は日本のお粥とはちょっと作り方と味が違うんです。
 
・材料
お米・・・1カップ
ごま油・・・大2~3
生姜・・・適量
鶏肉・・・お好みの量
塩・・・小2
水・・・約1リットル
 
・作り方
1、ごま油と生姜を強火で鍋にかける
2、煙が出始めたら、お米を鍋に投入して炒める!
3、お米が割れて油がなじんだら、熱湯と鶏肉を入れる
4、弱火、蓋をする、塩味を付けて約40分
5、椀にお米と、裂いた鶏肉と、薬味を入れて完成!
  
※お米を煮込んで溶かすのが日本のお粥、中華がゆは炒めて割るのがコツ!
※鶏肉から出る出汁の代わりに、干したホタテを入れても美味しいですよ。
※鶏肉だけで出汁が足りない場合は、鶏がらスープの素を入れてください。
 
 

◇湯豆腐は温まります

生姜を入れて、ねぎと大根おろしで食べれば、さっぱりして体もまりますよ。
 
1、鍋に水をはって昆布を入れる
2、お湯が温まり始めてたら、豆腐を入れる
3、温まったら火を止めて、大根おろしときざみネギを入れて完成!
 
※ポン酢、ゴマダレ、塩味など、体調に合わせて、食べたい味付けでどうぞ。
 
 

◇かんきつ類でビタミンの補給

330 オレンジ
 
風邪の時は、昔から「ビタミンC」の摂取が推奨されていますよね。
ビタミン類は、体内に入ってきた細菌やウィルスに抵抗するのに効果があります。
 
「喉や鼻から感染する予防」
「風邪のひきはじめの対応」
 
そして、糖分とビタミンが同時に捕れるのが「柑橘(かんきつ)類」。
ビタミンCだけでなく、いくつかのビタミン類も摂取できます。
 
 

◇緑黄野菜と大豆で予防と回復

330 カボチャ
 
β―カロテンやカルシウム、鉄、ビタミンB群とA群などが多く含まれていて、鼻腔の粘膜の乾燥を抑えるなど、風邪の予防に効果があります。
 
回復するのにも一役買ってくれます。
 
 

◇はちみつは喉や鼻にやさい

330 はちみつ
 
ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンKの他、葉酸や鉄分なども豊富に含まれています。
回復するのに必要な栄養を補給できるのと、吸収が速い糖分なので風邪の時には効果的です。
 
 

◇定番の食事なら・・・

330 うどん
 
温かい食べ物は、体内から体を温めてくれます。体内のウィルスや体調を崩す細菌を滅菌する手助けになります。定番なのは、うどんやそばなどですが、余計な具を入れないこと。もし何か入れたいなら・・・
 
「生姜」は体温を上げてくれます
「大根おろし」は炭水化物以外の栄養を補うのに向いています。
「ネギ」程度なら、そんな胃に負担はかからないでしょう。
 
※注意!そばアレルギーの人は食べないでね!
  

スポンサードリンク

 

風邪のときのご飯はさっぱりしたもの!ちょっと回復してきたら?

完全に体調崩したときは、胃に負担をかけないで、消化の良いものを食べながら寝るのが一番!少し回復してきたら、「栄養補給」をすることで、更に回復を早めてくれます。
 
でも、お粥やうどんに飽きて他の物を食べたい!というとき、胃に負担をかけない簡単メニューを紹介しますね。
 

◇雑炊をアレンジして

普通の雑炊に「卵とじ・ネギ・生姜」、隠し味に「豆板醤」をちょこっと追加!
または、唐辛子をパパッとかけて、体温を温める手助け!
 
ちょっと食欲が出てきて、体長は悪いけど食欲はある!というときは、追加で香辛料で温めます。
 
※辛い食べ物は胃に負担がかかります。回復してきてからなら構いませんが、不調の時は避けることをおすすめします。
 
 

◇雑炊の代わりにリゾット!

330 リゾット
 
目線を変えてちょっとおしゃれ(?)に栄養補給してみてはいかがでしょうか?
難しく考えないで、凝らずに”洋風のおじや”と思ってください。
具は少な目で十分ですよ。手早く作るなら、冷凍海鮮ミックス程度にして、休む時間を優先してくださいね。
 
・材料
お米・・・200ml
玉ねぎ・・・1コ
チーズ・・・40g
 
料理用白ワイン・・・50ml
オリーブオイル・・・大1
塩・・・小1
コンソメ・・・小1
水・・・800ml
黒コショウ・・・適量
 
・作り方
1、下準備
・玉ねぎをみじん切り
・お湯でコンソメと溶かしておく
 
2、玉ねぎを炒める
・鍋にオリーブオイルを入れて中火、玉ねぎを炒める
 
3、お米を炒める
・玉ねぎに色がついたら、お米を投入して炒める
・お米に、玉ねぎとオリーブオイルを馴染ませる
 
4、料理用白ワイン投入
・火を通してアルコールを飛ばします
 
5、コンソメスープを入れる
・2回に分けてコンソメスープを入れます。
1回目は、300ml入れて強火にして混ぜる。
2回目は、水分が減ったら弱火にして残りのスープを入れる
 
6、チーズを入れる
・お米が丁度良い硬さになったら火を止める
・火を止めてからチーズを入れて混ぜる
 
7、完成!
・器に盛って完成!
 
※ニンニクを入れたいときは、玉ねぎの前に炒めて、火が通ったら取り出してください。食べるときにカリカリのニンニクをかけて食べるといいですよ。
 
※チーズはなくても構いません。また、粉チーズ、チェダー、モツァレラなど好きなチーズで構いませんよ。
 
 

風邪のときの食事でおすすめはスープ!

330 スープ
 
風邪をひいて、お粥やうどんばかりじゃいや!というとき、スープが効果的です!
 
・みそ汁
単純に、温かい汁に豆腐とネギだけでも十分!
水分が取れるのと、豆腐やみその素、大豆から栄養が取れます。
 
・お手軽、生姜入りスープ
1、大きな鍋に、たっぷりの玉ねぎのスライスを水で煮込みます
2、小さく切ったジャガイモと生姜を追加
3、手鍋に食べる分だけとって味付けします
「鶏がらスープの素」「」コンソメスープの素」「めんつゆの素」などお好みでどうぞ!
 
※毎回同じ具でも、違った味付けのスープが楽しめますよ!
 
・ニンニクスープ
1、ごま油でニンニクを炒める
2、鶏がらスープに塩・コショウなどで味を調える
3、わかめやネギを入れて完成!
 
・めんつゆと生姜汁
「ええい、面倒だ!」というときは、めんつゆの素をお湯で薄めておろししょうがを入れるだけ。具を入れるときは、ワカメやネギなど簡単な物がおすすめです。
 
 

最後に一言

風邪のとき体を温めるのは、汗がでるくらい体温を上げて、体内に入り込んだ病原体を熱殺菌すると考えればわかりやすいと思います。
 
その時に手助けするのが、食事なんです。食事をすれば体温が上がる、栄養補給して細菌を退治する!
 
体調や気分によって食べたい物が変わると思います。おかゆ以外にも、たくさん食べられるものがあるので、ご自身の体と相談しながら食事をしてください。
 
それでは、しっかり食べて早く回復してくださいね。
 
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 料理全般