あっとすしでほっとして

禅寺丸の発祥地には日本最古の甘柿の木がある?周辺での遊び方は?

   

 
325 禅寺丸柿Top
   
昔の柿は渋柿しかありませんでしたが、突然変異で甘柿ができたといわれています。甘柿ができた原因には所説があるんですが、川崎市王禅寺にある禅師丸という柿の種類が、最初の甘柿だと伝わっています。そんな甘柿発祥地の王禅寺について紹介しますね。
 

スポンサードリンク

 

甘柿の始まり禅寺丸の発祥地はどこ?

柿には約1000種類あるといわれていますが、大きく分けると「甘柿」「不完全甘柿」「渋柿」の3種類に分類されています。
このうち「禅寺丸」という柿は、最初の甘柿(甘柿の始まり)と紹介しましたが、正確には「不完全甘柿」となります。
 
そして禅寺丸という柿の種類は、渋柿しかない時代、気候の変化や環境の変化などいくつか原因が考えられていますが、突然変異で甘柿になれいました。
その甘い柿が、川崎市で発見されて日本中に広まったといわれています。それではいつ頃、どこで、誰が発見したのでしょうか?
 
発見年・・・1214年・鎌倉時代
発見場所・・・神奈川県川崎市麻生区王禅寺、星宿山・蓮華院王禅寺
発見者・・・等海上人にて王禅寺内の山中で発見
 
そんな禅寺丸柿は、日本最古の甘柿として2007年に登録記念物に指定されただけでなく、2009年に宮内庁・皇居東御苑の一部にある果樹古品種園という場所に禅寺丸の木が植樹されたんですよ。
 

〇星宿山蓮華院王禅とはどんな所?

川崎市麻生区と横浜市青葉区の境に位置していて、王禅寺、王禅寺ふるさと公園、原子力研究所の山中の一角にあります。
 
残念ながら、京都や浅草の様な観光寺ではありませんが、横浜市や東京都の郊外とは考えられないような、懐かしい里山の情緒が残っている場所なんです。
325 禅寺丸柿登録記念
  

〇王禅寺へのアクセス方法

小田急線・東急田園都市線からバスで行けます。車の場合は、王禅寺ふるさと公園の専用有料駐車場にとめることができます。間違っても付近の住宅街にとめないでくださいね。迷惑になってしまいますから。
 
・小田急線・新百合ヶ丘駅 ←→ 東急田園都市線・あざみ野駅
バス停→ 虹ヶ丘営業所、王禅寺東三丁目、 裏門坂
 
・小田急線・柿生駅 ←→ 東急田園都市線・たまプラーザ野駅
バス停→ 梨木団地入口、琴平下
 
虹ヶ丘営業所、王禅寺東三丁目方面からの入り口
325 王禅寺入り口

 

〇禅寺丸の生産

1868年以降(明治元年)になると、天皇にも献上されたり、鉄道で出荷されるなど最盛期に入ります。
1930年頃・昭和初期頃まで、約9000本の柿の木が栽培されていて、約900t生産されていた記録があります。
 
当時は甘柿の代表でしたが、今では品種改良によって「富有」「次郎」など、別種類の甘柿が主流となっています。
 
 

スポンサードリンク

 

禅寺丸の原木周辺の見どころと遊び所?

特別な観光地ではありませんが、里山緑地公園で遊べるのと、少し離れた場所に柿生駅近くにある「禅寺丸本舗の本店」は、和菓子専門ですが柿を使った和菓子があるんですよ。
 

〇王禅寺

静かな森の中のお寺です。王禅寺ふるさと公園の裏手にあります。そんなに大きなお寺ではないので、10分~15分で一回りできますよ。
 
王禅寺にある禅寺柿の原木 
325 禅寺丸原木
 
 
また北原白秋の句も残っているなど、秋の週末には足を運ぶ人も多いので、やや混むことが予想されます。
 
北原白秋の残した句が左後ろの石に彫られています。 
325 北原白秋
 

〇王禅寺ふるさと公園

広い芝生、ピクニックテーブル、土と木道でできた森の中の散策道、遊戯具などがあります。
だから子供連れで行っても楽しめますよ。遊び道具やお弁当を持参するとノンビリできますが、週末はそんなピクニック客が多いので要注意です!
  
王禅寺ふるさと公園の一風景
325 王禅寺ふるさと公園
 
有料駐車場があります。夏の週末は激混みしますよ。
料金: 普通車1時間/300円、超過/30分毎50円
4月~10月: 8:30am~5pm 8pm閉鎖
11月~3月: 8:30am~4pm 5pm閉鎖
 
325 駐車場
 
 

〇琴平神社

王禅寺ふるさと公園の南西に琴平神社があります。この神社では毎年10月中旬頃、柿祭りという秋祭りが行われています。
 
325 琴平神社
 

〇禅寺丸本舗

柿生駅南口から南に約150mにお店があります。古い駅前商店街にバスが通っているので、歩くときは気を付けてくださいね。
 
おすすめは、柿餡の入った禅寺丸最中など柿を使った和菓子です!
 
 
 

甘柿の禅寺丸で干し柿はできる?

甘柿の木を植えるとき、他の種類と一緒に授粉用に植えられています。勿論、他の種類の柿の木でも甘柿を作っていますが・・・。
そして、この「禅寺丸」という種類の柿は日本で最初の甘柿だと伝わっています。
 
因みに、干し柿は渋柿で作るものといわれています。甘柿で作っても出来上がる前に腐ってしまうからです。でも、どんな果物でも干せばドライフルーツになるものです。作り方干し方を工夫すれば近いものができるものなんですよ。
 

〇ドライ柿

約1.5cmの薄切りにして、風通しの良い場所に干すだけ!
ネットでもザルでも天日干し!
 

〇干し柿

甘みの強い甘柿を干せば、水分が飛んで更に甘みが増すので美味しいことは間違えありません。
渋柿同様、皮をむいて風通しの良い日陰に吊るします。
室内に入れたら、風にあてて強制的に乾燥させます。
 
 
※「ドライ柿」「干し柿」どちらを作るにしても、夜は部屋に入れて夜露にあたらないようにすること、日中は外に干すことです。
※寒い地域の晩秋に作るときは凍らないように気を付けてくださいね。
 
 

最後に禅寺丸について

残念ながら、王禅寺周辺で禅寺丸を買いたくても殆ど出回ることがありません。どこかのお店で偶然発見した時はラッキー!と思ってくださいね。
 
因みに、川崎の北に位置する王禅寺から北東に少し離れた場所にある「生田緑地」では、岡本太郎美術館、川崎日本民家園、プラネタリウム、天皇陛下お手播きのスタジイ・皇后陛下お手播きコブシ、舗装と未舗装された山道の散策などが楽しめます。
その他に、藤子不二雄ミュージアムや、時期が合えばバラ園、多摩川近くには果樹園や、よみうりランドなどもあるので、禅寺丸の原木と合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか?
 
→ 「王禅寺周辺の観光情報
 
それでは、禅寺丸柿を買う人も、苗を買っていずれ収穫する人も、柿を堪能してくださいね。
 
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 植物に関して