あっとすしでほっとして

炊き込みご飯と混ぜご飯は何が違う?五目御飯とかやくご飯は?

   

 
296 炊き込みご飯と混ぜご飯は何が違う?五目御飯とかやくご飯は?Top
 
 
炊き込みご飯と混ぜご飯は、出来上がって盛り付けると、見た目はほとんど同じですよね。違いは、具に何を入れているかくらいです。
それに、かやくご飯や五目御飯という料理もあるので、何が違うのか混乱してきませんか?そんなご飯の違いについて紹介しますね。
 
 

スポンサードリンク

 

炊き込みご飯と混ぜご飯の違いは何?

炊き込みご飯と混ぜご飯をお茶碗に盛り付ければ、どちらもごはんと具材が入っていて、味がついている似たような食べ物ですよね。その違いを簡単に紹介しますね。
 

〇混ぜご飯とは

白く炊きあがったごはんに、味のついた具材を混ぜる料理です。例えば、すし太郎、まぜ込みわかめなども混ぜご飯の一種になります。
良い点は、ご飯の炊きあがりが常に一定なのと、具材を別に作っておいて好きな量を混ぜ込むことができること。炊きこむよりお手軽で失敗しない料理なんです。
 

〇炊き込みご飯とは

具材とごはんを一緒にお釜に入れて炊いた料理のことです。具材はお好みですが、魚や旬の野菜を一緒に炊きこむので、味も香りも濃縮してごはんに染み込みます。
だから、混ぜご飯より味が染み込んで、香も釜の中で封をされている分、おいしく食べられます。
 

〇お米や具材は?

お米は”うるち米”といって、炊き込みご飯も混ぜご飯も普通のお米を使用します。
炊き込みご飯の時のコツとして、もう一つのお米の種類になる”もち米”をちょっと混ぜると、”ツヤ”や”粘り”がでておいしくなるんですよ。
 
具材は残念ながら、「地方」「家庭」「旬の食材」「好み」などによって変わってくるので、決まりはありません。好きな具材をお好みで入れて炊くか、調理してごはんに混ぜてください。
 
 
 

炊き込みご飯と五目御飯とかやくご飯に違いはある?

炊き込みご飯と混ぜご飯について違いがわかりましたが、他にもかやくご飯、五目ご飯、味ご飯など「〇〇ごはん」というものが沢山ありますよね。それぞれどんな料理のことを指しているのでしょうか?
 

〇五目御飯、かやくご飯とは

この二つは全く同じ料理です。もう厳密にいうと「炊き込みご飯」のことを「五目御飯、かやくご飯」と呼んでいるんです。
 
この五目御飯とは、具材が沢山入っているという意味で五目と呼んでいますが、一方では五品入っているからという説もあります。
 
かやくご飯とは、関西地方の方言から始まっていて、加薬と書いて薬を加えた効果があるごはんという意味から、ご飯を引き立てる副菜を混ぜたごはんとなりました。
因みに、京都付近で五目・ごもくとは、ゴミのことを指す方言なので「ゴミご飯」とか「ごみ寿司」になってしまいます。だから「加薬・かやく」という言葉が優先されているんですね。
 

〇味ご飯とは

炊き込みご飯・混ぜご飯など味のついたごはん全般のことです。だから五目御飯もかやくご飯も混ぜご飯も、全く同じ一括り(ひとくくり)された料理の分類された呼び方なんです。
 
あえて対になる料理や言葉を挙げると、「白いごはん」という普通のご飯と、「味ご飯」という味のついたごはん全般となります。因みに一部の地域では、具とごはんは一緒に炊きますが、炊きあがってから醤油をかけて混ぜる場所もあります。
 

スポンサードリンク

 

炊き込みご飯の作り方 基本編!

炊き込みご飯は、炊くときに具と味を加えますが、基本はどんな感じで作っているのでしょうか?また混ぜご飯の基本はどんな感じで作っているのか比較してみてくださいね。
 

〇炊き込みご飯の作り方・基本

炊飯器で炊くことを前提にお話ししますね。
 
水分量を間違えると、炊きあがったとき”ベチャベチャ”になったり、”芯が残ったり”します。目安は「3合炊きは、お米は2合」まで。1合は具にとられると思ってください。
 
だし汁を使用します。出汁は3通りあります。事前にうどんやみそ汁のように、水から出汁をとる場合と、具材に火を通したときの汁や、乾物を戻した時の水があります。
 
「だし、醤油、みりん、酒」で具を煮て、その汁で炊く。煮た具は絞ること。
「汁ようの出汁」はお好みで作ってください。
 ほんだしを使う場合は味付けに気を付けてください。
 塩分が30%くらい含まれています。
「乾物の出汁」は、干しシイタケ、干しホタテなどを戻した時の水で炊く。
 
炊くときに気を付けることは、水分量と具ののせ方だけです。あとはスイッチを入れて炊きあがったら完成です!
・具はご飯の上にのせて炊きます。混ぜるのは炊きあがってから。
 

〇炊き込みご飯を作る手順

1、お米を研ぐ
2、気持、少な目の分量の「水+出汁」に浸ける
3、2時間くらい浸けて、お米に吸水させる
4、「味付け+通常の量」の水加減に合わせる
5、お米の上に具材をのせる
6、普通に炊く
7、炊きあがって20~30分くらい蒸したら「具とご飯を混ぜる」
 

〇魚の炊き込みご飯の場合の手順

1、塩を振った魚を焼く
2、焼いた魚と、水に約2時間浸けたお米を一緒に炊きこむ
3、炊きあがって、蒸らし終わったら骨をとる
4、完成
  
・出汁は魚から出るので、あえて出汁をとる必要はありません。
・味付けの目安は「1合に対して醤油大さじ1・酒大さじ1」くらい。
・焼いた魚の骨を取って、お米の上にのせて炊くというのも一つの手です。この時に大骨と昆布も入れて炊くと出汁がでますよ。
  

〇混ぜご飯の作り方・基本

ご飯を普通に炊いて、味付けをした具を作っておく。食べるときに好きなだけ混ぜて食べるのが混ぜご飯です。
  
1、鍋で鶏肉、ゴボウ、シイタケ、ニンジンなどをゴマ油で炒める
2、出汁大さじ1、料理酒1/4カップを入れて、火が通るまで煮る
3、醤油大さじ4、みりん大さじ2を加えて煮詰める
4、炊けたごはんと具材を混ぜ合わせて、茶碗に盛り付けて完成!
  
※深お皿にご飯を盛って、各個人で具材を加えて混ぜるという方法もあります。
  
  

まとめ

たかが、混ぜご飯か炊き込みご飯という作り方の違いなだけで、どちらも作り方次第でおいしくできます。
  
それでは、お好みの味と具材を入れて、お手軽に”味ご飯”をお楽しみくださいね!
 
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 食べ物に関して