あっとすしでほっとして

七夕飾りの織姫と彦星の折り方 折り紙で作る飾りの紹介

   

 
織姫と彦星Top
 
 
七夕の主役といえば織姫と彦星、折角七夕飾りを手作りするならこの二人を折り紙で折ってみてはいかがでしょうか?
織姫と彦星は難しそうだと思われそうですが、簡単な折り方もあるんです。この機会に織姫と彦星に挑戦してみてはいかがでしょうか?
 
 

スポンサードリンク

 

七夕飾りの織姫の簡単な折り方

織姫
  
七夕飾りは、はさみやノリを使う物や、レベルが高い技術が要求される場合がありますよね。そんな中、何の道具も使わないで子供でも折れる、簡単な「織姫と彦星」の折り方を紹介しますね。
 
 

〇織姫の折り方

1、裏側にして、上の角を下の角に合わせて三角形を作ります。
 次に縦の中心の線に合わせて右側を折ります。
2、左側も右側と同じように折ります。
3、写真のように上の角を左の端に合わせるように広げます。
 
織姫1
 
 
4、左右広げたら内側の尖った部分を上に折ります。
5、赤線に沿って左側を内側に、続いて右側も折ります。
6、裏にひっくり返します。
 
織姫2
 
 
7、赤線に沿って内側に折ります。
8、しっかりと折ったら表に返します。
9、完成!
 
織姫3
 
 

スポンサードリンク

 
 

七夕飾りの彦星の簡単な折り方

彦星
 
この彦星の良い所は、意識しなくても織姫と同じような大きさになる事と、途中まで同じ折り方だから迷うことなくサクサク折れることです。1か所だけ分かりずらいところがありますが、そこさえクリアしてしまえばあとは簡単!
 
 

〇彦星の折り方

1、織姫の「折り方4」と同じところから始めます。赤線に沿って折ります。
2、コツは”裾”の部分が横に水平になるように折ってください。裏返します。
3、上の襟の部分を下に折ります。赤線に沿って左右を折ります。
 
彦星1 
 
 
※ここがちょっと難関!
4、赤丸部分は、開くように角を折ります。
5、右側も同じように折ったら、表に返します。
6、頭の先端を斜めに折り曲げたら完成!
 
彦星2
 
 
 

織姫と彦星の吊るし方のおすすめ

織姫は裏側の、色の着いた衣の部分と白い頭の部分の間に穴を開けて糸を通してはいかがでしょうか。
彦星の場合は裏側に襟があるので、穴を開けて糸を通すと正面から見やすいように飾ることが出来ます。
 
どちらもちょっと糸が通しづらいのと、穴をきれいに開けづらいので、そこは工夫してくださいね。穴を開ける道具のお勧めは、「きり」か「千枚通し」のように先端が尖ったものが良いでしょう。
 
・千枚通しはドライバーなどのツールセットに入っていることが多いです。
・きりはご存知の通り、工具セットで見たことがあると思います。
 
後はアイデア次第なので、縦に糸で繋げても良いし、セロテープなどで横につなげてもいいですよね。お好みの方法で飾ってくださいね。
 
 
 

最期に一言

織姫と彦星は簡単に折れたでしょうか?ハサミもノリもカッターも使わなない折り方なので、子供と一緒でも安心ですよね。
 
それでは、七夕飾りの製作をお楽しみください。
 
 
続きで七夕飾りの作り方は
→ 提灯(ちょうちん)飾りと笹の置物の作り方
→ 七夕飾りの星作り方
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 夏の行事