あっとすしでほっとして

夏休みの自由研究を休みの前にやるのはあり?どんな事が出来る?

   

 
265 夏休みの自由研究を休みの前 Top
 
 
夏休みの自由研究は、休み期間中に行う課題ですよね。でも課題があるのは毎年の事だから、事前に始めても良さそうなものです。
でも、休み中じゃなければダメ、いい考えだという二つの意見に分かれそうです。夏休みを効率よく過ごせるように、自由研究対策についての紹介です。
 
 

スポンサードリンク

 

夏休みの自由研究はいつから始めていいの?

「夏休みの宿題」「夏休みの自由研究」「夏休みの課題」など、どれも”夏休みの~”といっているので、当然夏休みに行うことですよね。
でも、毎年行われていていることで、今の子供達の世代から始まったことではありません。今の親だけでなく、日本の大人たちの大半が経験してきていることだと思います。
 
だから、切羽詰まって夏休み明け寸前に課題や宿題を終らせる人もいれば、コツコ毎日作業をする姿は決して他人事ではないのではないでしょうか?さて、自分はどうだったのでしょうか・・・・・?
 
当時も今も、子供たちの希望は、全て課題を終わらせてから夏休みを過ごしたい!ということが理想だったのではないでしょうか?
勿論、夏休みの課題なんてなくたっていいじゃないか!という気持ちが一番大きいと思いますけど。
 
 

〇どんな意見が挙がっている?

それでは「自由研究を事前に終わらせたら・・・」というSNSの書き込みを参考に見てみると、意外と賛成の意見が多く書き込まれているんです。
 
「仕事に置き換えて考えれば、分かっていることを事前に対応するのは正しいこと」
「余裕をもって課題に取り組んで事前に終わらせる、というのは社会では大切なこと」
 
簡単にまとめるとこんな感じの意見が多いんです。つまり、学校の課題をどうこなすかというより、いかに効率良く片付けるかと考えるか。卒業して将来働き始めたら、ということを念頭にした意見ということなんですね。
 
 

〇海外の夏休みの課題はどう考えられている?

ちょっと視点を変えて、海外のニュースサイトを参考に、Wall Street JournalやBCCなどを、夏休みの宿題について見てみました。
夏休みの宿題自体は非常に大切だと書かれているんです。
 
日本は4月に新学期が始まって、途中の7~8月に長期の休み。UKやUSAなどは、6月中に1年が終って、9月に新学期が始まる。という違いがあります。あまり宿題をしなかった子供と、日々少しづつ課題を来ないしている子供との間で、9月の新年の始めの学力の差が著しく出ているようなことが書かれていました。(数字は明記なし)
もう一つ大切なのは、生活のリズムを崩さないためです。夏休みは生活が乱れがちなので課題を作ることで、規則正しい生活が勧められています。
 
学校の制度が違うので、全く同じことが起こるとは言えませんが、確かに夏休みの課題はあった方がいいでしょう。
でも自由研究などは別だと思われます。なぜなら、「自由な研究」なんですから、日々の課題とは違いますよね。
 
 

〇どんな課題は夏休み前にできる?

例えば、「花の観察日記」のような課題だとしたらどうでしょうか?
5月頃に種を植えて、6月7月と成長を見届けて、夏真っ盛りになる前には花が散ってしまうと思います。8月の最後に種が採れるところまでを記録すれば十分な課題ですよね。
 
他には、自由に作成する課題があります。何を作っても構わない訳ですから、何も暑い7月や8月に汗をかいて作るより夏休み前に快適に作っても同じ事ですよね。
また、手作りの製作物や、実験の大半は8月でなくてもできることですから、さっさと課題を終わらせておいて、興味のある勉強や課題に取り組んだ方が遥かに効率的ではないでしょうか?
  
 

スポンサードリンク

  
  

夏休みの自由研究が終ってから気を付けること

さて、先に課題を終わらせたとして、気を付けることはないでしょうか?課題によって注意点が違うので、一概に何と何を気をつけましょう!とは言えません。
 

〇工作系の場合

・埃を被らせて、いかにも”テキトー”に済ませました。にならないように。
・壊れないように気を付けること
 

〇実験の場合

・実験のあと、すぐにまとめること。
 後でまとめようとすると、忘れてしまって再度実験、なんてことにもなりかねません。
・実験結果を失くさないように
 

〇研究の場合

・研究結果を無くさないように 
・最後の結果が夏の終わり頃の場合、忘れないように最期を締めくくる事
 例えば、先ほどの花の種のような場合
 
どれも当たり前のことが注意点ですが、その当たり前のことが”うっかり”無くしてしまった!壊してしまった!最期をやり損ねた!何てことにつながりやすいので、気を付けてくださいね。
 
 
 

夏休みの自由研究のアイデア、皆どんなことをしている?

ここまでは、とっとと課題を終わらせてしまおう!という話をしてきました。ここで、一番大きな問題に差し掛かります。全ての人が経験する、「どんな課題にするか?」という問題がでてきます。

そこで、書き込みの中でどんなアイデアがあるか?という質問に対して、いくつかアイデアが寄せられていたので紹介しますね。
 

〇水中シャボン玉実験

1、カップ8分目に水を入れる
2、食器用洗剤を約10摘いれ、泡立たないように混ぜる
3、ストローを約10cmの長さに切る。斜めに切るのがコツ
4、ストローの先端を数センチ水に入れ、次に上を指で押さえる
5、ストローを水から引き出して、指を放す
6、液体が水の中に落ちて、シャボン液の中のシャボン玉が完成!
※シャボンがすぐに割れる場合は、水を足して薄めるといいでしょう。
 
参考:「サントリー次世代教育水育」
 
  

〇鯉、亀、金魚どんなものを食べるか?食べないか?

・近所の池などの、亀や鯉に餌をあげて食べるものを調べる
・事前にどんなものを食べるのか調べる(インターネット、図書館、釣具屋さんなど)
・それぞれ好むもの、食べるもの、食べないものを観察
・それぞれ天敵を調べて、亀や鯉が住みやすい環境をまとめる

※野生の生き物に餌を与えることがいいか悪いかについては・・・ごめんなさい、良し悪しの問題は別として考えて下さい。
※ごみは捨てないで、  
  

〇月の観測

・日々の月の満ち欠けの
・日々の月の出、月の入りの時刻と場所
・月の南中時刻と高さ
・潮汐の満ち引きの時刻
 

〇ロウソク作り

・ロウソクを細かくして湯銭にかける
・熱で溶かして型に入れ、冷まして固める
※ロウソクの芯を入れ忘れないように気を付けること
 
など、手作りロウソクは人気があります。またアロマキャンドル作りは親子で作っても楽しめそうですね。
 
 

まとめ

自由研究はどんな内容でも構わないので、早めに片付けてかまわないでしょう。ただし、一度始めたら、課題内容を最期まで終わらせてから次に取り掛かるから、休みの最終日までに締めくくることをお忘れなく。
 
それでは、早々に片付けて夏休みをお楽しみください。
 
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 夏の行事