あっとすしでほっとして

お彼岸の結婚やお祝い事は良い悪い?引っ越しや建築の縁起は?

   

 
288 お彼岸の結婚やお祝い事は良い悪い?Top
 
 
お彼岸に結納・結婚式・お祝い事などは避けた方が良い、また新生活に繋がる引っ越しや新築も縁起が悪いという意見があります。
その反面、昔の習慣を気にしない、この時期を外せないなど意見が分かれます。そこで、お彼岸の祝い事は良いのかどうか紹介します。

 

スポンサードリンク

 

お彼岸に行う結婚式の縁起は良い悪い?

お彼岸をよく理解していない人が増えてきたせいか、「彼岸→ 墓参り→ 死者を弔う = 喪中(?)」というイメージが定着しているのではないでしょうか?
その影響なのか「お彼岸に結納、結婚事なんてとんでもない!」「お彼岸の日は縁起が悪い!」など、実際のお彼岸とは少しずれた意見を持つ人も多いようです。
 
先ず最初に結果からお伝えすると「お彼岸の結婚関係は全く問題ありません」
 


 

◇なぜ問題ないのかというと

お彼岸とは仏教の行事の一つですが、中国や発祥地のインドにもない、日本で作られた習慣なんです。そして真西に日が沈む、インドのある方向へ向かって拝むことで、仏の住む世界へ近づこう、悟りを開こう、そのための彼岸会という六つの行いを1日に一つづつ行うという習慣ができました。
 
だから「喪中」のような身を慎む期間ではないのと、仏教では、彼岸やお盆が「禁忌」になるという教えはないんです。
  
ところが、先祖供養という言葉が出てきて、更にお墓参りをするという習慣が加わってきます。
この「供養」と「墓参り」は、死に関わる事なので「けがれている」「縁起が悪い」と連想したのではないでしょうか?
 


 

◇気を付けること

ただし!この時期に、仏教系の宗教を重んじるご家庭では、お寺の法要に参加したり、お墓参りに出かける事が多いでしょう。縁起は悪くはないんです。仏法上問題になる事もありません。「呼ばれた側が忙しい」ことが予想されるんです。
 
相手が忙しいことが分かっていて、わざわざお彼岸を選ぶ必要はないのではないでしょうか?
つまり、「呼ばれる側の都合を考えてお彼岸を避ける」という方が、呼んだ方も呼ばれた方も喜べるのではないでしょうか?
 
結婚式は新郎新婦の為ですし、近年は夫婦揃って多忙なので別な日を選べない人は仕方ないですよね。でも、秋分の日や春分の日は暑くなく、すごし易い気候、そして縁起も悪くないですから、結婚式にはうってつけの季節と言ってもいいかもしれないですね。
 

スポンサードリンク

 

お彼岸に祝い事は良い悪い?

これまで「結婚関係」、つまり結婚式、結納、入籍など縁起の良し悪しについてご紹介してきました。もうご理解いただいているとは思いますが、今度はお祝い事についてご紹介します。
 
勿論、「祝い事は問題ありません」、むしろ先ほどもご紹介した通り、気候が良くて気分も晴れやかになりそうなくらいです。
 
祝い事を行っても構わない理由は「結婚関係」と同じで、仏事とお彼岸と禁忌は関係ないからです。
ただし、呼ばれた側はお墓参りや法要で忙しい場合があるんです。更に、地方や各ご家庭ごと価値観が異なる場合があります。
 
折角のお祝いごとなので、相手も自分も喜びたいですよね。だから相手が「お彼岸はちょっと・・・」という場合は無理強いせずに、「彼岸明け」してからお祝いをするといいですよ。
 
 
 

お彼岸の引っ越しや建築の縁起は?

引っ越し、新築の家、建築関係どれも「縁起」を担ぐことが多いですよね。縁起だけをみれば、仏さまに近づこうとする日なのですから、逆に縁起が良さそうなものです。
 
勿論、「家の事、新車、新しい生活関連のいずれも問題ありません」、最初にお伝えした通り、お彼岸は「ご不幸ごとで慎ましく過ごさないといけない」「罰が当たる」ということは一切ありません。
 
ただし、例えば四十九日とか、命日、一周忌などのように法要が重なる場合は「避けた方が良い」でしょう。
 
 
 

最期にまとめ

世間ではお彼岸を縁起が悪い、罰が当たるなど、他の私的な行事と合わせないようにする傾向がありますが、決して避ける日ではないんです。
 
お祝い事と重なるときは相手が不愉快にならないように、また、多忙が予想できるので、相手の為にもできるなら避けてあげる方が優しいかもしれないですよ。
 
それでは、お彼岸とオメデタイ事が重なる方は、良い一日になるといいですね。
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 秋の行事