あっとすしでほっとして

台風の目はなぜできるの?目の中の状態と台風の上陸とは?

   

 
308 台風の目はなぜできるの?Top
 
台風の目といえば、夏に日本へ来る大きな低気圧の塊の中心で、その中心の目の中に入ると快晴だとか、風が止むと言われています。
でも、なぜ台風の目ができるのか、目の中がどんな状態になっているのかそして上陸するとはどういう状態なのか紹介しますね。
 


 
スポンサードリンク

 

台風の目はなぜできる?目の中は晴れ?

台風の仕組みは学校で習ってきているので、ある程度はご存知だと思います。そして日本で暮らしていて、台風を経験したことがないという人もいないと思います。
 
それでは、台風の目とは台風の中心、渦の真ん中の仕組みについて簡単に説明しますね。
 

◇なぜ台風に目ができる?

1、「海水の上昇、上昇気流発生、半時計回りに上昇」
2、「高さ10~15kmで熱が冷めて上昇が止まり、下降を始める」
3、「大きな下降気流が発生すると、外が上昇↑/中心で下降↓を繰り返す。」
4、「上昇↑、渦の中心で下降↓、”熱帯低気圧”発生」
5、「大きくて風が強くなった渦が”台風”」
 
これが台風の簡単な仕組みですが、因みに熱帯低気圧と台風の違いは”風速”の違いだけなんです。熱帯低気圧をが最大風速が17.2m/s(秒速)になると台風となります。
 
だから台風の周りと中心付近では極端な状況となるんです。
「周りは強い上昇気流」・・・雲や雨になる
「中心は強い下降気流」・・・断熱昇温のため雲は発生しない
 
だから台風の中心は雲がなくて、晴れた状態になるんです。


 
 

台風の目の中はどうなっている?気圧は?

それでは、台風の中心付近の”目の中”とはどうなっているのでしょうか?
 

◇台風の目の中はどうなっている?

台風の中心の天気は、世間では「無風・快晴」と言われています。また映画でも、中心に入ると途端に雨がやんで快晴になって風も止まりますよね。
 
ちょっと極端な表現ではありますが、基本的にはそれに近い状況となります。
「空が見える晴れ」
「風がほぼ止む」
「天気が良いのは数十分~1時間(規模による)」
 
※台風の規模によって、やや雲が出たり、天気が良い時間が長かったり短かったりします。
 
 

◇台風の目と気圧は?

台風に限らず、天気には高気圧と低気圧という言葉があって、そこに雨や風といった気象変化が発生しますよね。
因みに、低気圧と高気圧とは”周囲に比べて”気圧が高いか低いかというだけです。〇〇ヘクトパスカル以上/以下で、低気圧や高気圧と決まるわけではありません。
 
「高気圧」とは、下降気流が発生すると空気が圧縮されます。周りの空気が外に押し出されるので、雲がなくなって”晴れ”ます。
 
「低気圧」とは、上昇気流で雲が発生、そして空気の圧が減ります。上空の温度が下がるので、空気に保てるの水分量が減ります。その水分が雲になり、一定量の水蒸気が上昇すると雨になります。そして、低気圧の周辺と気圧が違うので”風”が発生します。
 
 
「台風とは低気圧の塊」で、外側から内側向かって風が流れ込んで渦になって上昇します。
この渦の中心近くでは、「強い遠心力が外に向かって」強く働きます。だから、外から流れ込んでくる風は、この「渦の壁」に遮られて上昇していくんです。
 
こうして「一番気圧の低い部分」を計測して、台風の規模が伝わってきます。


 

スポンサードリンク

 

台風の上陸とは?

台風の上陸とは、「一番気圧の低いところ」が上陸したときを指します。
間違えやすいのは、「台風の雲が陸上にかかったら」「台風の目が上陸したら」とイメージされがちなんです。
 

◇台風の計測、気圧の計測

・海に気圧計のついた「観測ブイ」が設置、観測船で会場に出て計測します。
・気圧の観測は「海抜0m」地点で計測します。
・ドボラック法という方法があります。
一言で表すと、衛星から見て「過去の記録にある」雲や中心の渦の形や大きさから計測するという方法。
 
こうして台風の強さを計測・予測、そして天気予報で知らせてくれて、私達が台風が来るのに対策や準備をしているんです。


 
 
 

最後に台風の目について一言

子供の頃は台風が来るというと、なんだかイベントがやってくるような気がして”ワクワク”したという記憶がありませんか?
 
そして、台風の目の中に入ってみたいと思ったこともあるでしょう。そんな希望が叶った人もいれば、大人になっても台風の目の中に入ったことがない、という人も大勢いると思います。
 
台風は毎年20~30コくらい発生しているので、天気予報を確認しながらいつか「台風の目」の中に入って、自分の目で確かめられるといいですね。
 
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 生活情報