あっとすしでほっとして

結婚しても妻へクリスマスプレゼントを贈るのは大切なこと?

   

 
328 結婚しても妻へクリスマスプレゼントを贈るのは大切なこと?Top
 
恋人とのクリスマスの過ごし方は重要ですよね、好きな人と関係を深めるのに外せないイベントの日です。でも結婚してからはどうなのでしょうか?相方の気を引くことに心血を注いでいた頃とは違いますが、そんな夫婦にとって大切なクリスマスついてのお話です。
 

スポンサードリンク

夫婦でも嫁へクリスマスにはプレゼントを贈ろう!

恋人として交際中は、女性からも男性からもクリスマスには一緒に過ごしたり、一生懸命プレゼントを考えて贈る人が多いと思います。
子供ができたご家庭では「めでたいゾ!」と喜びますけど、気が付いたら子供にかかりきりで自分のことは後回し、という夫婦は珍しくありません。
 
 
ここまでは、よく耳にする世間一般のことですよね。子供に関しては仕方ないんです。だって、自分の為に何かするより、子供のために何かをしていることの方が嬉しいんですから。
だから自分のことは後回しで・・・・となっても決して苦ではないんです。(そうでない人もいらっしゃいますが・・・)
 
交際中はお互いに、相手を喜ばそうと一生懸命、一緒にいる時間を増やそう大切にしようと一生懸命です。

それとは別で、女性にとって「誕生日」「バレンタインデー」「クリスマス」は3大イベントや、年中行事といってもいいくらい楽しみな日なんです。だから、世の中の男性の皆様は気合の入れどころなんですよ。
 
 
それでは、結婚してからは・・・・・どうなんでしょうか?一言で別けられるものではありませんが、あまり気合が入っていないご夫婦の方が多いのではないでしょうか?
 
勿論、常に奥様にプレゼントを贈る男性はいますし、子供を誰かに(どこかに)預けてデートを楽しむカップルもいます。
 
 

〇なぜクリスマスにプレゼントを贈らなくなるの?

328 なぜプレゼントを贈らない? 
不思議ですよね、クリスマスに興味が無くなるといえば簡単に説明がつきますが・・・。
強いていえば、新婚数年目あたりまでは、二人で外食に出かけたり、子供ができたら家でパーティーをしたり、そんな程度になってしまいます。
 
欲しいものはすでに持っている?
結婚する頃になると、ある程度の収入がありますよね。だから、欲しい物や必要な物はすでに持っているか、自分で買ってしまいます。
今更、わざわざ忙しい時期に物を増やさなくても・・・と思うのかもしれません。
 
イベントが多いから?
交際している頃から何年も、誕生日やバレンタインデーにプレゼントをしていると思います。同じように、クリスマスにもプレゼントをしたと思います。
1年に3回もプレゼントに心血を注いでいたら、大抵の物は贈っていますよね。また、1年に3回も選んでいたら「忙しくてかなわない!」というのが、多くの世の男性の本音ではないでしょうか?
 
それでも、相手を喜ばせたいという気持ちからプレゼントを贈ってきましたが、結婚して一緒に生活すると、同じ財布(アカウント)で生活するようになります。
一緒の生活費からプレゼントを贈り合っても、有難みが半減してしまいがちです。それなら余計な手間暇はかけないで・・・となってしまいます。
 
世の中のイベントに興味が薄れてしまうから?
年を重ねると、段々世間のイベントに参加する興味が失せしまいます。12月下旬というと、お正月休み前の追い込みで、仕事が忙しいものです。また、当日は仕事をしている人や、クリスマスを楽しむ側から、楽しませる側に変わる人もいるでしょう。

そうしているうちに、自分のペースで生活するようになるので、学生の頃のように「周りが盛り上がっているから」という刺激も無くなってきます。それなら家でゆっくりしよう!正月休みに向けて、財布の紐を締めておこう!となるからなのではないでしょうか?
 
結婚したらおしまい?
不謹慎かもしれませんが、もしかしたらですよ・・・・、結婚して伴侶と一緒になったら「相手の気を引く必要がないから」なんていう人もいるのかもしれません。
だって常に一緒にいて、良いところも嫌なところもお互い見せ合って生活しているわけですよ。今更相手の気を引く必要なんて・・・という人もいるのかもしれません。
 
これ以上、なぜプレゼントを贈らないの?と原因や理由を考えてもきりがないので、今度はプレゼントをする人がどんなものを贈っているのか、参考例を紹介しますね。
 
 

〇どんなものを贈っている?

328 どんなものを贈る? 
・買い替え時の物をプレゼントとして購入!
冬になればコートや温かいジャケットが必要になると思います。奥様から旦那様へこういった、生活用品のプレゼントはよくある話です。
 
一緒に生活しているからできること!奥様の身の周りの物に注視してください。必ず買い替えた方が良いものがあるはずなんです。奥様へプレゼントをする多くの男性が、こういう身の回りの物を贈ったり、一緒に買いに行ったりしているんですよ。
 
・生活で使えるもの、家電や生活雑貨を購入!
新しい、炊飯器、パン焼き機、食器洗浄機、コーヒーメーカーなど買い換えや、新機能搭載の家電を増やすなど、自分たちの楽しみとして二人で購入しています。
恋人の時のように、相手を喜ばすのではなくて、自分たちを喜ばすための、自分たちへのプレゼントですよ。
 
・心遣いが大切?
クリスマスに興味が無い、何もしないと決めても、ちょっとした心遣いは嬉しいものです。金額の話ではないので、ちょっとしたもので構わないんです。
 
手入れのいらない「ブリザードフラワー」「ちょっとした花束」「普段ラフに使える手袋」など。
 
・妻を喜ばせたい!という人
結構人気があるのがマッサージ機なんです。でも一つ問題があって「シートタイプ、足、お尻」など、色々なマッサージ器があってですね、何が問題かというと、「えー、足いらない!背中が欲しい!」とか「お尻ヤダ!足裏がイイ!」と人によって必要な個所が違うんです。
 
そこで、サプライズで贈るなら、プレゼントを買う前の事前調査として、肩もみや背中をマッサージしてください。どんなところが凝りやすいのか、どこをいつも解したいのか、チェックしておけば買いやすいですよね。
 
・一緒に過ごすことが大切!
プレゼントはいらないという夫婦が多いんです。何度もご紹介している通り、すでに欲しいものは持っているからです。また、物を増やしたくないという人も中にはいます。

その代わり、遊びに行く、お出かけするという人も珍しくありません。街をぶらぶら散歩しながら、ウィンドウショッピンングして欲しいものがあったら買う。
または、日帰り~1週間くらいの旅行に出かけるなど、二人で(家族で)楽しむことが「自分たちへのプレゼント」という場合もありますよ。





 
  

嫁へクリスマスプレゼント贈るときの渡し方は?

クリスマスには、お互いに贈り物を贈って楽しむものですよね。英語圏では、仲のいい家庭の多くが、夫婦、親から子供、子供から親へプレゼントを贈り合っているんです。
少なくても夫婦で贈り合うのは当たり前なんです。「えっ!ウチはちがうよ!」というご家庭もあるかもしれませんが・・・。
 
328 クリスマスプレゼントの渡し方
 
そして、クリスマスプレゼントの渡し方は一応決まっています。世界中というとちょっと大げさかもしれませんが、英語圏の人たちはクリスマスツリーの側にプレゼントを置いておいて、12月25日の朝に開けます。24日の夜という家庭や、25日の夜という家庭もあるので、その辺はまあ適当にということで。
 
でも、世の中には色々凝ったプレゼントの渡し方をする人がいると思います。極論でいえば、「好きなように渡す」で構いませんが・・・・。だから、何も”凝る”必要なんて一切ないんです。凝りたい人は頑張ってください!シンプルが良い!という人は普通にツリーの下に置くといいですよ。
 
クリスマスツリーが面倒だ!という人は、折り紙折るとか切り抜くとか、安くて小さなものを買ってきて、ちょこんと窓際にでも飾ってくださいね。
 
 
328 一緒に買いに行く
 
一緒に買いに行くという方法もあります。1か月以上前から、「何が欲しいか、予算はどれくらいか」伝えて考えてもらってください。
そしたら、11月~12月の休みの日には一緒に下見におでかけ?デート?と称して、プレゼントを贈るまでの過程を楽しんでもらってください。

奥様も女性として楽しみたいときもあると思います。だから、特別なことはしなくても、プレゼント選びといいながら出かけをして、一緒に過ごすというのも男としての器量の見せ所なのではないでしょうか?
  

スポンサードリンク

嫁にクリスマスのサプライズプレゼントは気を付けて!

「よし、プレゼントを贈って妻を喜ばしてやろう!ついでに驚かしてやろう!」と思う気持ちは、とっても大切だと思いますよ。
 
 
こんなプレゼントを貰っても困りますが・・・・
328 サプライズプレゼント 
 
でも、奥様が欲しいものと、旦那様が贈りたいものが常に一致するは限りません。いや、稀だと思った方がいいでしょう。

特に、身に着けるもの、例えばアクセサリーや洋服やバッグや化粧品など、女性は「欲しいもの以外身につけたくない」というものなので、一緒に買いに行ってくださいね。
いくら気持ちをこめた旦那様からのプレゼントでも、欲しくもないものをプレゼントされたら困りますから。
 
  
クリスマスに絶対避けた方がいいのは、「お出かけサプライズ」。旦那様からしてみれば「こんなすごい場所で食事できるなんて知ったら、きっと驚くだろう!」と思って、当日まで秘密にしておきたいですよね。
 
でも奥様は、男性と違って色々事前準備したいんですよ。特に、クリスマスに大勢の人がいる場所へ出かけるときは、気合を入れたいものなんです。髪を切りに行ったり、お店に合わせて服を選んだり、クリーニング済みの服を用意したり、新品のストッキングを用意したり・・・・。
 
だから、突然のお出かけプレゼントは驚かしたい男性と、事前準備をしていないと楽しみが半減(楽しめない)という女性、という別々の気持ちがあると思ってください。
 
せめて、「クリスマスにはご飯を食べに行く」「場所は秘密だけど、ヒントはフレンチ/和食/ステーキなど」「何時頃行く」「自分はどんな服装で行くか」、これくらいは伝えてあげてくださいね。
 
 

最後に一言

クリスマスは海外から来た習慣だから、日本人の自分には興味がないという人がいます。また、結婚をすると、世の中の喧騒が鬱陶しく思えるときがあると思います。
 
それでも、贈り物を貰えると誰でも嬉しくなるものなので、奥様を喜ばしてあげてくださいね。
 
そんな喜んでいる奥様の姿を見ることが、旦那様にとっては何よりのクリスマスプレゼントになるのではないでしょうか。
 
それでは、クリスマスは気楽に夫婦で楽しんでくださいね。
 
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 冬の行事