あっとすしでほっとして

紅葉が9月に始まる志賀高原のおすすめビューポインとルート!

   

 
291 紅葉を9月に見るなら志賀高原!
 
志賀高原の9月は朝晩かなり冷え込んで植物が色づき始めるので、日本でもトップクラスの早い時期に紅葉が見られるんですよ。
また日本一標高の高い国道地点があるので車からや、勿論ハイキングでも紅葉が楽しめる、そんな志賀高原について紹介しますね。
 


 
  
スポンサードリンク

 

紅葉が9月から始まる志賀高原とは?

紅葉といえば10月中旬頃から、遅い所で11月下旬頃までというのが世間一般のイメージではないでしょうか?
 
でも北海道や北アルプスなど、標高の高い場所や緯度の高い地域では9月から紅葉が始まりますよね。今回ご紹介する長野県の志賀高原もその一つ、標高の高い場所なんです。
 
 

〇志賀高原とはどんなところ?

白根山のある上信越高原国立公園の一部に志賀高原があります。
志賀高原を通る国道292号は、日本国道最高地点の標高2172mを通ります。
志賀高原内に分岐で471号線が北に向かっていて、スキー場を通って野沢に繋がっています。
町の標高が約1300m、付近の山の山頂は約2300mの山岳リゾート
夏はハイキングと温泉、冬はスキーが主な観光
 
 

〇紅葉時期とタイミング

291 志賀紅葉3
 
志賀高原は夏でも30°を超えることはありません。そして9月の朝晩は10°を切ることは当たり前になります。それでは、紅葉も雪も毎年多少時期が異なりますが、平年の秋の志賀高原の気候と紅葉を紹介しますね。

9月中旬・・・白根山・横手山・渋峠付近では紅葉が始まります
9月下旬・・・山全体で紅葉の見頃
10月上旬・・・木戸池、長池、琵琶池と徐々に紅葉の標高が下がってきます
10月中旬・・・山頂付近の紅葉は終了、雪が積もり始めます
  
 

〇国道292沿いの標高の目安

白根山 標高約2160m
 ↓
日本国道最高地点の標高2172m
 ↓
渋峠ホテル 標高約2150m
 ↓
横手山 標高2307m
 ↓
熊の湯・前山サマーリフト 標高約1700m
 ↓
木戸池 標高約1630m
 ↓
長池 標高約1600m
 ↓
琵琶池 標高約1400m
 ↓
地獄谷野猿公苑 標高約900m
 ↓
至 上信越自動車道 標高約400m
 

スポンサードリンク

 

志賀高原の紅葉おすすめビューポイント

9月中旬~9月下旬の見どころは標高の高い場所、10月に入ると志賀高原全体で紅葉のハイシーズン!標高や日当たり具合によって色づき方が変わるんです。

291 白根湯釜
 
 

その1、横手山と渋峠

291 横手山
 
「のぞき」「渋峠」の2か所から横手山山頂へ行くことができます。

国道292沿いの渋峠に駐車して、「渋峠ロマンスリフト」長さ890m、乗車時間約10分。「のぞき」のリフトと比べると、渋峠のリフトは地面から高く離れないので、高いのが嫌いな人は渋峠から登るといいですよ。

おすすめは「スカイレーターとリフト!」国道292沿いの「のぞき」という場所からスカイレーターに乗れます。スカイレーターのあとはスカイリフトで山頂へ!因みに、駐車場は約50台駐車できますよ。
「スカイレーター」は、標高差35m、長さ200m、時間は約5分の山のエスカレーターのことです。
「スカイリフト」は距離約400m、約5分のリフトです。

渋峠からの料金:
往復 900円/大人、子供/700円
片道 500円/大人、子供/400円
 
のぞきからの料金:
往復 1000円/大人、子供/800円
片道 600円/大人、子供/500円
 
渋峠→のぞき/のぞき→渋峠の料金
1100円/大人、子供/900円
 

その2、岩椙山

291 志賀紅葉1
 
ゴンドラ山頂駅近くの「東館山高山植物園」と、岩椙山・山頂へ向かう「ハイキング」がおすすめ!
「ハイキングと紅葉」を楽しみたい人は、標高2295mの岩椙山へ因みにその隣は志賀高原最高峰・標高2341mの裏岩椙山があります。
 
アクセス 山頂の標高約2000m
発哺(ほっぽ)温泉山麓駅(バス停)→ ゴンドラで山頂
高天原バス停→ サマーリフトで山頂
 
ハイキング情報、標高差約300m、片道約10km弱
「ゴンドラ山頂駅→ 寺子屋峠約50分→ ノッキリ分岐点約100分→ 岩椙山約40分」
 
「東館山高山植物園」
山頂から徒歩約5分の場所にあります。1960年に設置された高山植物園で、志賀高原周辺の約500種類の高山植物が植えられています。
高山の花は終わっていますが、開けた植物園から紅葉は眺め易いので、「長距離を歩きたくない人」におすすめの一か所です。
 

その3、健脚向けハイキングと紅葉

291 木戸池
 
志賀山、赤石山、大沼池の池巡りハイキングなど、ほとんど人間の手の入っていない自然の中を散策しながら紅葉が見れます。
池の周りと山頂からの景色の両方から紅葉が楽しめますよ。ただし1日かかるので、たっぷりと時間を採っておいて下さいね。
 

その4、琵琶池お手軽散策

291 琵琶池
 
琵琶池という少し大きめの池があります。ここは遠くから紅葉を眺めるのではなくて、湖沿いの紅葉の林の中を散策すると思ってください。トレイルはアスファルトで舗装されているので、山を歩く準備をしてなくても、問題なく散策できるんです。
 
おすすめは蓮池からちょっと入った場所で、「志賀高原ゲートウェイステーション」や「郵便局」のある駐車場は景色が開けているのと、琵琶池に行って帰ってくるだけの手短な散策が楽しめるとこです。出発前にトイレに寄り易いのもありがたいですよね。
 
アクセス
国道292を下っていくと471号と合流してすぐ、「蓮池ホテル」が右手に出てきます。ホテルに向かって左側の道へ「右折」してください。約200m先に「志賀高原ゲートウェイステーション」が出てきますよ。
因みに、そのまま道なりに走れば車から琵琶池の近くを通って、また国道292に戻ることができます。
 

その5、ドライブ

291 志賀紅葉2
 
日本国道最高地点、渋峠を通って分岐する471号線へ右折すると高天ヶ原、一之瀬、奥志賀牧場が出てきます。牧場で休憩してから折り返すというのもありです。
 
 

志賀高原へのルート 紅葉とみどころは?

すでに何度か触れていますが、志賀高原へのルートは限られています。
 
主なルート 一般的
・群馬県の草津→ 国道292
・信州中野IC→ 国道292
 
その他のルート 
・野沢温泉→ 502号線→ 417号線(途中から名称変更)
・須坂→ 国道66号で熊の湯付近(細い山道が多い)
 
〇おすすめの主なルート
「上田→ 菅平→ 須坂・小布施→ 志賀」
上田の観光
上田城へ寄ったことがない人も多いのでは?
北国街道柳町は、かつて参勤交代で大名が通り、佐渡金山の金が通り、善光寺参りで賑わった主要街道当時の名残のある通りを散策。
 
須坂と小布施の観光
国道403号線、北信濃くだもの街道沿いには農園が多いので、秋の味覚「栗」「ぶどう」が楽しめますよ。
 
「軽井沢→ 鬼押ハイウェイ→ 草津温泉→ 渋峠→ 志賀高原→ 地獄谷野猿公園→ 信州中野IC」
・碓氷軽井沢インター付近から鬼押ハイウェイまではいつも渋滞しています。渋滞を避けるには早朝6~7時には北軽井沢に入ることをおすすめします。
  
渋峠までの国道292の渋滞
草津を抜けると1本道なので、遅い車がいると必ず渋滞が始まります。渋滞といっても遅い速度で流れているので、そんなに心配はいりません。
 
それよりも、白根にある湯釜の駐車場が満車になるので、駐車場渋滞が一番混雑しやすいんです。
 
 

最後に一言

真夏でもは30°以下、冬は-20°になる日もある、志賀高原とはそんな気候をした場所なので、紅葉は日本でもトップクライスで早いスポットになるんです。
 
北海道大雪山や北アルプスもいいところですが、新幹線とバスやドライブで紅葉を見て回ってみてはいかがでしょうか?

志賀高原の観光と宿泊情報はこちらから参考にどうぞ
 
それでは、志賀高原の紅葉を満喫してきてくださいね。
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 紅葉